「認知症
レビー小体型認知症
老人性痴呆症
アルツハイマー
ボケ
高齢者
介護
クロイツフェルト・ヤコブ病
健忘(物忘れ)




前頭側頭葉変性症
FTLD (Frontotemporal lobar degeneration)
  • 人格変化(著明)や
  • 行動障害、
  • 言語障害を主徴とする変性性認知症である。
  • ピック病を含む。



TDP-43
  • 2015年、大阪大学の河原行カ教授らは、全身の筋肉が萎縮するALS(筋萎縮性側索硬化症)などを引き起こすタンパク質が、体内で分解される仕組みを解明。
  • ALSや認知症の一種「FTLD」は、神経細胞の細胞質にTDP-43と呼ぶタンパク質がたまり、細胞が死んで起きると考えられている。
  • 研究チームは、ヒトの培養細胞を使い実験。その結果、細胞内の小胞体にあるカスパーゼ4と呼ぶ酵素が過剰なTDP-43を分解し、ほかのタンパク質に変えて細胞を守っていることが明らかになった。
  • ALSの患者はFTLDを発症することが多い。






前頭側頭葉変性症(FTLD)
タウタンパク質
  • 2011年、理化学研究所や順天堂大学などは、認知症を起こす神経変性疾患の前頭側頭葉変性症の起こる様子をマウス実験で再現した。
  • タンパク質「タウ」が前頭葉などに蓄積し障害を起こしていた。
  • 人間のアルツハイマー病を引き起こすとされるタウが、FTLDの原因物質である可能性があるという。
  • FTLDは前頭葉などの神経が変性し、記憶障害や性格の変化などの症状が起こる。


チェック
「認知症」「レビー小体型認知症」「老人性痴呆症」「アルツハイマー」「ボケ」「高齢者」「介護」「クロイツフェルト・ヤコブ病」「健忘(物忘れ)




TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬