ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




ドパミン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)


パーキンソン病

パーキンソン病治療薬

パーキンソン症候群

薬剤性パーキンソニズム」  

大脳基底核





ドパミン(ドーパミン)
  • 中枢神経系に存在する神経伝達物質
  • 運動調節、ホルモン調節、快感、意欲、学習などに関わる。

モノアミン神経伝達物質の1つ
  • を総称してモノアミン神経伝達物質と呼ぶ

  • アミノ基を一個だけ含む神経伝達物質または神経修飾物質の総称がモノアミン神経伝達物質である。

カテコールアミンの1つ。
  • は共にカテコール基をもつためカテコールアミンとも総称される。
  • 副腎髄質から分泌されるカテコールアミンの
    • 約80%はアドレナリンであり、
    • 残りの大部分はノルアドレナリン
    • わずかにドーパミン
    も分泌されています







ドパミン計測
  • 2009年、北沢茂・順天堂大学教授と慶應義塾大学のチームは、サルやヒトの脳で放出される神経伝達物質であるドーパミンを測定する電極を開発した。硬くて細い針状の電極で脳に差し込み周囲のドーパミンを量をリアルタイムで測る。
    開発したのは、脳内に差し込んで電流量を調べる微細な針状の電極。
    サルやヒトの脳で、100_秒ごとに1回、ドーパミン量を測定できる。
    電極表面に特定の電位をかけた時の電流を測定する化学物質の検出法である『ボルタメトリー』を応用し、電極周囲のドーパミンを測る仕組み。
    電極の長さは15cmで太さは直径0.3mm、先端1mm部分の太さは5マイクロb以下なので、差し込んだ周囲の組織を傷つけにくい。タングステンの表面をダイヤモンド血漿で覆った特殊な素材でできており、サルやヒトの硬膜も貫通して脳に差し込むことができる。
    従来のボルタメトリーではカーボン製造電極などを使っていて軟らかいため、サルやヒトの脳には使えなかった。
    新開発の電極をサルの大脳基底核に差し込んで計測することができた。
    脳内のドーパミンを計測する手法には、脳内に液体を注入して回収し、ドーパミンだけを分離して調べる方法がある。この手法では1分間に1回しか測定できないため時間の経過に伴って変化するドーパミン量を調べるのが難しい。

安価に計測
  • 米イリノイ大学の研究チームは、ドーパミン(脳内物質)を作る神経が破壊されて起こるパーキンソン病の経過を、新しいイメージング技術を使って観察することに成功した。
    MRI(核磁気共鳴画像法)を使って水分子の動きを見る『拡散テンソルイメージング』という手法で、放射性同位元素を使うPET(陽電子放射断層撮影)よりも神経細胞を傷つけずに、安価に観察できる。
    実際に脳の中でドーパミンを作る細胞が多く存在する黒質という場所を観察してテストした



パーキンソン病

パーキンソン病治療薬

パーキンソン症候群

薬剤性パーキンソニズム」  

大脳基底核







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬