ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ジスキネジア
dyskinesia



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





ジスキネジア dyskinesia
ジスキネジアとは、
  • 自分では止めらない・または止めてもすぐに出現する
  • 下記のようなおかしな動きをまとめた呼び名
  • 大脳基底核の障害で出現すると考えられ、
    • 自分で止められない、または
    • 止めてもすぐに出現する
    おかしな動きの総称がジスキネジア  
   
  • 「繰り返し唇をすぼめる」
    「舌を左右に動かす」
    「口をもぐもぐさせる」
    「口を突き出す」
    「歯を食いしばる」
    「目を閉じるとなかなか開かずしわを寄せている」
    「勝手に手が動いてしまう」
    「足が動いてしまって歩きにくい」
    「手に力が入って抜けない」
    「足が突っ張って歩きにくい」

ジスキネジアを呈する病態には
  • 「遅発性ジスキネジア」
  • 「一般的なジスキネジア」
の2種類がある。





遅発性ジスキネジア 一般的な
ジスキネジア
抗精神病薬など投与中に出現し、
  • 「繰り返し唇をすぼめる」
  • 「舌を左右に動かす」
  • 「口をモグモグさせる」
  • 「口を突き出す」
  • 「歯を食いしばる」
などの症状で始まり、
抗パーキンソン病薬などドパミン作動薬の投与中に出現し、

症状は、
手足などが素早く動く舞踏運動や持続的に長い時間同じ肢位で筋肉が緊張する。
その後に、
上下肢に症状が広がることがあり、そのときには
ジストニアアカシジア を伴うことが多い





ジスキネジアとは
ジスキネジー(異常運動症)

抗パーキンソン病薬の服用に伴って起きる不随意運動の総称で、自分の意志に関わりなく身体が動いてしまう症状をいう
  • ケイレン性斜頸
  • 顔面攣縮
  • 頚部攣縮
  • 後弓反射
  • 眼球回転発作
    など

断片的で不完全な運動による随意運動の力の障害。
断片的で不完全な運動を起こす。



遠位・近位及び軸性筋組織を侵す

大部分のジスキネジアは基底核疾患に起因する




ジスキネジアの種類
  1. 間欠性運動不全
    • 循環障害によって間欠的に四肢の無力がおきる
  2. 機能性胆道内圧異常
    1. 胆嚢の充満、
    2. 排出機能の異常、
    3. 胆管(胆道)ジスキネジア
  3. 禁断性異常運動症
    1. 成育してから起きる不随性反復運動が特徴的に起きる病型
    2. 顔面・頬・口・頸部に起きやすい
    3. 神経弛緩薬(坑精神薬)の長期投与によって起こる、
      薬を中止しても症状は持続する。
  4. 口顔部異常運動
    • 原発性の遅延性運動障害で、主に口と顔が犯される
  5. 疼痛性異常運動症
    • ヒステリーに見られるジスキネジー
  6. 本態性線毛運動不全
    1. 気道からの粘液線毛性クリアランス機能が遅延(or欠如)する遺伝性症候群の1つ。
    2. 精子の運動の欠如(カルタゲナー症候群)




(副作用でジスキネジアを起こす医薬品)
  • 「アーテン」「アモキサン」「アレビアチン」「ウインタミン」「グラマリール」「コントミン」「ジプレキサ」「セレネース(ハロペルドール)」「ニューレプチル」「ロドピン」







ジスキネジア  (厚生労働省)
英語名: Dyskinesia, Tardive dyskinesia
ジスキネジアとは、
  • 自分では止めらない・または止めてもすぐに出現する
  • 下記のようなおかしな動きをまとめた呼び名で、このような症状は、医薬品の服用によって起こる場合もあります。抗精神病薬、パーキンソン病治療薬などのお薬を服用していて、次のような症状がみられた場合には、自己判断で服薬を中止せずに速やかに医師・薬剤師に連絡してください。
    • 「繰り返し唇をすぼめる」
      「舌を左右に動かす」
      「口をもぐもぐさせる」
      「口を突き出す」
      「歯を食いしばる」
      「目を閉じるとなかなか開かずしわを寄せている」
      「勝手に手が動いてしまう」
      「足が動いてしまって歩きにくい」
      「手に力が入って抜けない」
      「足が突っ張って歩きにくい」


医薬品によるジスキネジアとは?
  • ジスキネジアとは、自分では止めらない・または止めてもすぐに出現するおかしな動きをまとめた呼び名です。他の人から見ると、自分で勝手に動いているのか、止められないで困っているのか分からないような動きです。いろいろな医薬品の使用時に出現することがありますが、頻度の高い状態に二つの場合があります。
    1. 1つは、遅発性ジスキネジアと言って、抗精神病薬などを長期間使用していると出現するものです。
    2. もう一つは、パーキンソン病治療薬などドパミン作動薬を投与中に出現するジスキネジア・舞踏運動・ジストニアなどの混ざったものです。
  • しばしば見られる症状としては、繰り返し唇をすぼめる・舌を左右に動かす・口をもぐもぐさせる・口を突き出す・歯を食いしばる・目を閉じるとなかなか開かずしわを寄せている・勝手に手が動いてしまう・足が動いてしまって歩きにくい・手に力が入って抜けない・足が突っ張って歩きにくい等です。さらに、人によっては、じっとしていられず同じ動きをくりかえしていることがあります(アカシジア)。足を組んだりはずしたり・椅子から立ったり座ったり等と同じ動きを繰り返さずにはいられないという症状があらわれることがあります





1.医薬品による不随意運動
医薬品の副作用としては、以下のように多くの種類の不随意運動が出現する。
振戦 ほぼ規則的に、伸展屈曲などを繰り返すような動き
バリズム 近位筋優位な運動で、大きな速い動きを示し、手や足を放り出す様な動きである。多くの場合、視床下核の病変により、対側の半身に症状がでる。ヘミバリスムスという。
ジストニア 持続的に筋肉が収縮する運動であり、ある特定の肢位を維持し続ける様になる。
チック 落ち着きがなく見える様な動きで、顔や手足を素早く動かしている。しばらく止める事が出来るが、いらいらしてきて動くと安心する。
ミオクローヌス 一番素早いピクッとする動きで、時間的にも出現する部位も不規則である。
アカシジア じっとしていられず、いつも動きたくなる。動くと安心する。落ち着きがないという感じである。
ジスキネジア (遅発性ジスキネジア等)
びっくり反射 大きな音を聞いた時にびっくりする様な動きである。
  • これらに加えて、頻度の高い薬剤性パーキンソ二ズムに伴う振戦も重要であるが、これに関しては、他のマニュアルを参考にしていただきたい(「薬剤性パーキンソニズム」平成18年11月)。これらの中で、頻度が高く重要と思われるものがジスキネジアである。また急を要して重要と思われるのが、
    • 急性薬剤性ジストニア(acute drug induced dystonia)と
    • 急性薬剤性アカシジア(acute drug induced akathisia)
    である。紙面の都合ですべてを述べる事が出来ないので、パーキンソ二ズムの次に頻度の高いジスキネジアに関してまとめる。

ジスキネジアは、大脳基底核の障害で出現すると考えられる、おかしな動きの総称である。
  • 歴史的には、ジスキネジアはもともといわゆる口唇ジスキネジア(oro-buccal-lingual dyskinesia)を意味して使われていた。その後この病態に伴い多くの動きを合併することが報告され、多くの動きを包括する命名として使われるようになった。従って使っている人により、その意味する内容に少しずつ違いがあるが、ここでは広い意味で口唇ジスキネジアを含む多くの不随意運動を総称してこう呼ぶ事とする。
    これらの動きを詳しく分析すると、要素としてはミオクローヌス・ジストニア・舞踏運動・アテトーゼなどが含まれているが、様々な動きが混合し次々と現れる事もあり、1種類の動きに限定出来ず、簡単にいうとおかしな動きの総称と考えてもよいであろう。
  • 薬剤との関連でこの病状を呈する病態には大きく分けて2 種類あり、
    • 遅発性ジスキネジア(tardive dyskinesia)と
    • 一般的なジスキネジアである
  • 呈する症状は、運動の種類としては同じようであるが、原因・治療などにおいて両者で全く異なるため、以下2 種類を分けて記述する。前者はほとんど抗精神病薬使用後に出現し、後者の多くは抗パーキンソン病薬などのドパミン関連薬剤使用時に出現する。




関連情報 薬剤性ジスキネジア
不随意運動
アテトーゼ
歩行障害
眼瞼ケイレン
チック
運動障害

痙性斜頸









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬