ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ドクニンジン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




広告




ドクニンジン   Conium maculatum
ドクニンジン
  • 庭先や畑の垣根に、高さ2mにもなるパセリに似た植物。
    植物全体から悪臭を放っている


ドクニンジンの成分
  • コニイン
    • 毒性アルカロイド。
      無色で油状の液体で強い不快臭がある。温水よりも冷水に良く溶ける。
      1881年に、A・ホフマンが分離に成功、構造も決定。
      1886年に、A・ラデンブルクが合成に成功
  • メチルコニイン
    • 毒性アルカロイド
  • コニセイン
    • 毒性アルカロイド






ドクニンジンの毒性
コニインが口に入ると、以下のようなクラーレに似た症状
  1. 運動筋肉の麻痺、
  2. 感覚神経終末の麻痺(運動機能停止、知覚喪失)
  3. 唾液分泌過多
  4. 呼吸神経終末の麻痺(呼吸麻痺から死に至る)
  5. 嘔吐

コニインの致死量・・・・・0.15g



ソクラテス
  • アテネ生まれのソクラテスは、奇神を導入し青年を惑わした罪状で死刑を宣告され、逃亡も勧められるが獄死する。
    ソクラテスに学んだプラトンは、その様子を《パイドン》の中でかたっている。
  • ソクラテスは、盃を口に当て、いとも無造作に甘そうに飲み干し、あちこち歩き回っていたが、脚が重くなったといって仰向けに横になった。
    毒を渡した男は、ソクラテスの身に触れ、しばらくして足元や脛の方を調べ、その後で足元を強く押し、“感覚があるか?”と尋ねる。“ない”と答えると、次に脛(すね)を強く押し同じ質問をする。
    “だんだんと上にあがり、次第に冷たくなり硬くなる”と周囲の者に説明し、“これが心臓まできたら死である”と語る。
  • すでに腹部まで冷たくなった頃、ソクラテスは、クリトンに“アスクレピオスに鶏を与えることになっている。忘れないで供えてくれ”という。これが最後の言葉であった。クリトンが“まだ他にいうことはないか?”と尋ねるも、すでに答えはなかった。ほんのしばらくして身体がピクッと動き、獄守が覆いをのけると、ソクラテスの眼はジッとすわっていた。

  • ソクラテスの服毒した原植物は“ヘムロック”と称されるもので、明らかに毒ニンジンから採取された毒薬である。


参考
  1. しばしば、パセリの一種[マグダノス]と混同される
  2. ドクニンジンの種子は「ウイキョウ」と間違えやすい
  3. ギリシャ人は死刑を宣告された犯罪者に対し、アヘンとドクニンジンエキスを混ぜた毒を与えていた


関連情報 パセリ

キャロット








TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬