ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




下痢の漢方薬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)









下痢に用いる漢方薬
胃風湯
  • a 下痢・直腸部邪気
    b 下痢がながく続いて、患者が衰弱している場合に用いるので、真武湯証との区別がむずかしいこともあるが、本方は炎症が直腸にあって、粘血便を出し、裏急後重の気味がある者に応じる。
    本方は残存性の炎症が腸管の下部にあって、下痢の止まない者にもちいるので、裏急後重は決して強いものではない。また下痢するときには、腹痛を訴え、大便が肛門に激突して音をたててピチピチと飛び散るのも、本方を用いる目標である。
    直腸潰瘍に用いてよく、これで全治したものもある(漢方診療医典)
    c 身体が冷えて腹が痛み、粘液便や粘血便がでるとき。ガスとそもに出る泡の多い下痢便が特徴《山田光胤》

インチンゴレイサン

温経湯

  1. 感冒性下痢に。


黄連解毒湯
  • a 膿血性、しぶる。
    b 細菌性の下痢
    c 熱があって下痢する者は、通常柴芩湯であるが、一等甚だしい者は黄連解毒湯or柴胡解毒湯を用いる。《済世薬室》
    d 大熱有りて下利洞泄する者《勿誤薬室方函口訣》


黄連湯
  • a 下痢:(腹痛ある者)
    b 腹痛・嘔気ある者に。《荒木正胤》
    c 腹痛なく雷鳴し、水瀉性の下痢は、生姜瀉心湯を考える。《済世薬室》
    d 下痢性疾患にして、腹痛し、嘔気ある証《奥田謙蔵》





葛根湯
  • a 下痢・項背強・腹痛<無し>
    b 発病の初期で、悪寒、発熱があって下痢し、裏急後重があり、脈浮数にして力のある者に用いる(漢方診療医典)
    c 感冒性下痢に


甘草瀉心湯(半夏瀉心湯甘草)
  • a 体格の良い女性で、、みずおちに力があって慢性下痢の患者にしては、体力が衰えていなかったが、1年近くの間、どんな事をしても、1日1、2回の下痢が止まらないという。下痢するときは腹が鳴るという。そこで心下痞硬、腹中雷鳴、下痢を目標にして甘草瀉心湯を与えたところ、長い間続いた下痢が止んだ。《大塚敬節》
    b 38歳男性。
    数日前より下痢がある。腹痛裏急後重はない。ゴロゴロと腹が鳴って、1日数回下痢をする。みずおちがつかえて夜はよく夢をみる。甘草瀉心湯を与える。2日分で全快した。この患者は急性の腸炎であったが、慢性のものにも効く。《大塚敬節》
    c 40歳、主婦。
    「一男一女の母。10年ほど前に急性の大腸カタルをやったことがあるが、以後慢性化してしまった。特に、油物や牛肉を食べると、すぐ下痢してしまう。下痢は1日1~2回で、下る時に腹が鳴って、軽い腹痛を感じる。胃も、いつもただれているようで、ときどき酸っぱい水が上がってくる。
    温灸やゲンノショウコを飲んだりしてみたが、止めると、又元に戻ってしまう。
    こういう人には半夏瀉心湯か甘草瀉心湯が向いているもので、まず甘草瀉心湯を用いたところ、10日ほどで、ずいぶん気分が良くなり、1ヶ月ほどですっかり下痢しなくなった。」《山田光胤》
    d 感冒性下痢に。


桂枝加芍薬湯
  • a (泥状・粘液便)
    b 46歳男性。
    裏急後重を伴う下痢があり、20分ぐらいの間隔で便通があった。白い粘液がたくさん出る。大便をガマンしていると、身震いが来る。腹痛はほとんど無い。食欲はあるが、味がよく分からない。口臭はあるが舌苔はない。口渇が少しある。大便のたびごとに尿が出る。脈は左手では浮大、右手では沈小弱である。腹満がある。診断は大腸炎である。右手の脈をみる。真武湯の証のように見える。しかし真武湯の証にしては裏急後重が強すぎる。左脈は浮大であるが力がない。いずれにしても大黄は禁忌である。そこで桂枝加芍薬湯を用いることにした。3日分の服用で、大便は1時間半から2時間に1行となり、大いに気分が良いという。更に3日分を与え全治した。《大塚敬節》
    c 感冒性下痢に


桂枝加芍薬大黄湯
  • a 下痢の回数は多いが、1回の量は少なく、腹痛と裏急後重があって、たえず便意を催す者に用いる。多くは左腹部の腹壁は緊張して、圧痛があり、あるいはS状部に索状物を触れることがある(漢方診療医典)
    b しぶり腹で、何回もトイレに生きたくなる。1回量は少なく、いつもまだ便が残っている感覚がある《山田光胤》


桂枝加竜骨牡蛎湯


桂枝人参湯
  • a 心下痞・有熱・脈浮
    b 傷寒論では協熱下痢に、本方を用いている。桂枝人参湯が理中湯に桂皮を加えたものであるから、理中湯を用いるような下痢で、表熱を帯びた者を目標とする。急性腸炎の初期で、下痢もあり、熱もあるものに用いるので、葛根湯証との鑑別が必要である。葛根湯証では、脈が浮数で力があり、裏急後重を伴うけれども、桂枝人参湯では脈弱でやや緊を帯びることがあるが、下痢に、裏急後重を伴うことはない。(漢方診療医典)
    c 感冒性下痢に


啓脾湯
  1. 感冒性下痢に。


香砂養胃湯


香蘇散


呉茱萸湯


五積散


五苓散
  • a 乳幼児の急性腸炎に用いる場合が多い。口渇を訴えて、水や茶をよくのむのに、尿の出が少なく、水瀉様に下痢するものを目標とする。
    腹痛や嘔吐を伴う者にもちいてよい(漢方診療医典)
    b 感冒性下痢に


柴苓湯
  1. 感冒性下痢に。


滋陰至宝湯


四逆散


四君子湯


四物湯


炙甘草湯


小建中湯
  • a 下痢、赤白、久新を分かたず、ただ腹中大いに痛む者を治して神効あり。その脈弦急、或いは浮大、之を按じて空虚、或いは挙按し、皆無力なる者、是なり。《雑病翼方》
    b 急慢の下痢等にして、腹部軟弱なるも腹筋攣急し、脈、或いは浮大にして虚なる証。《奥田謙蔵》


小青竜湯


真武湯
  • a (泥状~水様便)
    b 下痢・嘔吐・腹痛・虚寒証
    c 少陰病の表証が去って裏証に陥ると、下痢嘔吐、腹痛、四肢の厥冷、脈沈微などの状を現す。このさいには四逆湯を用いる。また太陽病や少陽病で便秘している者を陽明裏実の便秘と誤診して下剤をかけると、太陰病となって腹痛、嘔吐、下痢などを起こすことがある、これには真武湯、または四逆湯を用いる。
    d 1日に2,3回~4,5回くらいの下痢で、それが長く続いて治らない者に用いる。
    この処方の適する下痢は、腹痛を伴うことはあっても、軽く、裏急後重を呈することはマレである。
    まれに大便を失禁することがある。
    大便は水様のもの、泡沫状のもの、粘液や血液を混ずるものなどいろいろ。腹部は軟弱無力で、振水音を証明することがあり、ガスがたまる傾向がある。脈は沈弱、遅大弱のものが多く、足が冷える、疲れやすく、血色もすぐれず、舌は湿っていて、苔の無いものが多い。
    下痢していても、食欲にはあまり変化も無いものが多いが、下痢を恐れて、食を減じているものがある(漢方診療医典)
    e 1日の回数は多くないが、長期にわたって続く下痢《山田光胤》
    f 感冒性下痢に
    g 大便の性状は、水様性のもの、泡沫状のもの、粘液や血液を混ずるものなどいろいろである。《大塚敬節》
    h 裏急後重は少なく、まれに失禁する者がある。《大塚敬節》
    i 真武湯の下痢は2、3回~4、5回で、10数回に及ぶことはほとんど無い。腹痛を伴うこともあるが、痛みは軽く、劇痛はまれである。《大塚敬節》
    j 25歳男性。研究室勤務、腹がペシャンコでみずおちをややくと、水の音がする《山田光胤》
    k 古人が五更瀉とか、鶏明下痢とか呼んだ、夜明け頃の常習性の下痢に真武湯の効くものが多い。《大塚敬節》
    l 八味丸などの地黄剤を飲むと、食欲が減じたり、下痢したりする者に良い《大塚敬節》


参蘇飲

参苓白朮散
  • a 下痢<水様>・気うつ傾向・腹鳴
    b 啓脾湯と参苓白朮散の2方は同じような下痢に用いる。下痢が長引き、栄養が衰え、皮膚に光沢がなく、枯燥し、貧血の傾向のあるものに用いる。この場合、裏急後重は無く、腹痛はあっても軽微である。真武湯を与えて、効の無いものに、此方で治るものがある(漢方診療医典)
    c 虚弱体質の人や子どもに。甘いのでこどもも喜んで飲みます《山田光胤》
    d 5歳男児。生まれつき胃腸が弱く、いつも下痢ぎみ。大便は黄色くて粘液は出ない。ご飯をあまり食べず、お菓子が好き。牛乳を飲むととうもよくない。《山田光胤》


清暑益気湯

大黄牡丹皮湯
  • a 痢病、魚脳の如きを下す者に用いれば効を奏す。もし虚する者、「駐車丸」の類に宜し。《勿誤薬室方函口訣》
    b 痢失久しく差えざる者は腸胃腐爛して赤白を下す者と見倣すことは《後藤艮山》の発明にして、《奥村良筑》その説に本づき、陽症には此方を用い、陰症には「」を用いて、手際よく治すと云う。古今未発の見と云うべし。《勿誤薬室方函口訣》
    c 魚の臓腑の腐ったような悪臭のある膿血を下し、裏急後重があって、下腹部が充実した感じで、この部に圧痛の著明者に用いる。ことに左下腹部に圧痛の強いものがある。《大塚敬節》


大柴胡湯
  • a 60余歳、女性、「痢疾患い、嘔吐下利日に数十行、後重甚だしく、元気頗る疲れる。医人に治を施して益々劇し。余、大柴胡湯を与えてこれを下す。両日、熱大いに減ずと雖も、膿血止まず、飲食進まず、精神疲労す。因って断利湯《備急千金要方》を与え、赤石脂丸を兼用す。後膿血止み、を発し、小便不利す。橘皮竹茹湯を与えてを治し、真武湯を与えて癒える。その子も亦噤口痢を患い。ほとんど危篤なり。余、断利湯を与え、兼ねるに香連湯を以て治するを得たり。《橘窓書影》
    b 下痢のある患者で胸脇苦満、心下痞硬、悪心、嘔吐、口渇などある者に用いる。多くは腹痛と裏急後重があり、舌には褐色または黄色の苔がつき、脈には力があるものを目標とする。葛根湯を用いて悪寒がとれて後に本方をもちいることが多い(漢方診療医典)


大承気湯
  • a 実熱・陽明病
    b (食中毒による下痢・吐き気、粘液・膿性、腹痛)
    c 「京師麩屋街の賈人某は、天行痢(流行性の下痢)を患う。一醫之をす。度数頗る減ずと雖も、尚臭穢を下すこと日に一再行、飲食味無し。身體は羸痩し、四肢に力なし。その年月に至りては益々甚だし。衆醫效なし。《吉益東洞》先生之を診し、大承気湯をつくりて之を飲む。数日にして全く治す。」《建珠録》
    d 「京師麩屋街の賈人、近江屋嘉兵衛の男、年十有三。天行痢を患う。裏急後重し、心腹刺痛して噤口三日、苦楚(=苦痛)し、呻吟し四肢席を撲つ諸委效なし。
    《吉益東洞》先生之を診す。大承気湯をつくりて之を飲ましむ。毎貼の重さ十二銭。少焉(わずかな時間が経過する)ありて蒸振し、熱煩し、快利傾けるが如く、即ち癒ゆ。」《建珠録》
    e 痢疾、大熱、腹満し、痛錐(キリ)にて刺すが如く、口舌乾燥し、或いは破裂し、大便日に数十百行、或いは便膿血の者を治す《類聚方広義》
    f 熱はあっても、悪寒、悪風などの症状はなく、下痢せんとしても、なかなか通ぜず、裏急後重が強くて、頻々と便意を催し、ひどくのどが渇き、舌は乾燥し、時に黒苔を生じ、時に悪心を訴え、或いは譫語を云ったりする者に用いる。このような時は、速やかに大承気湯で下すべきで、下す時期が遅れると危篤に陥る恐れがある。このさい大黄・芒硝などの量は1日分10g以上を用いて、十分に便通をつけるようにする。これで大便が快通するようになれば、諸症はすべて軽快する。《大塚敬節》
    g 心下硬痛、純青水を下利し、譫語、発渇、身熱を患うを治す。庸医此の証を識らず、ただ下利を見て便ち呼んで漏底傷寒と為して、便ち熱薬を用いて之を止む。すなわち薪を抱いて火を救うが如し。死者多し。殊に知らず、此れ熱邪裏に伝うるに因り、胃中の燥屎結実し、此の下利は内寒にして下利するに非ず。乃ち日を逐い自ら湯薬を飲んで利するなり、宜しく急に下すべきを。名づけて結熱利症と曰う。身に熱ある者宜しく此の湯を用いるべし。:「人参・当帰・甘草」《傷寒翼方》
    h 禁口毒咽喉に衝くもの。《方読便覧》


猪苓湯


桃核承気湯
  • a (膿血痢)
    b 色紫黒に腹痛常に異なる者、これ血となす。その人、形気盛なる者、宜しく此湯を服すべし。《雑病翼方》
    c 《陳念祖》曰く、血を行らせば則ち膿血自ら癒え、気を調うれば後重自ら除くと。《雑病翼方》
    d 痢疾、身熱し、腹中拘急し、口乾き咽燥き、舌色殷紅にして、膿血を便する者を治す。《類聚方広義》


当帰芍薬散


当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  • a 冷えで誘発される下痢
    b 夜明け近くになると、腹が痛んで下痢するという者に効く場合がある。《大塚敬節》


二陳湯乾葛・白朮・神麹


人参湯
  • a 寒泄の下痢
    b 下痢・虚寒
    c (泥状便・アヒル便・水様便)
    d 感冒性下痢に。
    e 下痢<水様>・多唾・利尿
    f 老人寒暑の候毎に下利し、腹中冷痛し瀝瀝として声有り、小便不禁にして、心下痞硬し、乾嘔する者に宜し。若し悪寒し、或いは四肢冷ゆる者は附子を加ふ《類聚方広義》
    g 下痢の患者に人参湯を用いる場合、真武湯証との鑑別が問題になる。人参湯は胃にかかり、真武湯 は腸にかかる。そこで人参湯では胃からくる症状、例えば食欲不振・嘔吐・気などがみられ。また胃痛・胸痛などを伴うことがある。
    これに反し真武湯証では、胃からくる症状は少なく、下痢が主である。患者が生気に乏しく、血色すぐれず、冷え症で、脈にも腹にも弾力がない点は、人参湯、真武湯ともに共通である。しかし私の経験では、慢性下痢には人参湯証よりも、真武湯証の方が多いように思う。《大塚敬節》
    h 水様便が顕著なら:茯苓、or白朮を増量。《中医処方解説》


人参養栄湯 


八味地黄丸
  • a 八味地黄丸は胃腸の弱い下痢する傾向の者に使ってはいけない
    b 八味丸の効く下痢はまれである。むしろ八味丸を用いたために下痢を起こす者すらある。事に悪心・嘔吐・心下痞硬などの胃の症状を伴う下痢には禁忌である。《大塚敬節》
    c 糖尿病や腎臓炎などからくる下痢には、八味丸でなければならないものがある。このような代償性の下痢と思われるものには五苓散を用いて良い場合もある《大塚敬節》


麦門冬湯  


半夏瀉心湯
  • a 某妻、年40餘、心下痞硬、時々雷鳴して下利し、飲食進まず、日々背悪寒し、被覆し火に向かわんとす、衆治効なし。余診して「半夏瀉心湯+附子」を服せしむること数日、悪寒止み、漸々に和す。《橘窓書影》
    b 心下痞硬。腹鳴、下痢を目標にして用いるが、悪心、嘔吐を伴うもにに用いてよい。腹痛を伴うこともあるが、はげしい痛みでは無い。下痢は裏急後重を伴うことはなく、サッと下る。下痢の回数の多いときは甘草瀉心湯を用い、噫気を伴うときは生姜瀉心湯とする(漢方診療医典)
    c 慢性のものでも、体力、気力ともに、まだ衰えず、心下痞硬、腹中雷鳴、下痢のある者に用いる。血色のよいやや肥満した婦人で、沢庵を食べたり牛肉を食べると、すぐに下痢がはじまるものに、心下痞硬、腹中雷鳴、下痢を目標にしてこの方を用いる(漢方診療医典)
    d 感冒性下痢に


平胃散
  • a 排便前に痛み、排便後に腹痛が減少。腐敗臭がある、明け方の水様性の下痢、嘔吐、だるい
    b 酒の飲み過ぎで下痢
    c 下痢に:「茯苓・白朮各3.0g、丁字1.0g」
    d 下痢に:「3.0g、半夏4.0g」《龍野ー漢方処方集》
    e 滑泄に:「2.5g」《龍野ー漢方処方集》
    f 粘液下痢:「呉茱萸3.0g」《龍野ー漢方処方集》
    g 下痢で腹痛がひどく、出ると腹痛が少し治り、匂いが卵の腐ったような症:「香附子・縮砂・草果・・麦芽」


補中益気湯
  • a 下利には:「芍薬・沢瀉各3.0g、茯苓4.0g」
    b 下痢が止まらない:「白芍薬・訶子・
    c 瀉利及び産育、気虚脱し、脈濡・弦の者を治す:「芍薬・・茯苓柴胡」《方読便覧》
    d 痢疾、泄瀉、虚に属し、長い間治らず、諸薬の応じない者《矢数道明》



麻黄湯
  1. 悪寒、発熱、身疼痛し、腹部壮熱して渇し、下痢すること頻回なる等の証。《奥田謙蔵》


六君子湯
  • a (痰泄の下痢・軽症)
    b 一男あり、食を停め痢を患い腹痛して下墜し、或いは疎導の剤を用い、両足脹腫し、食少なく、体倦し、煩熱して渇を作し、脉洪数にして之を按じて微細なるを治す:「六君子湯乾姜・肉桂・呉茱萸・五味子」《薛立斎十六種》
    c 一老婦あり、食後怒るに因りて痢を患い、裏急後重し、脾気下陥に属する者を治す:「附子・・木香・呉茱萸・破故紙・五味子」《薛立斎十六種》
    d 諸止瀉の薬の応じない者《矢数道明》


理中湯
  • a 胃腸の弱い人が、腹を冷やしたり、冷たいものを飲んだりして、下痢する者によい。
    b 腹痛、嘔吐を伴う者によい
    c 脈は沈遅または遅弱のものが多く、冷え症で、口渇はなく、舌は湿っている
    d 下痢しても裏急後重は無い。乳幼児に多くみられる(漢方診療医典)


六味丸






漢方療法
漢方療法(日本漢方)

古い時代には下痢を下利と書き、また単に利とも呼んだ。
また痢とも書く。
《黄帝内経素問》には痢のことを帯下と呼んでいる。後世になって痢のことをと呼んだり、帯下と呼んだりするのは、これに基づいたものである。

このように古代では、単に下痢する疾患を利or帯下としたが、後世になって下痢する病気を大きく「痢疾」と「泄瀉」の2つに分けるようになった。
  1. 痢疾は粘液または粘血便を下して裏急後重のあるもの、例えば赤痢及び是に類する直腸炎などを指し、
  2. 泄瀉は下痢するけれども、裏急後重のないものを指している。
  3. また徳川時代に“疫痢”と呼ばれた病気は、痢疾が流行性に伝染する場合をいったもので、今日で云うところの疫痢とは全く異なる。《大塚敬節》
    1. 熱症:
    2. 熱利虚証を治す
      • 「白頭翁湯」
        「参連湯」
    3. 挟熱下利を治す:
    4. 寒熱錯雑の下利を治す:
      • 「正観湯」《外台秘要方》
        「断利湯」《備急千金要方》
        「烏梅丸」《傷寒論》
    5. 積滞利を治す:
      • 「桂枝加大黄湯」
        「温脾湯」
    6. 裏寒下利
      • 「世医病を治するに但、熱は寒治を以てし、寒は熱治を以てするを知るのみ。此を外にし総べて講ぜざるなり。もし臍以下、皮寒に、腹脹を見れば、寒熱固結に似たる有るも、まことに胃中虚寒の候なり。或いは腸鳴泄を見れば、特に胃に寒有るのみに非ず、且つ寒を2腸に移すなり」《雑病翼方》
        1. 「調中湯」《和剤局方》
        2. 「当帰厚朴湯」《仁斎直指方》
        3. 「高良姜湯」《奇効良方》
        4. 「理中湯」《仁斎直指方》
        5. 「良姜湯」《奇効良方》---腹痛あり
    7. 下利吐利
      • 虚証、四肢が冷える・・・人参湯
        実証・・・・・・・・・・・・・・・・黄連湯+茯苓《済世薬室》
    8. 下利、薬を受け食を受けざる者を治す:《本朝経験》
      • 「半夏、茯苓、芍薬、大黄、桂枝、姜5片」水煎。按ずるに桂枝加芍薬大黄湯の証にして嘔する者、此を用いて大いに験あり《雑病翼方》


下痢の治療にさいして、その下痢が虚痢でああるか実痢であるかを知る必要がある。《大塚敬節》
  1. 実痢
    1. 下痢というほど便は下らず、ただ裏急後重がひどくて粘液や粘血を下す。
    2. 粘液が出ても、いつまでも後重があって、便意が残る。
    3. 下痢すると反って気持が良い。
    4. 処方:
  2. 虚痢
    1. 便所に行くと、1滴だけぼっちりと粘液または粘血が出ると、それで後重が減ずるのは実痢ではなくて、虚痢である。
    2. 下痢すると、気持が良くならないばかりか、反って疲れる。
    3. 処方:
  3. 虚実中間痢
    • 「甘草瀉心湯」






下痢について
【協熱下痢】 =体表には熱があり、胃腸には寒があって、下痢しているものを云う。だから、人参湯を用いるような患者で、悪寒・発熱があると、桂枝人参湯を用いる。《大塚敬節》
【協熱痢】 (きょうねつり)
=協熱下痢。表に熱があって下痢するものをいい、桂枝人参湯の証。
【虚痢】 (きょり)
=真武湯を用いなければならないような虚証の下痢。
【口糜瀉】 (こうびしゃ)
=口内炎を伴う下痢。
【休息痢】 (きゅうそくり)
=下痢が発作性に起こって長い間なおらないもの。
【自利】 (じり)
=自然に下痢する。
【実利】 (じつり)
=実証の下痢。大柴胡湯や大承気湯で下してよい下痢。
【泄】 (そんせつ)
消化不良の下痢。「」は夕食。《素問:陰陽応象大論》
【清穀】 (せいこく)
=完穀下痢。不消化下痢。
【泄瀉】 (せっしゃ)
=下痢すること。
「泄痢」「溏泄」「瀉利」などともいう。「下利」とも書く。
《傷寒論》《金匱要略》には下利とある。
後世になって、泄瀉と痢疾を区別した。泄瀉は下痢する病の総称で、痢疾は赤痢またはこれに類する病状のものをいった。《漢方診療医典》
【疝瀉】 (せんしゃ)
=鶏鳴下痢、五更瀉に同じ。
【疝利】 (せんり)
=冷え腹の下痢。
【熱利】 (ねつり)
=肛門に熱感のある下痢。




中国漢方 症状 処方




悪寒・腹痛・腹鳴・腹満がある水様性・無形の下痢便。
「鴨の糞みたいな(ペチャペチャ)便。」
五苓散」「四柱散」
「春沢湯」
「治中湯」
「附子温中湯」
「附子理中湯<2>
「平胃散+理中湯」
「理中湯」
「六柱散」




気虚による下痢。
食後すぐに下痢する。
「腹痛はないことが多い。」
「疲労で胃腸機能が衰え、消化されずにおこる下痢。」
加味四君子湯」
五苓散
「養元散」
「四君子湯+木香・縮砂・蓮肉・陳糯米」作末し砂糖水で調服。
「升陽除湿湯<2>」
「参苓白朮散」
「参苓蓮朮散」
「銭氏異功散」
「銭氏白朮散」  




夏の暑さに負けて起こる下痢。
口渇・胸悶・尿赤色で、水が吹き出すような暴瀉便である。
「益元散」
「柴苓湯」
「升麻葛根湯」
「清暑益気湯」
「清暑六和湯」





寒湿を受けて、脾の消化・運化機能が低下し、水穀を消化できずに起こる下痢。
「水様便。水だけ降り、腹痛しない。」
「胃風湯」「胃苓湯」
「衛生湯<1>」
五苓散
「三白湯」「瀉湿湯」
「万全丸」
「万病五苓散」

風邪が胃腸に入ると大便にならず下痢する。 「胃風湯」
「桂枝麻黄湯」

口が乾き冷たいものを好み、痛みと瀉が交互に繰り返す。 「四苓散+木通・滑石・黄・梔子」
「万病四苓散」

「八柱散」「禹余粮丸」
「固腸丸」「実腸散」
「万全丸」「木香散」


米穀が消化されず排泄される症。
「症勢は、食べないと止まるが、だが食べると又下痢する。」
「加減木香散」
「蒼朮防風湯」
「防風芍薬湯」

または下りまたは下らず、或いは多く或いは少なく。 「海青丸」
「二陳湯+乾葛・白朮・神麹」
「万病二陳湯」
「六君子湯」


下痢で腹痛がひどく、出ると腹痛が少し治り、匂いが卵の腐ったような症。 「枳朮丸

「香茸丸」 
「平胃散+丁香・縮砂・乾葛・麦芽・神麹」
「理中湯+生姜」

四肢と全身が重く、を害し、顔色が黄色くなる症 「香砂理中湯」
「呉茱萸湯」
「固中丸」
「調中健脾丸」


/

毎日五更に1回づつ下痢する。 「五味子散」


毎五更初に洞泄して、諸薬の効なき症。 「四神丸」
「二神丸」

太陽が太陰に伝わって起こる。 「漿水散」
「朝真丹」


厥陰経が動ずると下痢が止まらず、脈遅、手足がしびれ、鼻水と唾から血膿みが出る 「桂枝麻黄湯」
「四神丸+補中益気湯」
「麻黄升麻湯」








<1>ユーカリ:
  • ウイルス感染の疑いがある時。

<2>カミルレ:
  • 食物アレルギー

<3>カミルレ・ラベンダー・ネロリ:
   「恐怖・不安・ストレスで下痢。」
<4>安息香・ジンジャー・フェンネル・ブラックペパー:
   「下痢に伴う苦痛を緩和 します



<1>黄色
<2>青緑色
<3>藍色




○イシミカワ・イワタバコ・ウメ・オウレン・オオバコ・オキナグサ・カキ・カタツムリ・カニ・カラタチ ・キハダ・キンミズヒキ・クズ・クララ・クリ・ケイトウ・ゲンノショウコ・ゴシュユ・サクラ・ザクロ・サネカズラ・サル トリイバラ・サンショウ・シャクヤク・ジャケツイバラ・ショウガ・シラン・スイカズラ・スギナ・スッポン・スベリヒユ・センブリ・ソクズ・ソテツ・ダイコン・チ ョイウセンニンジン・ツチアケビ・ツユクサ・ツワブキ・トクサ・トチノ キ・ナギナタコウジュ・ナズナ・ナタマメ・ナンテン・ニッケイ・ニラ・ ニワトリ・ニンニク・ネギ・ノビル・ハス・ビワ・フナ・ヘクソカズラ・ホオノ キ・ボケ・ヤマモモ・ムクゲ・ヨモギ・ヨメナ・リンドウ・ワラビ・ワレモコウ
針灸のつぼ
“えきりだと気付きし時はいち早く気海、天枢、命門(小児用)”

“びいびいと腹下りて痛むには水分、機会、梁丘、天枢”



(腎陽虚の下痢)・・・
  • 「中」「天枢」「腎兪」「脾兪」「命門」「足三里」

(湿熱の下痢)・・・
  • 「天枢」「合谷」「陰陵泉」「上巨虚」「」「下巨虚」

(水瀉性下痢)・・・
  • 「梁丘」「

(鶏鳴下痢)・・・「崑崙」


チェック
薬剤性の下痢(重度の下痢)」「赤痢」「急性下痢」「慢性下痢」「乳幼児の下痢」「食中毒」「スプルー」「下痢と便秘を繰り返す」「アメーバ赤痢







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬