ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



デジレル



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





抗うつ剤
一般名 塩酸トラゾドン
商品名 「デジレル」「レスリン」
作用機序 トラゾドン(デジレル,レスリン)はセロトニン2 受容体拮抗・再取り込み阻害薬(SARI:serotonin 2 antagonist and reuptake inhibitor)といわれ,三環系とも四環系抗うつ薬とも異なる薬である。三環系にみられる抗コリン作用がなく,不安,焦燥,睡眠障害の強いうつ病,ときにせん妄にも有効とされている。(厚生労働省)
セロトニンの取り込み阻害作用により低下したセロトニン神経機能を回復させる。
◎脳神経に作用して、いらだち・不安・妄想・睡眠障害を和らげ、強迫症状を改善します。
効能・用途
うつ状態
うつ病
用法用量 ・1日75〜100mgを初期用量
・1日200mgまで増量可能(分服)




慎重な投与
が必要
高齢者
小児
心筋梗塞回復初期
心疾患の既往歴がある者。
精神分裂素因のある者。
躁鬱病患者
テンカンなどのケイレン性疾患、又はこれらの既往歴がある者。
脳器質障害者
緑内障
相互作用 アルコール摂取で作用が増強する。
降圧剤との併用では降圧薬を減量する。
中枢神経抑制薬との併用で作用が増強する。




妊婦へ
の影響
有益性が危険性を上回る場合のみ。
授乳を避ける。
参考 この薬に対する解毒剤は無いので、過量投与に注意。
過量投与の症状・・・↓
[眠気]
[嘔吐]
[トルサデポアン]
[QT延長]
[心電図変化]
[持続性勃起]
[呼吸停止]
[ケイレン発作]
[立ちくらみ]
[ふらつき]
電気ショック療法との併用は避ける方がベター




デジレルの副作用(五十音順)
  1. 悪性症候群




    無動緘黙
    強度の筋剛直
    頻脈
    嚥下困難
    血圧の変動
    発汗
    発熱
    →中止し、体を冷却。水分補給などの全身管理が必要
    高熱が持続し意識障害・呼吸困難・循環虚脱・脱水症状から急性腎不全に移行。死亡例あり
  2. 胃が重い
  3. 息切れ
  4. 嚥下困難
  5. 嘔吐
  6. 悪心
    過敏症 発疹
    眼瞼掻痒感
    浮腫
    →中止
  7. かゆみ
  8. 肝障害
    肝機能障害 GOT上昇
    GPT上昇
    ALP上昇
    γ-GTP上昇
    →中止など処置
  9. 関節痛
  10. QT延長・・・定期的心電図検査→中止し処置
  11. 血圧が変動する
  12. 血尿
  13. 月経異常
  14. 下痢
  15. 倦怠感
  16. 構音障害
  17. 口渇
  18. こわばり(強度の筋強剛)
  19. 錯乱・・・→減量または休薬
  20. 持続性勃起・・・→中止し処置
  21. 視調節障害
  22. 食欲不振
  23. 心室性期外収縮・・・定期的心電図検査→中止し処置
    循環器 低血圧
    高血圧
    動悸
    頻脈
    失神
    徐脈
    不整脈
  24. 振戦
  25. 睡眠障害
  26. 頭重
  27. 頭痛





    興奮
    妄想
    性欲亢進
    性欲減退
    見当識障害
    振戦
    不眠
    めまい
    ふらつき
    眠気
    頭痛
    頭重
    視調節障害
    構音障害
    頭がボーッとする
    知覚障害
    運動失調
    ケイレン
    流涎
    幻覚
    健忘
    焦燥感
    集中力低下
    悪夢
    怒り・敵意
    口唇部の不随運動
  28. セロトニン症候群







    錯乱
    発汗
    反射亢進
    戦慄
    頻脈
    発熱
    ミオクローヌス
    協調異常
    →中止し水分補給など
  29. 譫妄・・・→減量または休薬
  30. 脱力感
  31. 知覚障害
  32. 低血圧
  33. 動悸
  34. 乳汁分泌
  35. 乳房痛
  36. 尿失禁
  37. 発汗
  38. 発疹
  39. 鼻閉
  40. 貧血
  41. 頻尿
  42. 浮腫
  43. 便秘
  44. ねむけ
  45. 排尿障害
  46. 白血球減少
  47. 白血球増多
  48. 疲労
  49. 頻脈
  50. ふらつき
  51. 便秘
  52. ほてり
  53. 麻痺性イレウス






    腸管麻痺 食欲不振
    嘔吐
    悪心
    著しい便秘
    腹部膨満
    腹部弛緩
    腸内容物のうっ滞
    →麻痺性に移行→中止
  54. 無顆粒球症・・・→血液検査が必要
  55. 無動緘黙
  56. めまい
  57. 溶血性貧血











TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬