情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/




グルコバイ






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








糖尿病
糖尿病薬
血糖値が高い
HbA1c
1型糖尿病
糖尿病性腎症
低血糖
糖尿病神経障害
インスリン受容体異常症
糖尿病性ケトアシドーシス
消渇





糖尿病治療薬
食後過血糖改善薬<α-グルコシダーゼ阻害薬>
一般名 アカルボース
商品名: 「グルコバイ」
作用
機序
スターシス
効能・
用途
α-アミラーゼおよびα-グルコシダーゼ活性を阻害することで、単糖類を除く各種糖質の消化・吸収を遅延させ、食後過血糖の上昇を抑制するもの。
  • ○糖尿病の原因を治療する薬ではない







使ってはダメな者
禁忌
1.感染症(重症の者)
2.ケトーシス(重症の者)
3.炭水化物消化酵素製剤を投与中の者。
4.糖尿病性昏睡
5.本剤の過敏症
慎重

投与

が必要
1.胃腸障害
2.肝障害(重篤な者)。
3.高齢者
4.腎障害(重篤な者)。
5.大腸潰瘍の者。
6.大腸の狭窄ある者。
7.ヘルニア(重度の)。
8.他の糖尿病薬を投与中の患者。
9.ロエムヘルド症候群
相互
作用
<1>併用すると作用が増強する薬物:
1.インスリン製剤。
2.スルホニルウレア系薬剤
3.ピグアナイド系薬剤。

<2>消化器系副作用が増強される薬剤:
1.コレスチラミン
2.ジアスターゼ(などの炭水化物消化酵素)
3.ラクツロース。



妊婦へ
の影響
投与しない









グルコバイ副作用(五十音順)

  1. ・意識障害
  2. ・AL-P上昇すれば(→服用を中止すること)。
  3. ・LDH上昇すれば(→服用を中止すること)。
  4. ・黄疸
  5. ・嘔吐
  6. カユミが出ると(→服用を中止すること)
  7. ・胸部圧迫感
  8. ・空腹感(高度の)。
  9. ・ケイレン
  10. ・劇症肝炎
    • 副作用とみられる劇症肝炎による死者が1993年の発売以来、5人に上るとして、厚生労働省は2002年2/21、医薬品・医療用具等安全性情報に掲載し、医療機関に注意を呼びかけた。
  11. ・興奮
  12. ・鼓脹
    腸閉塞様の症状 腹部膨満
    鼓腸
    放屁増加
    →中止
  13. ・GOT上昇すれば(→服用を中止すること)。
  14. ・GPT上昇すれば(→服用を中止すること)。
    肝機能 GOT上昇
    GPT上昇
    γ-GTP上昇
    AL-P上昇
    LDH上昇
    →中止
  15. しびれ
  16. ・集中力低下
  17. ・消化不良
    消化器 腹部膨満
    鼓腸
    放屁増加
    吐き気
    嘔吐
    食欲不振
    食欲亢進
    消化不良
    口渇
    腸管嚢種状気腫症
  18. 食欲不振
  19. ・心悸亢進
  20. ・神経過敏
  21. ・振戦
  22. ・頭重感
  23. ・頭痛
  24. ・精神障害
  25. ・脱力感
  26. ・知覚異常
  27. ・軟便
  28. ・乳腫
  29. ・吐き気
  30. ・発汗
  31. ・頻尿
  32. ・不安感
  33. ・腹部膨満感
  34. ・浮腫
  35. ・便秘
  36. ・発疹
  37. ・ほてり
  38. ・放屁が増加する。
  39. ・味覚異常
  40. めまい








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬