情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



顎関節症






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








アゴがはずれる
ビスホスホネート系薬剤による顎骨壊死







顎関節症
(症状)
  • 口が開きにくい
  • 口を開けると「カクン」と音がする。
  • アゴが痛い
  • せんべいのような硬いものがたべられない
  • アゴの関節から音がする


  • 顎関節症は日本人の3〜4割が経験するといわれている。20歳代と30歳代に多く、歯を食いしばるクセがあることが多い。
  • 口を閉じても、上下の歯の間が自然に開き、いくらか間隙があるのが普通の状態。





(原因)
  • 従来、歯のかみ合わせに問題があると考えられてきた。
    • そのため、治療法は歯を削ったり、マウスピースをはめるなどの方法が主流だった。
  • 日本学関節学会が数年前から再検討
    • クセによるアゴへの負担
    • アゴの筋肉のこわばり
    • などが顎関節症の原因とみられるようになった。
  • 何もしていない時でも歯が接している方は要注意。

  • 歯を噛みしめるクセを防ぐために
    • ・かみ合わせの悪化
    • ・左右片側だけで噛まない。
    • ・就寝時には横向きの姿勢
    • ・睡眠不足を防ぐ
    • ・ほおづえをつかない。
    • ・バイオリンの演奏
    • ・ダイビング
    • ・接触の多いスポーツ
    • ・パソコンやスマホの使用中は無意識に歯を噛みしめる。





(治療法)
  • 顎関節症の患者の約8割が、上の歯と下に歯をくっつけるクセがある。歯がくっついている時間が長いと、そのぶん、アゴの筋肉が緊張を続けることになり、アゴの関節を圧迫する。        
  • 一般の方が上の歯と下の歯をくっつけるのは食事や話をするときぐらい。1日20分ぐらいでしかない。治療は口を開けてアゴを動かすトレーニングを1日数回繰り返す。

  • 認知行動療法
    • パソコン・台所・ドアなどいたる所に「歯をくっつけない」と書いた付箋を貼っておく。
    • 付箋を見るたびに、歯の間を開く。









「顎関節症の補綴学的治療」
で高度先進医療の認定を受けている病院
  • 岡山大学医学部・歯学部附属病院
    徳島大学病院
    新潟大学医歯学総合病院
    愛知学院大学歯学部附属病院







「顎顔面補綴」
で高度先進医療の認定を受けている病院
  • 東京医科歯科大学歯学部附属病院
    鶴見大学歯学部附属病院
    山梨大学医学部附属病院
    愛知学院大学歯学部附属病院
    筑波大学附属病院
    千葉大学医学部附属病院
    佐賀大学医学部附属病院
    岩手医科大学附属病院
    岐阜大学医学部附属病院
    信州大学医学部附属病院




アゴの骨形成を注射で
  • 2016年、東京医科歯科大学の青木和広准教授らは、薬剤を口の中に注射するだけで、顎の骨を増やせる手法を開発した。
  • 骨の成長を促す物質としてタンパク質「BMPー2」が知られており、米国で治療に使われている。
  • ただ、効果があるだけの分量を使うと歯肉が腫れるなどのリスクがあった。
  • 研究チームはペプチドの一種「OP3-4」に着目した。
  • 実験では、タンパク質とペプチドを混ぜた薬剤を作り、マウスの上顎に注射した。約1ヶ月後、BMP-2だけを投与したマウスに比べて、新しくできる骨が2倍になっていた。



ビスホスホネート系薬剤による顎骨壊死
アゴがはずれる
ストレス」「不安」「疼痛」「歯が痛い








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬