情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/




グルコース
(ブドウ糖)







ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)




グリコーゲン

単糖

果糖

血液検査

糖鎖

糖尿病






グルコース
グルコースGlucose

=「ブドウ糖」=「デキストロース」
  • ブドウ糖は、ブドウの果汁に多く含まれていることから、名づけられました。


天然に広く分布している単糖
  • グルコースは地球上で最も大量に存在するのが単糖。
  • 単糖は、それ以上加水分解できない糖です。
  • 単糖の代表がグルコースです。


D体
  • 天然に存在しているグルコースの光学異性体はD体で、水に溶けやすく甘味を持つ還元糖です。


食物中の炭水化物は、
  • まずグルコースまで消化され、それ以外の単糖もいったんグルコースに変換されてから、エネルギー代謝が始まる

光合成は
植物
や植物プランクトン、藻類などの生物が生きるために必要な反応。

水と二酸化炭素(CO2)を取り込み、太陽光を受けて酸素とブドウ糖を作り出す。








ブドウ糖
ブドウ糖(グルコース)はエネルギー代謝の中で基本的な役割を果たしています


ATPをつくる
  1. ATPは高エネルギー化合物の1つで、アデノシン三リン酸のこと。
  2. 近接すると反発し合うリン酸基が3つ強制的に結合しているから、リン酸基同士の結合の間に巨大なエネルギーをためこむことができる


グリコーゲンをつくる原料となる
  1. 動物のエネルギー貯蔵体の1つで、多数のブドウ糖が重合したもの
  2. ATPの産生には利用されない。
  3. 余分なブドウ糖は、骨格筋や肝臓において、グリコーゲンに変換された上で貯蔵される。
  4. 運動時や空腹時には、グリコーゲンが再びブドウ糖に変換されて、ATPの産生に利用される


トリグリセリドをつくる原料となる
  1. トリグリセリドは、動物のエネルギー貯蔵体の1つで、中性脂肪とも呼ばれる。
  2. ATPの産生に利用されない。
  3. 余分なブドウ糖はグリコーゲンに変換されるが、グリコーゲンの貯蔵量が限られているのに対し、トリグリセリドはほぼ無尽蔵に貯蔵できる。
  4. 運動時や飢餓時には、トリグリセリドが脂肪酸を経て種々のエネルギー化合物(アセチルCoA/ケトン体など)に変換されて、ATPの産生に利用される


ブドウ糖の代謝はホルモンによってうまく調節されています








分布
  • ショ糖・セルロース・グリコーゲンなどが構成成分です。
  • 植物の果実などに大量に含まれています。
    そのほか動物の血液・脳・脊髄液・リンパ液などにも含まれています。


エネルギ源
  • 生物体の最も重要なエネルギー源で、光合成を行う植物によって二酸化炭素から生合成される。


グリコーゲン
  • 動物では食物として摂取したデンプンやショ糖がアミラーゼなどの酵素で分解されてグルコースとなり、できたグルコースは腸管壁から吸収されて肝臓に運ばれ、ここでグリコーゲンとなって貯蔵される


脳のエネルギー源
  • 脳のエネルギー源はグルコースだけです。
    「からだはタンパク質や脂質・糖質という3大栄養素のどれでもエネルギー源に利用できるのに、はブドウ糖だけです。
  • 脳の神経細胞は、ブドウ糖が酵素で酸化されて、二酸化炭素と水が出来る際に発生するエネルギー物質ATP(アデノシン3リン酸)を利用している。


血糖値
  • 血糖値を上げる時間
    • グルコース(ブドウ糖)・・・2分。
      フルクトース・・・・・・・・・25分。
      ショ糖(砂糖)・・・・・・・・5分。
      ハチミツ・・・・・・・・・・・5分














TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報針灸漢方薬