情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



DHCP






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)











キャベツ

プロスタグランジン





DHCP
  • 野菜や動物の皮を煮た時に生まれる多糖起源の成分

  • ウロン酸は野菜や動物の皮膚・軟骨に含まれている。

  • ウロン酸やそれを含む多糖類を
    • 弱酸性にして100℃〜120℃で長時間加熱すると
    • 『DHCP』という物質が出来る。







ウロン酸の抗菌性
1994年、スウェーデンの研究者が発見。
  • 生理活性物質「プロスタグランジン」と構造が似ており、強力な抗ガン作用と抗生物質なみの抗菌性を確認。


DHCPに、抗ガン作用がある。
  • 作用は強力で、マウスに与えると生存日数は、
      乳ガン(2倍)、
      白血病(2.3倍)



DHCPには、殺菌作用もある:
  • サルモネラ菌、
  • O-157。



DHCPは、
  • キャベツ 100gを圧力をかけて120℃で30分煮込むと[2mg]出来る。



糖鎖工学研究所(加藤郁之進所長)は、「漢方薬の効能はDHCPですべて説明できる」とする









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬