ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



動脈硬化の漢方薬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





動脈硬化症
更年期障害
閉塞性動脈硬化症
最低血圧が低い
座骨神経痛
ストレス 
腎動脈狭窄症
頭痛
生活習慣病
コレステロール値が高い
糖尿病
ネフローゼ
高脂血症薬
高脂血症
心筋梗塞
広告



動脈硬化の漢方薬
加味逍遥散


九味檳榔湯


桂枝茯苓丸
  1. 閉塞性血栓血管炎
  2. 下肢静脈血栓症


桂枝茯苓丸+竜胆瀉肝湯+防風通聖散


桂枝茯苓丸+荊芥連翹湯+防風通聖散


牛車腎気丸


柴胡加竜骨牡蛎湯
  1. 長く服用すると、肝と腎の機能が調整されてコレステロールがとれ、全身状態が改善される
  2. 神経質の患者で動悸と胸部の圧迫感をおぼえて安眠せず、胸脇苦満、心下痞満、便秘のあるものに用いる(漢方診療医典)


三黄瀉心湯
  1. 赤ら顔で不眠不安を訴え、イライラしている人。便秘する
  2. 三黄瀉心湯や黄連解毒湯は、脳動脈硬化のある患者で、逆上の気味があり、顔面充血しやすく、気分が落ちつかず、めまい、耳なり、不眠などのあるものに用いる(漢方診療医典)


七物降下湯


四物湯


炙甘草湯
  1. 本方は動悸の亢進と脈の結滞とを目標にして用いるが、血管滋潤を与えて、血流を調整する効があるので、冠動脈硬化のある者に適する(漢方診療医典)


潤腸湯


小建中湯


大柴胡湯
  1. この処方を長く服用すると、肝と腎の新陳代謝機能が調整されてコレステロールが取れ、かつ、血液もきれいになり、また、不純物をよく大便中に排泄するので、全身状態が改善されて、頭重・肩こり・心臓部の圧迫感・息切れなどがなくなり、血圧が安定してくる


釣藤散
  1. 早朝に頭痛、気分がすぐれない、物忘れする。
    脳動脈硬化症の徴候がある者


通導散


当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  1. 閉塞性動脈硬化症
  2. 閉塞性血栓血管炎
  3. レイノー病
  4. 下肢静脈血栓症
  5. 間欠性跛行症、末梢の冷えが強い。


当帰芍薬散
  1. 腎機能を調整する薬物と汚れた血液を浄化する薬物が中心で出来ています
  2. 下肢静脈血栓症


桃核承気湯


麦門冬湯


八味地黄丸
  1. 腎機能を調整して、血液循環をスムーズにさせる
  2. 閉塞性動脈硬化症


防風通聖散
  1. 血液のよごれを浄化する薬物が配合されているので、コレステロールがとれ、血液循環が改善される


木防已湯
  1. 冠動脈の硬化があって、息切れ、動悸を訴え、胸部に圧迫感を覚えるものに用いる。腹診上、心下痞堅があるのを普通とするが、この腹証が著明でないものにも用いて良い。
    木防已湯に紫蘇子5.0、桑白皮3.0生姜0.5を加えたものを増損木防已湯といい、喘鳴、呼吸促迫のあるものによい(漢方診療医典)


苓甘姜味辛夏仁湯


六味丸




民間療法
コウジン
  • シロネズミに1〜2%のコレステロールを含有したエサを90日間与えると、高脂血症や肝臓の脂肪沈着を起こす。
    ところが、体重100g当たり100mg/日のコウジン(紅参)末を90日間与えると、シロネズミの血清コレステロール値・中性脂肪・動脈硬化指数は下がり、正常値に近くなった。
    そして、反対に善玉コレステロールは増えた
    指標 単位 対照 紅参
    総コレステロール mg/dl 93.6±14.6 64.7±3.3
    善玉コレステロール 24.9±2.8 31.7±2.6
    中性脂肪 230±35 161±15
    動脈硬化指数 - 3.0±0.5 1.1±0.1
  • アカザ・アカマツ・エビスグサ・エンジュ・オナモミ・カイコ・カキ・ギシギシ・クコ・クワ・玄米・ゴマ・コンブ・シイタケ・ドクダミ・トチュウ・ナルコユリ・ニンニク・根コブ・ネズミモチ・ヒマワリ・ベニバナ・ホウセンカ・メナモミ・ヤマゴボウ・ヤマモモ・ヨモギ

【色彩療法】
  • <1>レモン色
    <2>紫色
    <3>赤紫色



動脈硬化を防ぐ食事療法
  1. 防ぐ食品
    1. 「黒豆・ゴボウ・栗・大根」に動脈硬化の原因となるヒドロキシエイコサテトラエン酸が、体内に発生するのを妨げる働きがある
    2. 昆布・コンニャク・里芋」に血栓を形成するトロンボキサンの生成を抑える働きがある。(農水省四国農業試験場)
    3. ポリフェノールが防ぐ・・・赤ワインお茶に多く含有する
    4. リンゴ
  2. スコッチウイスキーも予防
    • ウイスキーも赤ワイン同様、血液中の抗酸化能力を高めるうえ、ウイスキーを飲んだ時の方が赤ワインより、動脈硬化の予防に効果があるフェノールを血液中に吸収する率が高いという研究結果を英国とデンマークの研究所が英科学誌に発表した







関連情報 動脈硬化症







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査