なおるコム/治るかも
毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう
HOME広告通販病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬会員サービス

意識レベル

チェック
意識障害」「意識がもうろう



意識レベル
  • GCS(Glasgow Come Scale)
  • 3-3-9度方式(Japan Coma Scale)=JCS
GCS=Glasgow Come Scaleグラスゴー・コーマ・スケール。
  • 頭をケガした人の意識レベルを調べる為に、1970年代に英国で出来た
  • <1>開眼;4段階。
    1. 自発的に目を開けると:[4]
    2. 呼びかけて開けると:[3]
    3. 痛みを加えて開けると:[2]
    4. 何をしても目を開けない:[1]

    <2>発声:5段階。
    <3>運動機能:6段階。
    • それぞれ患者の反応を数字で表して合計する。3分野の合計で
    ◇最良[15]:意識障害が全くない状態。
    ◇最悪[ 3]:体をピンで刺しても呼びかけても、ずっと目を閉じて声を出さず、体も動かさない、        深い昏睡状態。
    1. 自発呼吸なし
    2. 脳幹反射なし
    3. 瞳孔散大・固定
    4. 平坦な脳波
    5. 深い昏睡(GCS3に相当)
    6. 以上の条件をいずれも満たし、これらが6時間後にも変化が無い


GCS
反応 評点
開眼(E)
Eye Opening
自発的に開眼する(spontaneous)
呼びかけにより開眼(to speech) 3
痛み刺激により開眼する(to pain) 2
全く開眼しない(nil) 1
最良言語反応(V)
Best Verbel Response
見当識あり(orientated) 5
混乱した会話(confused conversation) 4
混乱した言葉(inappropriate words) 3
理解不明の音声(incomprehensible sounds) 2
全くなし(nil) 1
最良運動反応(M)
Best Motor Respponse
命令に従う(obeys) 6
疼痛部へ(localises) 5
逃避する(withdraws) 4
異常屈曲(abnormal flexion) 3
伸展する(extends) 2
全くなし(nil) 1
3つの項目のスコアの合計で評価する


3-3-9度方式  (JCS)
Grade T
刺激しないでも覚醒している
一見、意識清明のようであるが、今ひとつどこかぼんやりしていて、意識清明とは言えない。
見当識障害(時・場所・人)がある。
名前・生年月日が言えない
Grade U
刺激で覚醒する
10 普通の呼びかけて容易に開眼する。
20 大声または体をゆさぶることで開眼する。
30 痛み刺激を加えつつ、呼びかけを繰り返すと、かろうじて開眼する。
Grade V
刺激しても覚醒しない
100 痛み刺激を払いのけるような動作をする。
200 痛み刺激で少し手足を動かしたり顔をしかめる。
300 痛み刺激に反応しない。
意識レベルを3つのグレード・3つの段階に分類され、カルテには100-I、20-RIなどと記載。
(R)Restlessness(不穏状態)
(I)Icotinence(失禁)
(A)Akinetic mutism(無動性無言)、Apallic Statre(失外套症候群)







◎厚生省研究班「脳死判定基準」
<1>自発呼吸なし
<2>脳幹反射なし
<3>瞳孔散大・固定
<4>平坦な脳波
<5>深い昏睡(GCS3に相当)
<6>以上の条件をいずれも満たし、これらが6時間後にも変化が無い



聴覚誘発反応測定装置「エーペックス」
音に対する脳の反応を測定する装置で、手術時に患者の両耳にイヤホンをつけ、額と耳の後ろ3カ所に電極を張り付けてイヤホンから出続ける打撃音に対する脳波の変化を測定する。
分析して意識レベルを0〜100までの数値で示す。
病院では手術時の麻酔薬の投与量を抑える傾向にあり、患者が覚醒し始めたときには薬剤を追加投与する必要がある。従来は脈拍や血圧の状態等で状態を把握していたが、測定値の個人差が大きいという難点があった。

脳波
  • 小型の睡眠計・・・・自宅で測る
    • 2009年、シークスは(財)大阪バイオサイエンス研究所と共同で、頭に付けるだけで脳波を計測、睡眠の状況をチェックできる睡眠計を開発した。
      重さ60g、タバコの箱の大きさ。
      頭部に装着すると脳から出る電圧約5マイクロボルトの脳波を測定してモニターできる。
      電極を増やせば、呼吸や眼球の動きに伴って筋肉から出る電気も同時に測定できる。
  • 電極刺さずに
    • 2010年、東京大学のスズキ隆文講師、新潟大学の長谷川功教授らは、指の動きに対応する脳の信号をうまく読み取れる装置を開発した。電極を脳表面に張り付けるのもので、電極は高分子材料「ポリクロロパラキシレン」を網目状に加工した。MEMS(微小電子機械システム)で表面を加工、微小な電極を0.5〜1_b間隔で配置した。

健康情報
(50音順)

よく使う漢方薬
病院でもらった漢方薬
健康診断
病気の予防
老化予防
長寿
食薬毒
栄養療法
宝石療法
音楽療法
色彩療法
針灸
副作用
病院
突然死
盗聴






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬会員サービス