情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





外傷(ケガとキズ)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






床づれ
化膿している
癰疽
中耳炎
ただれ



外傷
  • 切り傷
    1. ナイフ・カッターなどの刃物やガラスの破片などで切ったもの
    2. 出血が多い
    3. 金創(きんそう)=外傷。切り傷。
  • 刺し傷
    1. キリやクギなど先の鋭いもので刺して出来た傷
    2. 傷口が小さくても深いところで損傷して、中に不潔な物が残っていることがあるので要注意。
  • 擦過傷
    1. 転んで出来る傷

  • キズ
    1. キズには大きく分けて2種類がある。
      切り傷や軽いヤケドなどの急性のキズは、そのまま放置しておいても通常は1〜2週間で治る。
      これに対して2〜3週間経過しても体の治癒力だけでは治らないキズを慢性の傷(難治性の傷)という。床ずれ糖尿病による潰瘍などが難治性。
    2. 微弱電流が
      「傷口に発生する微弱な電場に周囲の細胞が集まり、治癒が早まる仕組みを、秋田大学、英アバディーン大学の研究チームが解明し、2006年7/27のネイチャーに掲載。
      電場が発生すると細胞が動く仕組みを秋田大学の佐々木雅彦教授と鈴木聡教授らが調べた。皮膚の角質細胞などに電流を流すと、細胞を内側から押す力のあるリン脂質が片側に偏ってできた。このリン脂質を作ることが出来ない細胞は、電柱をながしても傷の回復は鈍く、リン脂質を分解する酵素が無くなると傷の回復は早くなった。
      一般に、皮膚を傷つけると1平方ab当たり4〜8マイクロアンペア程度の微弱な電流が流れる。これまでも電流によって周囲の細胞が傷口に向かって移動するとう報告はあった。
    3. ダイヤとインスリン
      2009年、米ノースウェスタン大学のグループは、ナノbサイズのダイヤモンドにインスリンを結合させた微粒子を作製した。切り傷に塗布すれば徐々にインスリンを放出し、成長ホルモンの分泌を促して傷の治りを早くできる。
      患部のpH状態によって、ナノダイヤに結合したインスリンが徐々に放出される。

  • 湿潤療法(モイストヒーリング)
    • “ガーゼを当てるのは最悪の対処。
    • 浸出液は傷を治すカクテル”(塩谷信幸・北里大学名誉教授)
      傷口にガーゼを当てると、せっかくの浸出液を吸い取ってしまい、患部が乾燥してしまう。そうすると、患者は痛みを感じ、雑菌が繁殖しやすくなる。
      湿潤療法が注目されるようになったのは、1942年のボストンの火災。ナイトクラブで火災が発生し、負傷者が数百人にのぼった。当時、やけど・ケガは、患部の浸出液を乾かす治療法が主流だった。しかし、包帯やガーゼが不足するなかで、やむなく病院関係者は、やけどの水疱を破らないように、患部を湿潤したまま保護する方法をとった。
      その結果、患部を乾燥させたときより、回復は早く、雑菌の感染もほとんど無かった。
      中心となって治療にあたったのが、ハーバード大学の外科教授、オリバーコープ博士









“傷はお風呂で洗ってキレイにしてください”
  • 手術で縫い合わせた後、傷口が塞がって回復途上にある傷の処置について、茨城西南医療センター病院(茨城県境町)の知久明義形成外科科長が説明すると、患者は“洗ってもいいんですか?”と驚く
    従来は抜糸まで病院に通い、医師に消毒してもらうのが普通。自分で洗うなどもってのほかだった。
    “頭の傷ならシャンプーで洗っていい。洗わずにフケだらけになった頭と、毎日洗った頭とどっちが清潔でしょうか”と和久科長は笑う。
    従来、傷にはまず消毒というのが常識だったが、
    “消毒薬は、ばい菌を殺すだけでなく、傷を治そうとしている細胞も殺してしまう。水道水でよく洗えば、浅い擦り傷や切り傷程度なら消毒は必要ない”(和久科長)」
    “ガーゼで覆うのも良くない”(北里大学の塩谷伸幸名誉教授)。傷から出る体液には、皮膚の湿度を保つ働きの他、傷を治す指令を出す物質が含まれ、自然治癒を助けている。それがガーゼを当てると体液がガーゼに吸われて乾燥する。すると、これらの働きが弱まり、傷の治りが遅くなる。傷跡も残りやすいという。カーゼが傷にくっつき、剥がすときに傷を悪化させることも多い。
    傷が渇くとかさぶたができるが、「“かさぶたは迫害あって一利なし”(知久科長)。皮膚が元に戻るのにジャマになるという。かさぶたの下で傷が化膿することも多い。体液で湿った状態にしてかさぶたが出来ないようにする方が菌の感染を抑えられるという研究もある
    茨城西南医療センターでは2年ほど前からこうした新しい傷の治療を始めた。傷が早く治り、傷跡も目立たないといった特徴が注目され、各地の形成外科などの医師の間で広まりつつあるという。
    最近では日本形成外科学会や日本皮膚科学会でも関連したセミナーが開かれるようになった。
    “治療の原理自体は40年前から分かっていた”と話すのは山形市立病院済生館の夏井睦形成科医長。長い間、普及しなかったのは“医師にとってガーゼを使う治療はラーメンに湖沼を入れるようなもの。習慣的にやってきたことなので誰も見直そうと思わなかったのだろう”と夏井医長はみる
    軽い擦り傷や切り傷など大半は家庭で治せる。家庭では汚れを落としてからラップを当てて絆創膏で留め、その上に包帯を巻くのが良い。最近では傷が乾燥しにくいタイプの救急絆創膏も普及し始めた。
    医薬品メーカーのジョンソン・エンド・ジョンソンは「正しい傷ケア推進委員会」と題して、新しい家庭での傷治療法の普及を進めている。
    ケガをしたら
    1. 傷を水道水で良く洗う。
    2. 清潔なタオルやチュッシュで押さえて止血
    3. 絆創膏を貼る
    という手順で処置すると良い。乾燥を防ぐため、絆創膏は汚れていなければ4〜5日替えなくて良いという。“傷を治すのは自分の治癒能力。消毒や乾燥はマイナスになることを知ってほしい”と塩谷名誉教授。
    ただ、砂や泥が中に入ってしまた傷や、2〜3分たっても血が止まらないようなかなり大きな傷の場合は医師に相談して、処置を受ける必要がある。






  • 素早く治すタンパク質
    • 2003年7月、山之内製薬と慶應義塾大学は共同で、血管や皮膚、軟骨の細胞を増殖させて外傷を素早く治すタンパク質を発見した。マウスを使った実験で効果を確認。
      慶応大の尾池雄一講師、須田年生教授らが、従来知られていた血管成長タンパク質の遺伝子と似た構造の遺伝子をヒトやマウスで発見。
      マウスの耳に約2mmの穴を開け、この遺伝子のタンパク質を皮膚で働かせると、1ヶ月足らずで穴が完全にふさがった。
      マウスのしっぽを切断する実験では、皮膚が傷口を覆うまでの時間が通常の約5日から1〜3日程度に短縮。
      見つけたのは『アンジオポエチン関連成長因子(AGF)』で、皮膚や血管に加え、軟骨まで再生させる作用が見つかったタンパク質は初めて。

  • 顔のゆがみを人工骨で
    • 東京大学医学部付属病院とバイオベンチャーのネクスト21(東京文京区)は2007年8/8、病気や事故による顔のゆがみや変形を治すために人工骨を埋め込む治療法を開発した。2010年の臨床応用を目指す。
      骨の成分を粉末状の『リン酸カルシウム』で患部にピッタリの人工骨を作製。2006年〜2007年までに18歳〜54歳の患者10人の顔や頭に移植した、受け込んだ人工骨は元の骨になじんでシッカリ定着しており、現在まで経過は順調という。
      人工骨は、印刷技術を応用してリン酸カルシウムをまんべんなく積み重ねて、多糖類の液体を液体を加えて圧迫して作る。誤差は0.1mm以内でフルオーダーで作る。

  • 骨髄の「血管内皮前駆細胞」
    • 2012年、和歌山県立医科大学の近藤稔和教授と金沢大の向田直史教授らは、骨髄で作られ血管の元となる幹細胞が傷ついた皮膚をすばやく治すのに役立っているのを突き止めた。
      成果は米医学誌ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション(電子版)に掲載。
      傷ついた皮膚では血管が新しくでき、栄養分などを運びキズの修復を促す。この際、骨髄の中にある「血管内皮前駆細胞」が移動して血管に成長するが、患部にどうやってあつまるかが不明だった。
      研究チームは、この前駆細胞の表面にある「CCR5」というタンパク質に着目。
      この物質を作れなくした遺伝子欠損マウスは、皮膚のキズの治るスピードが通常の約半分になるのが分かった。
      欠損マウスは前駆細胞の患部への集まり具合も約半分に留まっていた。
      正常マウスの骨髄を欠損マウスに移植すると、キズの治り方も通常に戻った。
      CCR5に結合するタンパク質「CCL5」の働きで、前駆細胞を患部に呼び寄せていた。
      床ずれや、糖尿病が原因で起こる皮膚のキズの治療につながる成果。

  • 外傷の民間療法
    • アロエ・イチヤクソウ・ウコン・オトギリソウ・カタクリ・ガマ・キリンソウ・ソテツ・ツワブキ・ビナンカズラ





外傷の漢方薬
  1. 王不留行散
  2. T帰膠艾湯
  3. T帰調血飲
  4. T帰調血飲第一加減
  5. 三黄瀉心湯
    1. 金瘡:“自分が若い頃、嘯堂先生に就学したことがある。その頃、藩の医者が争事をして、武士に切られたことがある。切創は鎖骨を切って背まで通り、切先はあごにかかり、下顎骨で止まっていた。その医者は反り返って眼をみつめ、煩躁の状を見せていた。外科の医者は縫合術を行った。先生は三黄瀉心湯を与えて、自若として驚かず、これで効を収めることが出来た。先生は常に金瘡には三黄瀉心湯が良い。これは気を落ち着かせる効があって、人参などの及ぶところではないと云われた。その後、東都に就役したとき、同じ班に長尾順庵という外科医がいた。この人は金瘡の治療が上手で、是も先生と同じ考えで、金瘡には三黄湯より他には無いと云うことであった。その頃、引間正順という人と三黄瀉心湯について語り合ったことがある。ある日、常盤台の方に火事があって、5、6人の怪我人が出た。その時、正順は辻番所で治療にあたったが、1人がしきりに反り返って止まない、そこで三黄湯を作って呑ましたところ治った時、1の狂人が刃を振り回すので、森田某という士が、これを取り鎮めようとして、頭に浅い切創をうけて、血が雨のように流れた。そこで自分は早速に三黄湯を振り出して与えた。その後、その士が自分の御礼をいって云うのに、先程の振り出しはまことに結構な薬でした。1服で気分が明るく、サッパリして、のぼせがいっぺんに静まり血もおさまりましたと。三黄瀉心湯はまことに金瘡の主方である          ”
  6. 治打撲一方





肉芽形成不全=肉の盛り上がりが悪い
  1. 千金内托散
  2. 当帰補血湯
  3. 人参養栄湯
  4. 伯州散
  5. 八珍湯
  6. 保元湯








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬