ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



エビデンス(EBM)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



EBM(evidens-based medicine)
根拠に基づいた医療
  • 医療現場で処方される医薬品の膨大なデータを分析し、治療の改善に生かす手法はEBMと呼ばれる。欧米で1990年代から急速に広がり、日本でも最近になって厚労省が推進、実施機運が高まりつつある。
  • 新薬は動物実験・安全性試験・患者を対象にした臨床試験など、何段階にもわたる開発研究と有効性・安全性の審査を経てようやく製品化できる。
  • しかし、発売後に実際に多様な患者が使うと、それまでの試験結果とは異なる効き方や副作用が分かることも多いため、EBMが重要になる。

4階層に分かれるエビデンス
  • エビデンスとは科学的な根拠のこと。
    現代の医療はEBM(Evidence-Based Medicine)と呼ばれ、必ずエビデンスに基づいた治療を選択しなければいけないということになっている。
  • 科学的根拠というと、科学的に研究された結果は何でもエビデンス扱いするのかということになってしまうが、エビデンスはすべて横並びのものではない。
  • “ほぼ間違いない根拠として信頼すべきもの”〜、“参考程度の仮説レベル”までのヒエラルキー(階層)が存在しているのだ。
    系統的レビューとメタアナリシスを頂点として、その一番下層に属するエビデンスは「専門家の意見」と「基礎実験の結果」である。
    • (第1層=最上層)
      • メタアナリシス(解析に対する解析)
      • 系統的レビュー
      (第2層)=ランダム化比較実験
      (第3層)=疫学。観察研究
      (第4層)=専門家の意見、基礎実験

  • 「専門家の意見」がエビデンスとして最低限の信頼性しか無い。
    「基礎実験」とは、試験管の中で行った生化学的な実験や、ネズミやサルなどを使った動物実験などのことである。
    専門家の意見や基礎実験よりも観察研究のほうが、そしてさらにランダム化比較実験のほうが信頼すべきエビデンスであり。複数のランダム化比較実験や観察研究をメタアナリシスとして得られた結果は今のところ最善の答えだ。
    (西内啓著「統計学が最強の学問である」p279〜)


(科学的根拠)・・・日本は不十分 


医療評価の「コクラン」
  • 2014年5/30、英国の非営利組織「コクラン共同計画」のマーク・ウィルソンCEOは日本支部設立の会見で、“日本の医療はエビデンス(科学的根拠)、エビデンスといいながら、まだ著名な医師のやり方に無批判に従っているのが実情だ”という。
  • 「コクラン」・・・人の名前で、英国の医師で免疫学者。
  • データを批判的に吟味し、必要な人にその情報を提供することを提唱した。
  • 1992年に設立されたのがコクラン共同計画は、
  • ・・・コクランの弟子たちがつくった。
  • 世界中で行われた72万以上の臨床研究を複数でまとめて分析し直し、質が高く、かつ効率的な医療のためのレビュー作成を行っている。
  • レビューづくりには、政府や製薬会社から独立して行われる。
  • 近年、日本では医師主導臨床研究でデータの改ざんが表面化している。
  • コクランは、それらの臨床研究の結果を一から見直す作業を始める
  • 2014年4月、タミフルの効果について、著名な医学雑誌BMJとともに、未公表の臨床試験を解析してその効果に疑問を呈するリポートを出した。






EBMデーターベース
Up To Date 
  • (http://www.uptodate.com/home)要登録・有料
MEDLINE (PubMed) 
  • http://www.ncbi.nlm.nih.gov/
医学中央雑誌 
  • (http://www.jamas.or.jp/)要登録・有料
NGC 
  • (http://www.guideline.gov/)
Cochrance.org
  • (http://ww2.cochrance.org/)
ACP  
  • (http://www.acponline.org/)要登録・有料



アメリカ保険政策局(AHRQ)によるエビデンスレベル
Ta 複数の無作為化比較試験のメタ分析によるもの
  • メタ分析=meta-analysis
Tb 少なくとも1つの無作為化比較試験によるもの
  • 無作為化比較試験=randomized controlled trail
Ua 少なくとも1つのよい研究デザインの非無作為化比較試験によるもの。
  • 非無作為化比較試験=well-designed controlled trial
Ub すくなくとも1つのよい研究デザインの他のタイプの準実験的研究によるもの。
  • 準実験的研究=well-desined quasi-experrimental trial
V 比較研究(comparative study)
相関研究(correlationl study)
症例対照研究(case study)
など、よい研究デザインの非実験的記述的研究によるもの
W 専門家委員会の報告や意見、または権威者の臨床試験






「脳の中で○△という働きをしている成分だから」
  • とか、「体の中で○□を作っている成分だから」とかいう根拠しか無いのに、「この栄養素を食べることが体にいい」という言説が、なぜかテレビや雑誌にあふれている。
  • しかしながら、髪の毛を食べたからといってハゲが治らないと同様、体の中で何らかの働きをしている成分をそのまま食べて効果があることは少ない。
  • 胃や腸で分解されたり、肝臓や腎臓で代謝されたりする訳である。
  • 脳につながる血管には不要な物質が流れないよう血液脳関門という機構が働いている
  • (西内啓著「統計学が最強の学問である」p280)






(論文検索)
  1. Google Scholar(http://scholar.google.co.jp/)
    • 文献検索サービス
    • 重要度の高い文献ほど上位に
  2. PubMed(医学の論文データーベース)

    1. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed
    2. 日本語で検索できるPubMed - m3.com
  • JSTOR(論文ー総合ーデーターベース)






漢方治療のエビデンス
  • 日本東洋医学会が2002年9月に報告。西洋医学の手法を使った国内の臨床データをまとめた
  1. キュウキキョウガイトウ
    • 機能性子宮出血の止血に有用。特発性顕微鏡的血尿を改善する可能性がある。
  2. 桂枝加芍薬湯
    • 過敏性腸症候群に有用。
  3. 桂枝加朮附湯
    • 骨粗鬆症の痛みを緩和し、骨量を増加させる可能性がある。

  4. 桂枝茯苓丸
    • 子宮筋腫重量を低下させる。

  5. 五苓散
    • 糖尿病性末梢神経障害による起立性低血圧に有効。

  6. 柴胡加竜骨牡蛎湯
    • 塩酸リトドリン投与に伴う頻脈に有効な可能性。

  7. 柴朴湯
    • 気管支喘息に用いると、重症度の低下のみならず、全身投与のステロイド剤の維持量低減が期待できる。

  8. 柴苓湯
    • 慢性腎炎またはネフローゼ症候群の標準的な治療に併用して有用。特発性顕微鏡的血尿を改善する可能性がある。
  9. 芍薬甘草湯
    • 肝硬変症における有痛性筋痙攣(こむらがえり)に有効。

  10. 小柴胡湯
    • 肝逸脱酵素を低下させることから、肝炎から肝硬変への伸展を遅延させる可能性がある。

  11. 十全大補湯
    • 悪性腫瘍の治療におけるQOL向上の1手段として、また西洋医学的な治療手段の致命的な副作用防止などの補助手段として有用。

  12. 十味敗毒湯
    • 湿疹・皮膚炎にフマル酸クレマスチンと同等の効果を示した。

  13. 十味敗毒湯黄連解毒湯
    • 尋常性瘡に有効の可能性。

  14. 小青竜湯
    • 中等症までの気管支炎に対し単独で十分な効果を発揮する。咳と水様性が良い目標となる。鼻アレルギーに有効な薬剤。

  15. 清心蓮子飲
    • 耐糖能以上を改善する可能性がある。

  16. 大黄甘草湯
    • 第一選択となりうる標準的な緩下剤。

  17. 大建中湯
    • 癒着性イレウスにまず試みられてよい薬剤。

  18. 大柴胡湯
    • おだやかな抗高脂血症作用が期待できる。

  19. 釣藤散
    • 痴呆の約半数を占めるとされる脳血管性痴呆に対し改善効果が期待できる。

  20. 猪苓湯
    • 衝撃波で破砕後の尿路結石の排石を促進させる。

  21. 当帰芍薬湯
    • 各種の痴呆を改善する可能性がある。

  22. 人参養栄湯
    • 放射線治療時の白血球減少を軽減する可能性がある。

  23. 八味地黄丸
    • 四肢の冷えやシビレを訴える高齢者で、胃腸がしっかりしている人には、第一選択となる可能性がある。腰部脊柱管狭窄症に有効。

  24. 半夏厚朴湯
    • 脳血管障害患者の嚥下反射を改善し肺炎を予防する可能性がある。

  25. 麻黄附子細辛湯
    • 総合感冒薬に比して、発熱・全身倦怠感・咳・痰を短期間に消失することが期待できる

  26. 六君子湯
    • いわゆる胃炎の上腹部不定愁訴の改善に有用。




関連情報 治験

リンク

血液脳関門







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査