情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





大頭






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






傷寒
おたふくかぜ







大頭瘟(だいずおん)
大頭瘟
  • おたふくかぜ
  • はじめに発生したときは、傷寒と同じ。
  • 5〜7日の間に死ぬ。
  • その病勢は鼻面と耳項から発し、喉が赤く腫れ、頭もなく結核が根を張って、増寒・発熱・頭痛し、肢体がひどく痛み、のどが閉塞する。

  • <1>両目・鼻・面の腫が大きい・・・・・・・・・陽明。
       耳の前後と額角までの腫が大きい・・・少陽。
       脳後とう項下の腫・・・・・・・・・・・・・・太陽。
    <2>表症が多い:[荊防敗毒散]
       裏症が多い:[防風通聖散+悪実・玄参]を飲んで、次の用薬を使う

大頭瘟の治療  《勿誤薬室方函口訣》
  • <1>その初めは葛根湯+桔梗石膏にて発汗すべし、

  • <2>発汗後、腫痛解せざる者は小柴胡湯+桔梗石膏に宜し。

  • <3>その次ぎを大柴胡湯+桔梗石膏とし、

  • <4>その次ぎを牛蒡U連湯とす。
      もし早く此方を与える時は甚だ具合悪きものなり。







大頭瘟(おたふくかぜ)の漢方薬
  1. 加味ー黄丸
  2. 既済解毒湯
  3. 黄丸
  4. 牛蒡U連湯
  5. U連消毒飲
  6. 消毒丸
  7. 清涼救苦散
  8. 小柴胡湯
    1. 諸侯臣某、外感を得、寒熱甚だしく、顔面緕し、口渇食進まず。「小柴胡湯+桔梗石膏」を与える。二三日を経て腫痛益々甚だしく、大便不通、大熱怫鬱す。「牛蒡U」を与えて大便通じ、熱少しく解し、頭面腫、大いに減じる。一日咽喉に迫るに似たり。乃ち「桔梗白散」を服せしむ。須臾にして吐利し、気息やや利す。「麦門冬湯+桔梗」を与えて帰る。明日に至って左頤(頤=イ、おとがい)癰腫を発し、纈ノ前の如し。「犀角消毒飲」を与え、腫上に「中黄膏」を貼る。四五日を経て膿潰し、頸側半面削脱するが如く、ほとんど咽喉を見さんとす。「内托散」《備急千金要方》を与え、瘡口に「後衝膏」を貼り、数日にしてその人肥立し、瘡口長肉を得たり。《橘窓書影》
  9. 通気散
  10. 二黄湯
  11. 二聖救苦丸
  12. 普済消毒飲子
  13. 防風通聖散
  14. 漏蘆散








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬