ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



エリキュース



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




抗血栓剤
一般名 アピキサバン (第]a因子阻害剤)
商品名 「エリキュース」
作用機序 ]a因子を阻害することで、その下流のプロトロンビンからトロンビンへの変換を抑制する
効能

用途
非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制
1回5mg
1日2回経口投与
年齢・体重・腎機能に応じて、1回2.5mg、1日2回へ減量する





@過敏症
A臨床的に問題となる出血症状・・・→出血を助長する
B血液凝固異常及び臨床的に重要な出血リスクを有する肝疾患
C腎不全
慎重に @出血リスクが高い患者
  • 活動性の潰瘍性消化器官疾患
  • 細菌性心内膜炎
  • 血小板減少症
  • 血小板疾患
  • 出血性脳出血の既往歴ある者
  • コントロール不良の重度の高血圧症

A重度の肝障害
B腎障害(Cer:15〜50ml/min)
C高齢者
D低体重者
注意 @本剤投与中は、出血や貧血の徴候を十分に観察
A患者には、鼻出血・皮下出血・歯肉出血・血尿・喀血・吐血及び血便など、異常な出血の徴候が認められた場合、医師に連絡するように指導。
Bほかの抗凝固剤との併用。
C抗血小板薬との併用では、出血リスクの増大に注意。
Dワルファリンから本剤に切り替えるにはPT-INRが2.0未満となってから開始する。
E




併用注意
@アゾール系抗真菌剤(イトラコナゾールなど)
  • HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビルなど)
Aマクロライド系抗菌薬(クラリスロマイシン・エリスロマイシンなど)
  • フルコナゾール
  • ナプロキセン
  • ジルチアゼム
Bリファンピシン・フェニトイン・カルバアゼピン・フェノバルビタール・セイヨウオトギリソウ含有食品

C血小板凝集抑制作用を有する薬剤
  • アスピリン
  • クロピドグレル硫酸塩
  • ジピリダモール
  • チクロピジン塩酸塩
  • シロスタゾール
  • オザグレルナトリウム
D抗凝固薬
  • ワルファリンカリウム
  • エノキサバリン
  • ヘパリン誘導体
E血栓溶解剤
  • ウロキナーゼ
  • t-PA
FNSAIDs
  • ジクロフェナクナトリウム
  • ナプロキセン






過量投与
(症状)
  • 出血リスクが増大
(処置)
  • 本剤を中和する薬はない。
  • 出血徴候の際は
    1. 適切な処置を行う
    2. 活性炭による処置を考慮



重大な副作用(五十音順)
  1. 出血
  2. 眼球内出血→中止
  3. 消化管出血→中止
  4. 頭蓋内出血→中止



その他の副作用
アレルギー性浮腫
胃腸出血
咽頭出血
円形脱毛症
γ−GTP増加
咳嗽
喀血
過敏症・・・・皮疹などの薬物過敏症
眼出血
眼充血
肝機能異常
顔面腫脹
気道出血
後腹膜出血
くも膜下出血
血中ビリルビン増加
血中ブドウ糖変動
血便排泄
下痢
喉頭出血
口腔内出血
硬膜下血腫
逆流性食道炎
三叉神経痛
消化不良
初期不眠症
痔出血
紫斑
頭蓋内出血
脊髄血腫
前立腺炎
膣出血
直腸出血
尿生殖器出血
尿中蛋白陽性
脳出血
膿疱性乾癬
肺胞出血
腹腔内出血
鼻出血
疲労
不正出血
便潜血陽性
便秘
味覚障害




















関連情報






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査