ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



霊芝(れいし)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)









霊芝レイシ)Reishi,
Ganoderma lucidum
(Leyss:Fr.)Karst
サルノコシカケ科マンネンタケ

「乾燥させると、傘・柄を含めた子実体はそのままの形で長年保存できるために、万年茸(マンネンタケ)の名前がついた。
万年は縁起の良さにも通じるので、サイワイタケ(幸茸)とか、カドデタケ(門出茸)とも呼ばれるようになっった。
中国では霊芝(霊芝草)と呼ぶ。
  • 霊芝の画像

《本草綱目》には芝類が多く載っている。


芝は青・赤・黄・白・黒・紫の6つの名であらわしている。
また次のようにいう。


山川・雲雨・四時・五行・陰陽・昼夜の精が五色の神芝を生成するが、これは聖王の休祥(めでたいしるし)とされる。
常に6月に生え出る。


春は青く、夏は紫、秋は白、冬は黒い。

味はおのおのその色の持つ性に随う。

およそ石芝・木芝・肉芝・菌芝など数百種類ある、と。
  • 《和漢三才図会》


霊芝(マンネンタケ)は
  1. 広葉樹の根株白色腐朽菌で、北半球の温帯で生育します。昔から薬用に使われてきました。
  2. 類似のキノコに「マゴジャクシ(Ganoderma neo-japonicum Imaz.)」があります。
  3. 針葉樹の根株腐朽菌で、日本固有種です。薬効は期待できません。








霊芝は免疫を調整します

免疫の双方向性

免疫の異常亢進するものは下げ、
免疫が低下しているものには免疫を上げる作用があります


霊芝がいろいろな疾病や障害に効くというのは、生体調節系に働いていることを意味しています


私どもがやった実験で、

霊芝によってナチュラルキラー細胞(NK細胞)が増える
  • 霊芝そのものがガンを殺すのではなく ナチュラルキラー細胞
    NK細胞)の力で
    ガン細胞を破壊する

それでガンの自然治癒率が高くなるというわけです
  • (萩田善一・富山医科薬科大学名誉教授)







霊芝はホメオスタシス(恒常性)を健全にし
・・・・を治す

“人体は体の条件にかかわらず、いつも一定した自己の状態を保つ能力を持っており、これをホメオスタシス(生体の恒常性保持)と呼ぶ”

“ホメオスタシスのバランスが破れた状態が疾病なのだ”
  • アメリカの生理学者ウォーター・キャノン。


霊芝血液の変性を改善して、ホメオスタシスの能力をよみがえらせます


鳥類以上の動物は恒温動物で、一定内の体温をいつも保持しています。それは生体内の化学反応が一定度の温度と酸アルカリ平衡の中で、特別の対象にしか働かないためなのです。

血液の中の特定の物質が一定に保たれるのも、血液の量や、その成分の濃度が驚くほど精密に一定に保たれるのも。ホメオスタシスの働きによります





霊芝はアダプトゲン
アダプトゲンとは以下の条件を備えた治療薬のこと
  • 毒性(副作用)がない
  • 作用が特定の臓器に限定されない
  • 正常化作用を持っている
  • だから→「生活習慣病」におすすめ









霊芝の働き
1>アレルギー
  1. 広島大学薬学部・山崎和男教授らによって、霊芝中に体内のヒスタミン遊離抑制作用を持つ、ラノスタン系化合物の存在が明らかになった。
    • 体が過剰にヒスタミンを放出するのを抑止する
  2. 副腎の機能を高めて、免疫システムの異常な暴走を抑制し、アレルギーの発現を抑える。(トリテルペノイド類)
  3. T型〜W型までの非常に広範囲のアレルギー体質を改善する

2>
ガン
  1. ガン組織のまわりの血栓を除いて制ガン剤の効果を高める
  2. ガン患者に多い血栓症による突然死を予防する
  3. ガン末期の激しい痛みは、血栓による部分も大きいため、 霊芝の血栓抑制作用により痛みの緩和に役立つ
  4. 肺ガン・食道ガン・胃ガン・悪性リンパ腫などいろいろなガンに ・・・さらに紅参との併用がおすすめ。

3>気管支喘息

4>虚血性心疾患
  • 狭心症
    心筋梗塞

5>膠原病(こうげんびょう)

6>高血圧
  • 最低血圧も下げる

7>高脂血症
  1. 肉類や脂肪類の過食や、過酸化脂質の摂取によって、コレステロールや中性脂肪などの脂質がタンパク質と結合して血中に過剰にとけ込んで高脂血症となります
  2. 高脂血症になると、
    • 動脈硬化になりやすく、
    • 高血圧・脳卒中・心臓病・肥満・肝臓病などに進んでいきます。

8>(ぢ)

9>神経衰弱

10>ジンマシン

11>ストレスの改善

12>前立腺肥大

13>帯状疱疹
  1. 霊芝の子実体36g又は72g/日相当量の投与の結果、帯状疱疹の病歴の浅い例は服用後速やかに鎮痛効果が現れたが、2.5年以上経過した例では倍量服用しても変化はすぐ現れず、10日目から疼痛が減少し始めた。
  2. 再発例でも速やかに鎮痛効果が現れた。第13回和漢医薬学大会より

14>低血圧

15>糖尿病
  • 血中のインスリン分泌量は増やさずに血糖値を下げる

16>脳卒中

17>白血球減少症

18>慢性気管支炎

19>リウマチ

20>
ホメオスタシス
  • 霊芝は血液の変性を改善して、ホメオスタシスの能力をよみがえらせます

21>その他の働き
  • 東北大学薬学部教授・ヒキノヒロシ氏が「漢方医学」に発表
    1. 中枢神経作用
    2. 自律神経作用
    3. 呼吸器作用
    4. 循環器作用
    5. 平滑筋作用
    6. 利尿作用
    7. 肝臓作用
    8. 内分泌作用
    9. 代謝作用
    10. 抗炎症作用
    11. 免疫作用
    12. 抗腫瘍作用
    13. 放射線防護作用
    14. 老化防止作用
    15. 抗菌作用









霊芝の成分
ガノデランA 血糖値降下作用
1984年、東北大学薬学部・曳野広教授らによって発見された
ラムロース、ガラクトース、グルコース、ウロン酸などの糖類から出来ている。
分子量3000の多糖体
ガノデランB 血糖値降下作用
1984年、東北大学薬学部・曳野広教授らによって発見された
ウロン酸の糖類に結合した多類部に、アミノ酸の結合したペプチドがついた分子量3600の多糖類(アミノ糖)
ヌクレオチド
(硫黄含有)
血栓を防ぐ
血管中で血小板凝集作用を阻害する
ボルバトキシン 活性タンパク質
強心作用
有機ゲルマニウム 天然の状態で含まれています
糖タンパク 血圧を正常化する
β-D-グルカン 抗ガン作用




第1回 日本霊芝国際学会
  • 日本霊芝国際学会が東京で1997年11/17〜11/18の2日間、米国、中国、台湾、インドネシア、ベトナム、マレーシア、韓国、日本の霊芝の医学的研究者が集まり研究発表された。


服部征雄・富山医科薬科大学教授
  1. 霊芝成分のHIV増殖およびプロテアーゼ阻害作用の考え
  2. ガンの増殖を抑える働き
  3. 血圧降下、中枢神経の興奮を抑える効果
  4. 高脂血症やB型肝炎の改善などの効果を発表


プラハン ハァヌファック・チュラロンコーン大学教授
  1. エイズに対する霊芝の効果の研究


ビヨン、カック、キム・ソウル大学教授
  1. 霊芝の免疫抑制並びに免疫増進の効果が発表された
    • 免疫の双方性
  2. 特に人間の白血球が本実験で使用された


ウイリアム、B、スタビノーハ・米国テキサス大学教授
  1. 抗炎症効果が高いと共にアルツハイマーにも有効である
  2. スローン、ケターリングガン研での臨床試験ではその効果として
    1. 進行性のガン発症の高いリスクを持っている個々の患者に対してのガンの化学反応予防
    2. ガンの転移や再発防止
    3. ガンに関連して発症する悪液質、疼痛を緩和
    4. 化学療法者に補助的に利用、副作用の軽減、白血球数の維持としている
  3. 食事療法補助製品
    • 米国では”食事療法補助製品”として認められ法律ではその機能に関する有益性も明記されることを認めている
      米国でも天然のオークに発育することがある。


レイモンド、Y、チャン・米国コネール大学準教授
  1. ガン治療の霊芝の有効性は大変高いと次の発表があった
    • 化学治療法上又は放射線治療中の副作用を抑える補助薬の効果
  2. ガン患者の生存率を高め移転率を低下させる補助薬として効果
  3. ガン患者のクオリティーライフを向上する補助薬の効果
  4. ガン発症又は再発を阻止する補助薬の効果
    • 但し霊芝の中の多糖体含有量とその安定が大切とされた


北京中医薬大学日本校・・中国における効果
  1. 膠原病・・・・・・・・・・・・・・・・・90%
  2. ガン免疫調整薬・・・・・・・・89%
  3. 増血機能の回復・・・・・・・・89%
  4. 高コレステロール血症・・・86%
  5. 白血病・・・・・・・・・・・・・・・・・84.6%
  6. 不整脈・・・・・・・・・・・・・・・・・84.5%
  7. 自律神経失調症・・・・・・・・83%以上
  8. ストレス性脱毛症・・・・・・・78.9%
  9. 坑皮膚炎症(アトピー)・・・71.9%
  10. 狭心症・・・・・・・・・・・・・・・・・71.4%
  11. 慢性肝炎・・・・・・・・・・・・・・・70%
  12. その他
    • 「喘息」
    • 「心臓病」
    • 「解毒作用」など幅広く利用されている。



チェック
関連情報
ガン」「心臓病」「動脈硬化
糖尿病
ガンの転移










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用