糖尿病



経口血糖降下薬 
一般名 グリペンクラミド
(スルホニール尿素系)
商品名: 「エントレゾン」「オイグルコン」「オペアミン」「クラミトン」「グリベンクラミド」「セオグルミン」「ダオニール」「パミルコン」「ブラトゲン」「ベンクラート」「マーグレイド
作用
機序
膵臓を刺激してインスリンの分泌を高めて血糖を下げる薬です
スターシス
効能
・用途
ンスリン非依存性糖尿病(成人型)



使ってはダメな者
禁忌
1.インスリン依存性(若年型)糖尿病
2.胃腸障害(下痢・嘔吐など)がある者。
3.外傷(重篤な)
4.肝障害(重篤な)
5.ケトーシス(重症の者)
6.重症感染症。
7.手術前後。
8.スルホナミド系薬剤に過敏歴ある者。
9.糖尿病性昏睡・前昏睡。
10.本剤に過敏歴ある者
慎重な
投与
が必要

(五十音順)
1.アルコールを過度に摂取する者
2.栄養不良状態の者。
3.肝障害がある者。
4.飢餓状態の者。
5.血糖降下作用を増強する薬剤との併用時。
6.高齢者。
7.食事摂取が不足する者。
8.腎障害がある者。
9.衰弱状態の者。
10.脳下垂体機能不全の者。
11.激しい筋肉運動をする者。
12.不規則な食事摂取の者。
13.副腎機能不全の者


相互作用
併用すると作用が増強する薬剤:(五十音順)
  • 1.α-グルコシダーゼ阻害剤
    2.インスリン製剤
    3.MAO阻害薬
    4.クマリン系薬剤
    5.クロフィブラート。
    6.クロラムフェニコール
    7.サリチル酸系薬。
    8.サルファ剤
    9.ジヒドロエルゴタミン製剤。
    10.テトラサイクリン系薬。
    11.ピグアナイド系薬剤
    12.ピラゾロン系消炎剤
    13.プロペネシド
    14.ベザフェブラート
    15.β-遮断薬
    16.ミコナゾール
併用すると作用が減弱する薬剤:(五十音順)
  • 1.イソニアジド
    2.エピネフリン
    3.甲状腺ホルモン
    4.酢酸ブセレリン
    5.ニコチン酸
    6.ピラジナミド
    7.副腎皮質ホルモン
    8.フェノチアジン系薬。
    9.卵胞ホルモン
    10.利尿剤
    • アセダゾラミド・エタクリン酸・クロルタンドリン・チアジド系・トリアムテレン・フロセミド





オイグルコン副作用(五十音順)
  1. ○アルコール耐性低下
  2. ○意識障害。
  3. ○胃腸障害。
    消化器 下痢
    ・心窩部痛
    便秘
    悪心
    食欲不振
    胃部膨満感
  4. 黄疸(→服用を中止すること)
  5. ○過敏症がでる(→服用を中止すること)。


    皮膚掻痒感
    発疹
    光線過敏症
  6. 肝機能障害。
    肝機能 AST(GOT)上昇
    ALT上昇
    AL-P上昇
    →中止し処置必要
  7. ○空腹感(高度の
  8. ○ケイレン
  9. 血小板減少(→服用を中止すること)。
  10. ○興奮
  11. ○視力低下
  12. ○心悸亢進
  13. ○神経過敏
  14. 振戦
  15. ○集中力低下
  16. ○頭痛
  17. ○精神障害
  18. ○脱毛
  19. ○脱力感
  20. 知覚異常
  21. 低血糖症状が出ることがある





    脱力感
    ・高度の空腹感
    発汗
    心悸亢進
    振戦
    頭痛
    知覚異常
    不安
    興奮
    神経過敏
    集中力低下
    精神障害
    意識障害
    ケイレン
    →注意
  22. 発汗
  23. 白血球減少(→服用を中止すること)
  24. ○不安感
  25. ○浮腫
  26. 無顆粒球減少症(→服用を中止すること)
  27. 溶血性貧血(→服用を中止すること)
  28. ○流涙(涙が出やすい)



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬