G型肝炎ウイルス
  • 日本の輸血用血液がG型肝炎ウイルスに汚染され、実際に輸血で感染した患者がいることを虎ノ門病院(東京都港区)の消化器科グループが確認した。G型肝炎ウイルスは1995年に米国で遺伝子が確認されたばかり、簡単な検査法も未開発で、肝炎や肝臓ガンをどの程度起こすかもはっきりしていないが、B、C型肝炎やエイズのような感染症の拡大を未然に防ぐため早急な対策が必要と、研究者らは指摘している。
     輸血による感染を確認したのは同病院の熊田博光部長、茶山一彰医長、小林正宏医師ら。肝臓ガン手術では出血を止めるため、通常、新鮮凍結血漿や血小板などを輸血するが、同病院では肝臓ガン手術を受けた患者の手術前後の血液を、自ら開発した遺伝子検査で調べた。

     92年〜94年までに手術を受けた後、1年以上経過を観察できた患者が55人いたが、このうち、手術前からG型肝炎ウイルスに感染していた患者は2人だけ。手術後1ヶ月では新たに7人(12.7%)が感染していたことが明らかになった。
     熊田部長らは感染した7人に平均71人分の輸血が入っていることから、輸血に使った日赤の血液の1.4%がG型肝炎ウイルスに汚染されていると見ている。この率から推定すると、日本では100数十万人がウイルスを持っている計算になる。
    「日本赤十字社が高感度の検査を導入したあとでも、2002年までの3年間で「輸血による感染が確実」と医療機関から報告されたケースが約300件にも上った。」



母子感染
    • 「米国で平成7年に発見された『G型肝炎ウイルス』の日本国内での母子感染例を、獨協医大産婦人科の稲葉憲之教授と岡島祐子非常勤講師らが初めて確認、東京で開かれている日本産科婦人科学会で7日発表する。
       G型肝炎ウイルスは、B型・C型肝炎ウイルスと同様に血液を通じて感染するが、どの程度、肝炎や他の病気の原因になるのかといった病原性はよく分かっていない。今回感染が判明した3人の子供も肝炎は発症ていないものの、稲葉教授は「ウイルスが肝炎以外の病気に関係している可能性もあり、子供の健康状態を見守っていくのが重要」と話している。
       稲葉教授らは、C型肝炎ウイルスに感染している母親56人の保存血液を調べ、うち5人がG型肝炎ウイルスにも感染していることを発見。その母親から生まれた赤ちゃん計7人について、定期的に採血するなど追跡検査した結果、3人の血液からG型肝炎ウイルスの遺伝子が見つかり、母子感染を確認した。







チェック
薬剤性肝障害」「肝機能障害」「A型肝炎」「B型肝炎」「C型肝炎」「E型肝炎」「肝ガン」「脂肪肝」「自己免疫性肝炎」「急性肝炎」「慢性肝炎」「アルコール性肝障害」「肝硬変」「劇症肝炎」「肝膿疱」「亜急性肝萎縮」「肝臓肥大」「ワイル病」「ウイルソン病」「トキソプラズマ」「傾眠症」「酒に弱くなった」「栄養療法」「血糖値が高い」「肩こり」「ストレス」「怒りっぽい」「GOT値が高い」「かゆい」「栄養失調「夏バテ」「活性酸素」「キトサン






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬