ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



銀翹解毒丸



通 販 カタログ 病名(症状)



 使える病気 ・かぜによる、ノドの痛み、
・せき、口の渇き
頭痛

銀翹解毒丸
(応用)
咽痛
悪風
かぜ
口渇
頭痛
せき
発熱
無汗







目標
・表熱(風熱の表証)に用いる。

・発熱・微悪風寒・無汗あるいは汗がスッキリでない・頭痛・口渇・咳嗽咽痛。

・喉の発赤


解説
★中国清代(温病条弁)に記載の《銀翹散》の芦根を羚羊角に代えた処方で、清熱効果をより高めた、辛涼解表・清熱解毒の方剤です。


連翹・牛蒡子・薄荷・金銀花・淡豆v・・・・辛涼解表
荊芥穂・・・・辛温解表
桔梗・・・・利咽化痰
淡竹葉・羚羊角・・・・清熱



★表熱に用いる処方です。





注意
○悪寒の強い者には不可。
○高熱を伴う感染症には不可。
○強い鼻水、痰がからむ咳には不可。



【構成生薬】
連翹・金銀花・甘草・牛蒡子・桔梗・淡豆v・薄荷・淡竹葉・荊芥・羚羊角



鑑別
銀翹解毒丸 辛涼解表(表熱に)
麻黄湯 辛温解表(表寒に)
葛根湯 辛温解表(表寒に)
小青竜湯 辛温解表(表寒に)
川T茶調散 辛温解表(表寒に)






2006から続くnaoru.com/ブログ(draun)ブログ(google)通販カタログ副作用 |
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved