でべそ
出べそ・・・自然治癒が多い
  • 生まれて3ヶ月。へその緒がとれてから、おへそが膨れだし。段々と大ききなってきたといって、外来を受診した。母親によると、泣くと大きく膨れるとが、泣きやむと戻るという。

  • 「臍ヘルニア」という、
  • 赤ちゃんに見られる「でべそ」である。ヘソの組織の弱い部分から腸管が腹膜や皮膚をかぶった状態で脱出してきて膨れる状態である。円柱型・球型など、形も様々である。
    3ヶ月〜4ヶ月頃になると赤ちゃんのお腹の力が強くなり、泣いたときの膨らみは大きくなる。5cmほどの大きさになることもある。
  • しかし、多くの赤ちゃんは自然治癒する。
  • 自然治癒率は1歳までで80%、2歳までで90%と言われている。
    「臍ヘルニア」では、出てきた腸が詰まってしまい血行障害を起こす『篏頓』という状態に陥ることがある。しかし、これは極めて稀であり、多くの場合には自然治癒を期待して経過観察される。
    以前の家庭医学書には、絆創膏を貼ったり、コインを絆創膏で張り付けたりして腸管が脱出しないようにすることが書かれていた。
    しかし、自然治癒率に差はなく、逆に絆創膏かぶれを起こす恐れがあることから、最近は行われなくなった。
    自然治癒しなかった場合、あるいは治癒後に皮膚にたるみが残った場合に、美容的観点から手術が行われることがある。手術は比較的簡単で、短期間の入院で済む。赤ちゃんの間に手術が行われることもあるが、必ずしも急いで手術する必要はない






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用漢方薬針灸