ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



家族性大腸ポリポーシス
(FAP)




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





大腸ガン

大腸憩室

遺伝子
広告




家族性大腸ポリポーシス(FAP)
  • という病気は、そのとき初めて知った。「15年前、母が大腸ガンで亡くなったとき、遺伝するから検査をうけた方がいいと言われた。確かに母方には大腸ガンを患った親戚が数人いたが、50%もの高い確率で遺伝するとは思わず、受けずじまいだった」とAさん。だが、学校の和式トイレで便をチェックするようにしていた為潜血に気づき、大腸粘膜にポリープが出来た段階で検査を受けた。

 [FAP]の原因は、ガン化を防ぐガン抑制遺伝子APCの変異だ。
  • 30年近くFAPに取り組んでいた主治医の宇都宮譲二教授は「我々は父母双方からガン抑制遺伝子を受け継いでいる。両翼にエンジンがついた飛行機のようなもので、片方が故障していると、もう一方の故障が事故に直結してしまう」と説明する。
    患者からの聞き取りで東京医科歯科大の全国センターに登録されている家系は約700。約2300人の患者の他、変異したAPC遺伝子を持つ可能性のある5000人余が含まれる。全国ではこの約5倍と推定される。

FAPは無数のポリープが大腸に出来、放置すると60歳ぐらいまでにはほぼ全員がガンになる。
  • Aさんも受けた大腸切除手術で、予防することができる。
    APC遺伝子を91年に見つけた中村祐輔・東京大医科学研究所教授には、研究室に勤務する女性の乳ガンで苦い経験がある。
  • 28歳で乳房のしこりに気付いた彼女は、他の病院で「若いから大丈夫」と言われ、放置していた。
    相談を受けた半年後には、しこりは2cmから5cmに拡大。彼女は5年間、病と闘った末に亡くなった。


「乳ガンで見つかった2つの原因遺伝子[BRCA1][BRCA2]のどちかかに変異がある日本人女性は、推定5万人。彼女も母親が30代で乳ガンを患っており、遺伝性だった可能性が高い。
  • なのに、いまだに『ガンは遺伝などしない』という医師がいる。若くしてガンになった親戚がいる人は、若い時期から検診を受けたり、検診の間隔を狭めたりできるようにすべきだ」と主張する。





関連情報 大腸ガン」「大腸憩室ポリープ






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査