ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



エパデール



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




高脂血症薬
一般名 イコサペント酸エチル


「アテロバン」「アルファトン」「EPAエチル」「イコサエート」「イコペント」「イワペント」「エナゼック」「エパキャップソフト」「エパデール」「エパデールS」「エパフィール」「エパラ」「エパンド」「エメラドール」「エルモダン」「クレスエパ」「シーレーン」「シスレコン」「ソルミラン」「ナサチーム」「ノンソル」「パージェリー」「ビオエパン」「ピナデール」「ペオナール」「メタパス」「メルブラール」「ヤトリップ」「リポネス」「リリット」



イワシ・サバなどの青い魚類に多く含まれる成分(EPA)で、血小板のもつ凝集作用を抑えることで、血管内に血栓ができるのを抑制し、閉塞性の動脈硬化症に伴う潰瘍・痛み・冷感を改善する。
また、血中のコレステロール中性脂肪を減らします。


★血小板細胞膜のリン脂質のイコサペント酸(EPA)含有を増加させることで、アラキドン酸代謝を競合的に阻害しトロンボキサンA2(TXA2)の産生を抑制する。


○TXA2の代わりにTXA3を生成。
アラキドン酸からTXA2、エパデールからTXA3を生成
エパデールはアラキドン酸と競合。





高脂血症
閉塞性動脈硬化症に伴う潰瘍・疼痛・冷感の改善。



使ってはダメな者
(禁忌)
出血中の者
慎重な投与
が必要な者
1.月経中の者。
2.抗血小板剤を投与中。
3.抗凝固剤を投与中。
4.手術予定がある者。
5.出血傾向がある者


手術前には中止する薬剤の1つ
  • 大手術の10〜14日前に休薬する。
  • 経口投与後6時間で最高血中濃度。
  • 24時間で消失する。
  • 血小板凝集作用は弱く、ADP凝集は抑制しない。
    • ADP=アデノシン二リン酸


妊婦への影響 授乳中止。



エパデールの副作用(五十音順)
  1. 胃部の不快感
  2. 嘔吐
  3. 肝障害
  4. 下痢
  5. 出血(→服用を中止すること)
  6. 食欲不振
  7. 吐き気
  8. 発疹(→服用を中止すること)
厚生労働省 副作用情報
  • 脳出血1
    胆嚢炎1
    結膜出血1
    多形紅斑1
    歩行障害1
    肝機能異常1
    肝障害1
    膵炎1
    大腸出血



(参考)
  1. エパデールとほかの高脂血症薬を併用した場合・・・
    脳卒中の再発リスクが低減する臨床結果を持田製薬がまとめた。脳卒中を発症したことがある患者1000人を対象にした解析結果。田中耕太郎・富山大学教授が日本脳循環代謝学会で発表。
  2. 高脂血症薬との併用で、心筋梗塞などの心臓病の発症を抑えること分かった。中性脂肪が多く、HDLが少ない患者約1000名で解析。成果は医学誌「アテロスクレーシス」に掲載。
  3. 大衆薬に
    • 2012年12月、持田製薬は一般用医薬品(大衆薬)に転用することで厚労省から承認を得た。
    • 2014年、日水製薬は「エパアルテ」の販売を中止した。





関連情報 高脂血症薬」「血栓症NASH(ナッシュ)






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査