ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ガラガラヘビ



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





ヘビ

アポトーシス
広告




アポトーシス
毒に細胞自滅物質
  • 「東京大学分子細胞生物学研究所の鳥居慎一研究員らは、ガラガラヘビの毒から細胞の自殺を引き起こすタンパク質を発見した。猛毒に含まれるが、細胞を外から壊すのではなく、自殺に追い込む。不死のガン細胞を自滅させる新たな治療方法の糸口に成るのではないかと研究グループではみている。

  • 細胞の自殺は「アポトーシス」と呼ばれ、不要になった細胞が自然に消滅する現象。日常的に体内で起きている。際限なく増殖する不死のガン細胞で人為的にアポトーシスが起こせれば、これまでにない治療薬の開発につながると考えられている。
    鳥居研究員らが見つけたタンパク質は「アポキシンT」と呼ばれ、アポトーシスに深く関与していると考えられている過酸化水素を生み出す作用を持つと推定されている」









関連情報







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査