ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



エキノコックス



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告


関連情報 寄生虫病

肝膿疱

人畜共通感染症




エキノコックス病
エキノコックス病 

  • 診断がむつかしい。
  • キタキツネやイヌなどに寄生するサナダムシの一種。
    キタキツネの小腸に寄生する多包条虫が原因で起こります。
  • 虫卵が糞便中に排泄され、それを食べたネズミが感染。ネズミをキツネが補食して寄生虫がすみつき成虫になります。イヌやネコもネズミを補食するため、北海道内の飼い犬の1%弱が感染していると見られています。イヌもキツネと同様に症状を示しません。
  • 人体に入ると肝臓や肺・脳に嚢腫を作る
  • 潜伏期間が長く、10〜15年してから自覚症状が出る。放置すれば90%以上が死亡します
  • 治療は、手術で病巣を取り除く以外に方法が無い。病巣を摘出してもほかの臓器に転移していると深刻です






秋田の女性感染
  • 秋田県保険衛生課は22日、同県下の60代女性がエキノコックス症に感染したと発表した。
    エキノコッックスは北海道を中心に感染者が出ている寄生虫で、4月施行の感染症予防法で厚生省への報告対象とされた。同課によると、同法施行以降、北海道以外で感染が報告されたのは初めてだが、過去には20都道府県の70人以上が感染したとする資料もあるという。
    エキノコックスはサナダムシの仲間の寄生虫。卵を口にすることで人体に入り、肝臓に寄生する。肝臓障害を起こし、放置すると死亡するという。潜伏期間が長く、5〜30年に及ぶ。
    同課によると、この女性は6月から腹痛を訴え、病院で診察を受けた。痛みが続くため9月に再受診し、今月13日にエキノコックス症と診断された。この女性は30数年前に5日間北海道旅行をしたという

埼玉県のイヌから卵が発見
  • 2005年9/8、埼玉県は北部地域で5月下旬に捕獲した雌犬から、エキノコックスの中卵が発見されたと発表。
    厚生労働省によると北海道以外でエキノコックスの中卵が発見されたのは初めて






感染拡大
  • 2014年、人が感染すると重い肝障害を起こす寄生虫エキノコックスが本州に拡大する兆候が出ている。
  • 4月には愛知県で野犬の糞から卵を検出した。
  • エキノコックスはサナダムシの一種の寄生虫。
    • エキノコックスの幼虫を宿した野ネズミ→
    • →それをキツネや犬が食べる
    • →キツネ・犬の腸で成虫にそだつ
    • →キツネ・犬が卵を糞と一緒に排泄する。
    • →その卵を口から人が摂取→エキノコックス症になる。
    • →数年〜十数年の潜伏期間→
    • →重い肝障害になる。
    国立感染症研究所規制動物部の森嶋康之主任研究官は“イヌが北海道から寄生虫を運んでいるのはないか?”と分析。
  • 2013年までの、国内でのエキノコックス症の感染者は約600人。
  • 北海道や海外の流行地に住んだことがない人の発症例・・・東京都や沖縄県。







関連情報 ネズミ







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査