なおるコム/治るかも
毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう
HOME広告通販病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬
フェナセチン

チェック
くすり情報」「医薬品の略語」「薬効分類


長期服用で
「腎障害」・「膀胱ガン」の恐れ
  • 「頭痛・歯痛などの鎮痛剤として使われている解熱鎮痛剤「フェナセチン」を長期に大量使用した場合、
    (1)重い腎障害や
    (2)膀胱ガンなどが多発している事が分かり、厚生労働省は19日、製薬会社25社に供給停止を要請した。
    フェナセチンは1982年以降、大衆薬として販売されておらず、現在は医師による処方のみ。同省では、最近10年間で総出荷量が1.4倍に増えていることが副作用の多発につながっている可能性もあると見ている。
    供給停止の要請対象は医療機関向けの25社の計33品目で、最初から製品になっている配合剤と、薬局で調剤する際の原料となる調剤用の2種類がある。
    以下の3品目で90%以上を占めている
    • <1>「セデスG」(塩野義製薬)
      <2>「サリドン錠」(日本ロシュ)
      <3>「サリドン粉末」(日本ロシュ)
    ェナセチンはアリニン系の解熱鎮痛薬。長期使用により腎障害などの副作用を起こす危険性があり、88年には80代の女性が腎盂ガンで死亡した例もあったため、厚生労働省は、使用上の注意として、「長期使用しない」ことを記載させるなど、これまでにも製薬会社や医療機関側に対して指導してきた











アミピローN錠(日本新薬)
グリンケンH顆粒(北陸製薬)
コレデスA顆粒(大鵬薬品工業)
コレデスA錠(大鵬薬品工業)
サリイタミン顆粒(菱山製薬)
サリドン錠(日本ロシュ)
サリドン粉末(日本ロシュ)
セデスG(塩野義製薬)
セパA錠(メルク・ホエイ)
セパ細粒(メルク・ホエイ)
ソルボンカプセル(小野薬品工業)
トーワサール細粒(東和薬品)
プロニドンソフト錠(模範薬品研究所)
マセダール顆粒(丸石製薬)
ロイマビリン顆粒(宇治製薬)
ロイマピリンS錠(宇治製薬)








「他の鎮痛剤に比べると効果が高い」(厚生労働省安全対策課)というフェナセチンは、医療現場では重宝がられており、頭痛治療に詳しい北里大学医学部の坂井文彦教授は「高齢の患者らの要望もあって、少しの痛みでも処方する傾向が強い」と語る。1日の使用限度量は4包(1g)だが、長期の大量使用による副作用はかねて指摘されており、厚生労働省も1977年から注意を呼びかけてきた。
だが、94年以降、同省に副作用の報告があった21人のうち、
慢性腎不全を起こした12人の患者の服用期間は最高で30年、平均で12.7年。総使用量の平均は約4.7kgに達しており、同省の注意喚起が徹底していたかどうか、疑問の残る結果といえる。
「患者が複数の医療機関から処方を受けているケースもある」(上田志朗・千葉大薬学部教授)とされ、医療現場の乱用に対するチェックは事実上、難しい。

健康情報
(50音順)

よく使う漢方薬
病院でもらった漢方薬
健康診断
病気の予防
老化予防
長寿
栄養療法
宝石療法
音楽療法
色彩療法
針灸
副作用
病院
突然死
死因
盗聴


No. 報告年 性別 年齢 服用期間 フェナセチン
総服用量(推定)
腎・泌尿器系障害
1 1994 40代 1カ月以上 150g以上 腎機能障害、溶血性貧血、肝機能障害(中等度)
2 1995 70代 28年 5kg以上 慢性腎不全、血小板減少症
3 1995 40代 15年 4kg以上 膀胱腫瘍、腎盂尿管腫瘍、慢性腎不全
4 1996 50代 8年6カ月 1.5kg ネフローゼ症候群
5 1996 50代 10年以上 9kg以上 慢性腎不全、溶血性貧血、メトヘモグロビン血症
6 1996 80代 30年 2.3kg 腎盂癌
7 1996 40代 16年 5.8kg以上 慢性腎不全(慢性間質性腎炎)
8 1997 60代 18年 3.2kg 二次性腫瘍(膀胱腫瘍、腎盂腫瘍)、腎機能障害
9 1997 40代 10年 2.5kg以上 フェナセチン腎症(腎性網膜症)
10 1997 50代 4年以上 1.5kg 慢性間質性腎炎
11 1998 60代 9年 1kg以上 膀胱腫瘍
12 1998 60代 10年 1.4kg 腎盂腫瘍
13 1998 40代 24年 2.6kg 膀胱腫瘍
14 1998 60代 30年 13kg 慢性腎不全、膀胱癌、尿管癌
15 1999 30代 9年 2kg以上 間質性腎炎
16 1999 70代 30年 13.6kg 尿路上皮腫瘍
17 2000 60代 3年以上 3.28〜10.95kg 慢性腎不全
18 2000 60代 10年以上 2.7kg以上 腎障害
19 2000 60代 8年 1.25kg 急性腎不全、貧血、劇症肝炎
20 2001 30代 15年以上 5kg以上 腎機能障害、貧血
21 2001 40代 3年以上 1.8kg以上 慢性腎不全
厚生労働省から






TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬