産地偽装

JAS法で産地表示が義務づけられた。
  • 元素分析を広めよう。
    栽培地の土壌によって無機元素の組成が異なるために、亜鉛・カリウム・マグネシウム・アルミニウム・鉄・銅など24種類の無機元素で産地が判別できる。
    判別できる食品には、
    等がある。



農作物の水分子を調べ、産地を特定
  • 2015年、NTTはレーザー光を使ったガスセンサーで農産物や加工品などの産地偽装を簡単に見分けられる技術を開発した。
  • 農作物に含まれる水の組成を調べる。
  • 水の分子にはわすかに重さが違う同位体という3種類の分子が存在する。海の近さや気温差など地域の気候によって農業用水などが含む同位体の比率が違う。
  • 新技術は農産物を加熱し出てきた水蒸気をセンサーで調べ、産地を推定する、
  • 実験では日本やチリ、カリフォルニア産のレモンの果汁を見分けることができた












TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬