ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ガラス



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






広告


関連情報 宝石療法」「宝石の不思議
色彩療法」「結晶シリカ(二酸化ケイ素)
栄養療法」「音楽療法」「漢方薬





ガラス
  • 透明な硝子を作るにはけい砂が必要




伸びるガラス
  • 2014年、東京工業大学と旭硝子のチームは、高温にするとゴムのように伸び縮みする特殊なガラスを開発した。
  • 無機成分でできた普通のガラスと違い、リンや窒素を主成分に作った。
  • 230℃まで加熱すると、棒状のガラスが伸縮する。
  • このガラスは伸ばしてから冷やすと分子がきれいに並ぶため、特定の波長の光だけを通す偏光フィルターにもつかえる。

見えないガラス
  • 2012年、日本電気硝子は光の反射を極限にまで抑えた「見えないガラス」を開発した。通常のガラスは光を約8%反射するために照明などが映りこむが、今回開発したガラスは反射率を0.2〜0.6%に抑えたため何も映らずガラスの存在に気づかない。






情報の記録を・・・3億年
  • 2014年、日立製作所と京都大学は、大容量の情報を3億年以上残せる技術を開発した。
    光ファイバーなどに使う石英ガラスに微小な穴を開けて記録する。
    5ab角の板なら映画1〜2本(ブルーレイディスクと同等)記録できる。
    公文書や文化財の記録用に3年後の実用化を目指す。
    普通のガラスは二酸化ケイ素(石英)が主成分で、ざまざまな成分を含む。
    しかし、石英ガラスは不純物が極めて少なく、熱や放射線に強い。








TOPなおるナオル宝石病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬