ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




エラスチン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






広告







エラスチン(elastin)
エラスチン
  • エラスチン(elastin)は組織に弾力を与える弾性線維の主成分、
  • 伸縮性のもととなる。


基質にある線維には3タイプがある
  1. 膠原線維 collagen fibers (コラーゲン)
  2. 弾性線維 elastic fibers (エラスチン)
  3. 細網線維 reticular fibers


コラーゲンにはエラスチンが必要
  • エラスチンが不足するとコラーゲンは十分機能できない
    


エラスチンは
  • ゴムのような性質を持ち、伸び縮みすることで組織に弾力を与えるタンパク質です。
  • 伸縮性は輪ゴムの5倍。







エラスチンが含まれているのは
大動脈 動脈の約50%がエラスチン
血管壁
肺には約20%含まれています
皮膚の真皮 真皮には約2〜5%含まれています
靱帯 項靱帯には約78〜80%含まれています
子宮
弾性軟骨





おすすめ
脊柱管狭窄症  
動脈硬化症

シワとたるみ
腰痛 
足がしびれる
      



たるみ
(症状)
  • まゆ毛が下がっている
  • まぶたが目に覆いかぶさっている
  • 目の下に“袋”ができている
  • 毛穴がたて長に開いている
  • 頬がブルドックのように垂れ下がっている
  • 二重アゴになっている
主な原因は、皮膚にあるエラスチン(弾力線維)の退化。
エラスチンが生成されるピークは25歳で、それを過ぎると下垂しやすくなります。
表情筋が衰えると、さらにたるみが進行。
猫背は顔のたるみを引き起こします。



2010年、東京工業大学の木畠英理准教授は、凝集して直径が50ナノbの粒子になるタンパク質を作ることに成功した。

皮膚や大動脈などを構成するタンパク質エラスチンに着目。
エラスチン の一部であるペンタペプチドというタンパク質断片が、温度によって凝集する性質を利用した。

さらにアミノ酸の一種で水になじみやすい(親水性の)アスパラギン酸を組み込み、50ナノbサイズにできた。

DDSのカプセルは
新生血管 の血管壁のすき間をすり抜けてガン細胞に到達する必要がある。




血清タンパク質
水に溶けない
繊維状タンパク質
コラーゲン
ゲラチン
エラスチン
水に溶ける
球状タンパク質
アルブミン
グロブリン
  1. αグロブリン
  2. βグロブリン
  3. γグロブリン
    • (ガンマグロブリン)
    • (免疫グロブリン)
    1. IgG(免疫グロブリンG)
    2. IgM
    3. IgA
    4. IgD
    5. IgE・・・アレルギーの原因物質



関連情報 組織」 
シワとたるみ
コラーゲン
サメ軟骨








TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬