ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



イノシトール6リン酸
(フィチン酸)




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




 イノシトール6リン酸 (フィチン酸)
フィチン酸
  • フィチン酸=イノシトール6リン酸(IP6)
    イノシトール6リン酸は1855年に同定された。

  • ヒトの細胞も含めほとんどの哺乳動物の細胞内に認められ、極めて重要な細胞機能を制御してしています。


  • (米ぬか又はトウモロコシの種子から得られた、イノシトールヘキサリン酸を主成分とするものをいう。)     
    イネ科イネ(Oryza sativa LINNE)の種子より得られた米ぬか又はイネ科トウモロコシ(Zea mays LINNE)の種子より、室温時水又は酸性水溶液で抽出し、精製して得られたものである。主成分はイノシトールヘキサリン酸である。




食物繊維とフィチン酸のどちらが有益か?

  • 「エルンスト・グラーフ博士と彼の助手、ジョン・イートンは専門雑誌《Canser》1985年の論説で食物繊維とフィチン酸のどちらが有益か?
     フィンランドの人々の食事習慣は、より穀物を中心とした食事となっています。
  • したがって、より多くのフィチン酸を摂取していますが、これに対してデンマークの人々は食物繊維の総摂取量はフィンランドの人々の2倍であるにもかかわらず、食事中のフィチン酸の摂取量が少ないのです。
  • そして驚いたことに、デンマークの人々の大腸ガン発生率はフィンランドの人々の2倍なのです





(フィチン酸の作用)
  • ・抗ガン作用

  • ・フリーラジカルを打ち消す

  • ・腎結石を予防する

  • ・脂肪肝を予防する

  • ・血清コレステロール値を低下

  • ・中性脂肪値を低下

  • ・糖尿病の合併症を予防

  • ・急性心筋梗塞の心筋障害を予防する。










関連情報 イノシトール
ビタミンB1
薬物性味覚障害
カルシウム 







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査