v="Content-Style-Type" content="text/css">
ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



顎関節症(がくかんせつしょう)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



顎関節症
(症状)
  • 口が開きにくい
  • 口を開けると「カクン」と音がする。
  • アゴが痛い
  • せんべいのような硬いものがたべられない
  • アゴの関節から音がする


  • 顎関節症は日本人の3〜4割が経験するといわれている。20歳代と30歳代に多く、歯を食いしばるクセがあることが多い。
  • 口を閉じても、上下の歯の間が自然に開き、いくらか間隙があるのが普通の状態。





(原因)
  • 従来、歯のかみ合わせに問題があると考えられてきた。
    • そのため、治療法は歯を削ったり、マウスピースをはめるなどの方法が主流だった。
  • 日本学関節学会が数年前から再検討
    • クセによるアゴへの負担
    • アゴの筋肉のこわばり
    • などが顎関節症の原因とみられるようになった。
  • 何もしていない時でも歯が接している方は要注意。

  • 歯を噛みしめるクセを防ぐために
    • ・かみ合わせの悪化
    • ・左右片側だけで噛まない。
    • ・就寝時には横向きの姿勢
    • ・睡眠不足を防ぐ
    • ・ほおづえをつかない。
    • ・バイオリンの演奏
    • ・ダイビング
    • ・接触の多いスポーツ
    • ・パソコンやスマホの使用中は無意識に歯を噛みしめる。





(治療法)
  • 顎関節症の患者の約8割が、上の歯と下に歯をくっつけるクセがある。歯がくっついている時間が長いと、そのぶん、アゴの筋肉が緊張を続けることになり、アゴの関節を圧迫する。        
  • 一般の方が上の歯と下の歯をくっつけるのは食事や話をするときぐらい。1日20分ぐらいでしかない。治療は口を開けてアゴを動かすトレーニングを1日数回繰り返す。

  • 認知行動療法
    • パソコン・台所・ドアなどいたる所に「歯をくっつけない」と書いた付箋を貼っておく。
    • 付箋を見るたびに、歯の間を開く。











関連情報 アゴがはずれる
ビスホスホネート系薬剤による顎骨壊死







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査