ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ダヂクロトライド(Dichlotride)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




降圧利尿剤    
一般名 ヒドロクロロチアジド
商品名 「エシドレックス」「ダイクロトライド」「ニュートライド」「パンテモン」「マゴクロン」
効能・用途
(五十音順)
悪性高血圧
うっ血性心不全
肝性浮腫
月経前緊張症
本態性高血圧症
腎性高血圧
腎性浮腫
薬剤性浮腫(ステロイド、フェニルブタゾンなど)




1.急性腎不全
2.体液中にNa・Kの減少している者。
3.チアジド系薬に過敏歴ある者。
4.無尿









1.ACTH投与中。
2.嘔吐
3.肝硬変症(進行したもの)
4.肝疾患・肝障害がある者。
5.冠硬化症(重篤なもの)
6.下痢
7.減塩療法を行っている者。
8.交感神経切除後
9.高齢者
10.脳動脈硬化症(重篤なもの)
11.ジギタリス製剤を投与中。
12.腎障害(重篤なもの)
13.糖質副腎皮質ホルモン剤を投与中。
14.糖尿病の家族歴がある者。
15.痛風の家族歴がある者。
16.乳児





併用すると作用が増減する場合
1.アヘンアルカロイド系麻薬の作用を増強。
2.飲酒で起立性低血圧を増強。
3.ACTHでKの過剰放出。
4.ジギタリス剤の作用増強。
5.降圧剤(ほかの)併用で作用増強。
6.コレスチラミンとの併用で吸収阻害。
7.昇圧アミン系薬の作用を減弱。
8.ツボクラリンの作用を増強。
9.糖質副腎皮質ホルモン剤でKの過剰放出。
10.糖尿病薬の作用を減弱。
11.バルビタール系薬の作用を増強。
12.非ステロイド系消炎鎮痛薬で作用が減弱する。
13.リチウムの腎での再吸収を促進し、毒性が増強する。


妊婦へ
の影響
有益性の方が危険性を上回るときのみ使用。
小児へ
の影響
安全性は確立されていません。




ダイクロトライド副作用(五十音順)
1.壊死性血管炎
2.黄視症
3.嘔吐

4.かすみ目
5.間質性肺炎
6.肝障害
7.顔面紅潮
8.血小板減少
9.血中Caが上昇
10.下痢
11.口渇
12.光線過敏症
13.高尿酸血症
14.呼吸困難
15.再生不良性貧血
16.紫斑(→服用を中止する)
17.食欲不振
18.ジンマシン
19.膵炎
20.頭痛
21.唾液腺炎
22.知覚異常
23.低Cl性アルカローシス
24.低カリウム血症
25.低ナトリウム血症
26.肺水腫
27.吐き気
28.白血球減少
29.腹部の不快感
30.発疹
31.めまい
32.溶血性貧血







関連情報 利尿薬
降圧利尿剤
血圧を下げる薬(降圧薬)
高血圧
排尿困難






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査