情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



減感作療法






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








アレルギー

喘息

アトピー

アレルギーの漢方薬








減感作療法
  • 花粉症はブタクサ・スギ・松などの花粉がアレルゲンとなり、これを吸入して起こるアトピー性アレルギーをいう。
    「ダニアレルギーと並んで多くの日本人を悩ませているのが花粉症アレルギー。根本的に治す治療法はなく、花粉に触れるのを防いだり鼻炎症状を抑えるなど対症療法に頼っているのが現状だ。花粉アレルギーもダニと同様に減感作薬の開発が進んでいる。

  • 明治乳業ヘルスサイエンス研究所は、スギ花粉アレルギーを減感作療法で治療する新薬の候補物質を開発した。
  • 候補物質は花粉疾患者の多くがアレルギー反応を引き起こす花粉の成分である『Cryj1』と『Cryj2』という2種のペプチドを基に合成した。
  • これらのペプチドからアレルギー反応を引き起こす原因になる部分を除き、減感作を示す部分だけをのこした構造になっている。試験管内の実験では減感作作用があることを確認している。
    ただ、減感作療法には副作用の危険があり、治療にも時間がかかり過ぎるという課題がある。花粉やダニから抽出したたくさんのタンパク質をまとめて投与していたのでショック反応の恐れがあり、一度に少しずつしか
    投与出来なかった。このため治療期間が数ヶ月から数年に及び途中で治療をあきらめる患者も多く、減感作療法の普及を妨げていた。
    明乳が開発した候補物質はショック反応がないとみられるため、大量投与が可能で短時間の治療が見込める。研究グループは同様の薬剤をヒノキ花粉症にも応用したいと考えている。

  • 熊本大学大学院医学研究科脳・免疫統合科学系の松下祥助教授らはアレルギー反応を抑える働きを持つ免疫細胞を効率よく刺激するペプチドの合成に成功した。ダニや結核菌に含まれるペプチド分子を一方の端から削って短くすると、通常の長さのペプチドよりも免疫細胞と欲反応する事が分かった。「治療効果が高い減感作薬として有望」と松下助教授は期待している。
    ペプチドを生産する遺伝子を患者に注射してアレルギーを抑える遺伝子治療を開発する動きもある。国立感染症研究所の坂口雅弘主任研究官らは、明乳のグループが利用した「Cryj1」の遺伝子をネズミの筋肉に注射した。この遺伝子はネズミの体内に留まり、長期間にわたって「Cryj1」を作り続け、減感作作用を示した。遺伝子治療はペプチドを注射するより、効果が長続きするという。
    減感作療法以外の治療法の開発も活発になっている。三共は林原と共同で、スギ花粉のアレルゲンタンパク質に糖鎖を結合させた花粉症治療薬を開発した。年内にも厚生省に承認申請する方針という。







舌下免疫療法
スギ花粉を舌から
  • 「2005年2/15開かれた総合科学技術会議の花粉症対策研究検討会で、スギ花粉のエキスを舌の下から吸収させて症状を緩和する『減感作療法』を当面の花粉症療法として位置づけ、研究を加速させる方針を決めた。厚生労働省に働きかけて臨床試験の規模拡大を促す。
    減感作療法はスギ花粉の抗原物質を皮下注射する方法が一般的。ただ、2年以上の治療期間と通院が必要になるため治療を受けにくかった。今回の手法は舌の裏側にスギ花粉エキスを含ませたパンを2分間保持させる。自宅でも出来るため効果的と判断された。」
  • 2005年3/9、減感作療法を受けた小児患者の約76%は、治療から15年経過しても花粉症の症状改善や消失が見られることが厚生労働省の研究班の調査で分かった。
    主任研究者の岡本美孝・千葉大教授によると、治療2〜3年後の改善率は70〜80%とされている。岡本教授は「小児は抗アレルギー薬などの対症療法で改善することは少なく、減感作療法の治療効果は高い」と語る。
    研究班は、千葉大病院で1970〜1990年に受診した患者で調査。減感作療法でも、17〜40歳の改善率は約60%と小児より低かった。


舌下免疫療法
  • 2015年10月から保険適用
  • 少量のスギ花粉を毎日摂取して体を慣らし、アレルギー反応を弱める治療法。舌の下に直接、スギ花粉のエキスを滴下し、2分間ためたあと、飲み込む。








補助剤・・・αガルセル
  • 2016年、千葉大学の岡本美孝教授らのチームが舌下免疫療法の効果を上げる補助剤を見つけた。
  • αガラクトシルセラミド(αガルセル)という糖脂質で、免疫細胞である樹状細胞につけてマウスの口腔内い投与すると、高い抗アレルギー作用を示した。

  • 研究チームはアレルギー反応を抑えるとされるナチュラルキラー細胞(NKT細胞 )に着目。
  • NKT細胞 が活性化すると、アレルギーの原因とされる抗体が減少したり、逆にアレルギー反応を抑える抗体ができたりする。
  • 人の場合、患者の血液から樹状細胞を分離するには、時間と手間がかかるため、口腔粘膜に多く存在する樹状細胞に取り込まれやすいように、リポソームでαガルセルを包んだ。
  • 数年後の臨床試験を目指す。

食パンで
  • 2009年、東京都は食パンに花粉エキスを含ませ、それを食べてもらうことで口の粘膜から吸収させる「舌下減感作療法」を、142人の患者に実施した結果を発表した。
    約7割で症状が消えたり、軽減した。
  • 重篤な副作用は1例も無く、鼻や目のカユミにとどまった。
    投与は2006年から2年間。当初は毎日投与し、残りの1年間は2週間に1回のペースだった。




アレルギー」「喘息」「アトピー」「アレルギーの漢方薬







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬