ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



エンテロウイルス感染症



HOME TOP ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



エンテロウイスル感染症
エンテロウイルスenteroviruses 


ウイルスの大マフィアで、消化管にそって大宮殿を構えている。これらのウイルスは、ほとんどの場合不顕性感染にとどまり、めったに激しい症状を引き起こさない。


ポリオウイルスやコクサッキーウイルス
エコーウイルスなどがこのグループに属する。 

エンテロウイルスはいわば頑丈で小さな木の実である。
  • 抗生物質や消毒剤にも平然としている。
  • 何年凍らせておいても平気で戦列に復帰するし、
  • 50℃の加熱にも耐えることができる。

いたんだ貝類を食べてかかるとされるA型肝炎の原因は、湾や入り江に投棄された汚水中のエンテロウイルスである。

ハマグリやカキ・イガイは汚染された水から食物を摂取すると同時にエンテロウイルスも蓄積していく。
(ウエイン・ビドル著「ウイルスに秘められた生活」p57) 
エンテロウイスル感染症の症状
  • 発疹を伴う感染症。
    • 発熱:
    • 発疹
      1. 斑丘疹性、深紅色〜鮮紅色
      2. 孤立性で色素沈着
      3. 落屑をみるのは稀

エンテロウイスルの仲間 


単鎖RNAを持つ小型球形ウイルスで、次の仲間がいる。






エンテロウイルス68型
・・・鼻やノドに感染

2014年、東北大学の押谷仁教授らのチームは、世界各国で流行が確認されている「エンテロウイルス68型」の特性の一端を解明した。 


エンテロウイルス68型は急性呼吸器感染症の原因ウイルスとして1962年にウイルス株が初めて分離された。 

重症肺炎を引き起こし死亡する例もある。 



2000年以降世界各地で流行している。 

研究チームは初代のウイルス株と、2011年以降にフィリピンの小児患者から検出されたウイルス株など計3種類のウイルスを解析した。
  1. 初代株と近年流行しているタイプのウイルスとで、抗原性が大きく異なっている
  2. 鼻やノドなどの上気道に感染する親和性が高かった。
D68 

2015年8月以降、原因不明のマヒ症状が出る子供の一部から、エンテロウイルスD68が検出された。 

D68の治療薬は無く、対症療法で対応する。





マヒを訴える子どもが全国で
2015年の夏〜秋にかけて、原因不明の体のマヒを訴える子どもが各地で相次いで発生。 

2016年8月、厚生労働省の研究班は検査した患者の約1/4から、風邪に似た症状を引き起こす「エンテロウイルスD68」を検出したと発表。 

研究班が医療機関に対し8月〜12月に「急性弛緩性マヒ」と診断されて入院した患者の報告を求めた。 

76人がエンテロウイルスD68の感染でマヒが起きたか可能性が否定できなかった。 

5歳以下のこともが多く、多くの患者はマヒが残ったままという。



関連情報 髄膜炎
発熱
手足口病
劇症型糖尿病







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査