なおるコム/治るかも
毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう
HOME広告通販病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬会員サービス

ジスキネジア

チェック
薬剤性ジスキネジア」「不随意運動」「アテトーゼ」「歩行障害」「眼瞼ケイレン」「チック」「運動障害痙性斜頸







ジスキネジア dyskinesia
  • 大脳基底核の障害で出現すると考えられ、自分で止められない、または、止めてもすぐに出現するおかしな動きの総称がジスキネジア。
  • ジスキネジアを呈する病態には「遅発性ジスキネジア」と「一般的なジスキネジア」の2種類がある。
  1. 遅発性ジスキネジア
    • 抗精神病薬など投与中に出現し、「繰り返し唇をすぼめる」「舌を左右に動かす」「口をモグモグさせる」「口を突き出す」「歯を食いしばる」などの症状で始まり、
    • その後に、上下肢に症状が広がることがあり、そのときにはジストニア、アカシジアを伴うことが多い
  2. 一般的なジスキネジア
    • 抗パーキンソン病薬などドパミン作動薬の投与中に出現し、
    • 症状胃は、手足などが素早く動く舞踏運動や持続的に長い時間同じ肢位で筋肉が緊張する。



ジスキネジアとは
  1. ジスキネジー(異常運動症)
  2. 抗パーキンソン病薬の服用に伴って起きる不随意運動の総称で、自分の意志に関わりなく身体が動いてしまう症状をいう
    • ケイレン性斜頸
    • 顔面攣縮
    • 頚部攣縮
    • 後弓反射
    • 眼球回転発作
      など
  3. 断片的で不完全な運動による随意運動の力の障害。
    断片的で不完全な運動を起こす。
  4. 遠位・近位及び軸性筋組織を侵す
  5. 大部分のジスキネジアは基底核疾患に起因する


(副作用でジスキネジアを起こす医薬品)

ジスキネジアの種類
  1. 間欠性運動不全
    • 循環障害によって間欠的に四肢の無力がおきる
  2. 機能性胆道内圧異常
    1. 胆嚢の充満、
    2. 排出機能の異常、
    3. 胆管(胆道)ジスキネジア
  3. 禁断性異常運動症
    1. 成育してから起きる不随性反復運動が特徴的に起きる病型
    2. 顔面・頬・口・頸部に起きやすい
    3. 神経弛緩薬(坑精神薬)の長期投与によって起こる、
      薬を中止しても症状は持続する。
  4. 口顔部異常運動
    • 原発性の遅延性運動障害で、主に口と顔が犯される
  5. 疼痛性異常運動症
    • ヒステリーに見られるジスキネジー
  6. 本態性線毛運動不全
    1. 気道からの粘液線毛性クリアランス機能が遅延(or欠如)する遺伝性症候群の1つ。
    2. 精子の運動の欠如(カルタゲナー症候群)






薬剤性ジスキネジア」「不随意運動」「アテトーゼ」「歩行障害」「眼瞼ケイレン」「チック」「運動障害痙性斜頸



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬会員サービス