情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/




ギックリ腰






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)




腰椎椎間板ヘルニア

腰痛







ぎっくり腰
ぎっくり腰のタイプ
  1. 椎間板タイプ
    1. 特徴
      1. 腰から踵・膝の後ろの方へ痛みが走る
      2. 動けないことが多い
    2. 治療
      1. ハリで著効することがある
      2. 患部を温めると良くなる
  2. 出血タイプ
    1. 特徴
      1. かかと(踵)の方は痛まない
      2. 動ける場合が多い
      3. 時間・日数がたつと痛む場所が下がってくる
    2. 治療
      1. 先ず、出血を止めることにポイントがある。患部を冷やし、冷湿布する。
      2. 風呂は避けた方がよい
      3. 出血が止まってから、患部を温める

ギックリ腰・・・・魔女の一撃
  • 重いものを持ち上げようとした瞬間に腰に突然、激痛が走るのがギックリ腰。イスから立ち上がる、顔を洗うといった日常の何気ない動作も引き金になる。特に1日中、パソコンなどに向かって仕事をする人は、腰の筋肉が弱るので注意が必要だ。
    会社員のKさんは顔を洗っていて、曲げていた腰を伸ばした瞬間、声も出せないほどの痛みを感じた。痛みの激しさや突発性などから“魔女の一撃”と呼ばれるぎくり腰の典型例だ。同じ姿勢を長時間続けた後に急に体を動かすと、起こりやすい。
    ギックリ腰とは、腰にある椎間関節の捻挫を主に指す。同じ姿勢を続けると腰に偏った負荷がかかり、腰の周囲にある腹筋や背筋が疲れる。この状態で急に、それまでと違う向きの力が加わると、疲れていた筋肉がその力を支えきれずに断裂、関節部が損傷を受ける。
    重いものを持ち上げたり、体を常に動かしている仕事だと、意外にギックリ腰になりにくい。腰を支える筋肉が日常的に鍛えられているためだ。
    同じ姿勢を続けると、筋肉が疲労し硬直してくる。そのため急に今までと違う動作をすると、それがキッカケになってギックリ腰を起こす。
    足にシビレが残らない限り、一過性のギックリ腰とみてよいが、椎間板ヘルニアや腰・背骨の骨折が原因の場合もある。
    骨にできた悪性腫瘍が見つかった例もある
  • ギックリ腰
    • 痛みを抑える治療では麻酔薬を注射し、痛みの伝達経路を遮断する、「神経ブロック」が普及しつつある





ぎっくり腰の漢方薬
  1. 葛根湯
  2. キュウキキョウガイトウ
    1. 椎間板に異常がなく、下肢に痛みが走らない者に用いる
  3. 桂枝茯苓丸
  4. 五積散
  5. 八味地黄丸




TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬