ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



大豆イソフラボン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



大豆イソフラボン
大豆に含まれる成分「イソフラボン」が骨粗鬆症の予防に効果が有ることを確認したと発表した。

女性ホルモンに似た構造を持ち、カルシウムが骨から溶け出すのを抑えて骨の密度を保つという。25日京都で始まった日本栄養・食糧学会で3件の研究結果を発表する予定。


イソフラボンは[大豆][クズ根]に含まれ、生理活性作用を持つ炭水化物。 大豆の場合、種子の胚芽に多く含まれ、通常の調理では基本骨格は損なわれない。
  • [前立腺ガン]
  • [乳ガン]予防
への効果も注目されている。


カルシウム流出の測定は、
  1. [ピリジノリン]という物質の量で間接的に測る。
  2. 尿中に含まれるイソフラボンの量が多いほどピリジノリンが少ない。


骨粗鬆症予防効果は、豆腐を食べる習慣のある沖縄からハワイ島へ移住した日系一世、日系二世の200例を対象に、骨密度と食生活に関する調査を実施して確認したという。京都大学の家森幸夫教授との共同研究







イソフラボン
イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノール(フラボノイド)の一種で女性ホルモンの一種である「エストロゲン」に似た構造を持っています。

そのため、女性ホルモン様作用があり、




アグリコン
=非配糖体。

通常、大豆の中のイソフラボンはグリコシド(配糖体)という糖と結合した形で存在しています。この配糖体が体内で吸収される時には、腸内細菌が持つ酵素で糖を切り離して初めて吸収することができます。

この糖が切り離されたものをアグリコン(ゲニン)といいます。
  • 大豆イソフラボンの生理活性の本体は、このアグリコンだと考えられています。

  • (グリコシド(配糖体)100%=糖40%+アグリコン60%)

  • ところが、腸内細菌の働きには個人差があるため、同じ量のグリコシド型のイソフラボンを服用しても、吸収されるアグリコンの量はまちまちになりハッキリしません。そこで、あらかじめ糖を切り離す技術をキッコーマンが成功し、高濃度のアグリコンを抽出することに成功しました(商品名・SoyAct)
    イソフラボンの働きを素早く体感するには、腸内細菌に働きに左右されない「イソフラボンアグリコン」が最適なのです。

さらに、大豆イソフラボンのアグリコンには、ゲニステインとダイゼニン、グリシテインがあり、生理作用の主役はゲニステインであると考えられていす。SoyActのイソフラボンアグリコンには、ゲニステインが約52%、ダイゼニンが約42%、グリシテインが約6%含まれています





大豆イソフラボンアグリコン
大豆イソフラボンアグリコンの構造は、エストロゲンに類似してしています。
そのため、エストロゲンレセプターに対し親和性を示します。
このため、植物性女性ホルモン(フェイトエストロゲン)とも呼ばれています



アグリコンはグリコシドの2倍以上吸収される。
  アグリコンにすることで、以下の利点があります。
  1.吸収が早い
  2.吸収量が多くなる
  3.吸収率に個人差が少ない



摂取量・・・・
  • 2006年2/1、食品安全委員会の専門調査会が、サプリメントとしての摂取量の上限を、アグリコン(非配糖体)と呼ばれるタイプで換算して1日当たり30mgとする方針を固めた。
    1日摂取量の上限を70〜75mgを超えない量と、食品安全委員会(内閣府)が決めた根拠は、イタリアの試験データなど。
    イタリアで閉経女性を対象に、大豆イソフラボンを1日当たり150mg、錠剤で摂取し続けたテストで、子宮内膜増殖症の発症が有意に高かったこと。
    日本で閉経前女性が1日当たり75.5mg継続摂取で、血中女性ホルモンが30%低下し、平均月経周期日数が延長したこと。


試験方法





どうしで骨粗鬆症を防ぐのでしょうか?
骨の主成分はカルシウムです。
体内のカルシウムの99%が、骨のなかにあります。
骨はカルシウムの貯蔵庫なのです。そして、骨は硬くて固定したもの、というイメージがありますが、実は骨も筋肉などのように代謝(入れ替わっています)しています。いつも古くなった骨を壊し(破骨)、新しい骨を作って(造骨)いるのです。成長期には骨をつくる細胞の働きが活溌で、どんどん骨を作りますが、20歳ごろからは造骨と破骨は同じくらい行われてバランスを保ちます。ところが、骨をつくる細胞(骨芽細胞)の働きが悪くなって、骨を壊す細胞(破骨細胞)ばかりが働くと、骨からカルシウムがどんどん溶け出し、骨はスカスカの状態になります。



イソフラボンは破骨細胞の暴走を押さえて骨からカルシウムが過剰に溶け出すのを防ぎ骨密度が下がらないようにする作用があります
  • さらに、最近の研究で、イソフラボンは単にカルシウムが骨から溶け出すのを防ぐだけでなく、骨を作る骨芽細胞の分化を促して骨密度を上げる、ということも分かってきました。

オステオカルシンは別名「骨形成マーカー」とも言われるように、骨芽細胞が分化する過程で産生される成分で、細胞分化の指標(マーカー)になるとされています。

つまり、骨芽細胞に大豆イソフラボンを与えたとき、オステオカルシンが増えているようなら、骨形成が起きている証拠になるのです。

いろいろな濃度の大豆イソフラボンをマウス由来の骨芽細胞様細胞に与えて48時間培養したところ、少量の投与で1.5倍近く増加していました。
国立健康・栄養研究所の石見研究室長らは骨粗鬆症マウスを使った実験で、「イソフラボンの投与+運動を行ったグループが最も骨密度が高くなった、と報告しています。この実験は、卵巣を摘出したマウスを使い、
  • 1.卵巣摘出のみのグループ
    2.ゲニステイン投与群
    3.運動群
    4.ゲニステイン+運動群
    5.エストロゲン投与群
の5群に分け、28日後に大腿骨骨密度を測ったところ、4.のゲニステイン+運動群が、卵巣を摘出しているにもかかわらず疑似手術で卵巣を残したラットよりも骨密度が高く、また5.のエストロゲン投与群より高くなっていたのです。つまり骨密度を上げるには、大豆イソフラボンの摂取に加えて適度な運動が有効という結果が出たのです




関連情報 ダイズ(大豆)
納豆
クロマメ
イソフラボンアグリコン
イソフラボン
遺伝子組み換え
ダイエット」「栄養療法
甲状腺腫」「糖尿病
スポーツで結果が出ない
アミノ酸」「アディポネクチン











TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬