ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/




ゴーシェ病






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)










遺伝子診断

遺伝子治療



ゴーシェ病
  • 先天性代謝異常症の1つ。
  • ゴーシェ病の治療が日本でも関心を集めている。
    東京慈恵会医大小児科の衛藤義勝教授と井田博幸講師によると、ゴーシェ病は糖脂質の代謝酵素遺伝子の異常で、上手く分解できなかった物質が肝臓や脾臓などに溜まる。其の結果、血液が正常につくれなくなり、骨折なども起きる。
     

  • ゴーシェ病の原因遺伝子に変異があると、
    • 日本人で28倍、
    • 世界で6.5倍
    パーキンソン病(神経難病)になりやすい。

3つのタイプ
  • この病気には3つの型があり、神経に障害を起こさない1型が全体の6割を占めている。
  • 従来は全く治療法が無かったが、米国のジンザイム社は1990年、人間の胎盤から抽出した酵素を精製、一部を変えた治療薬を開発した。1週間に1度静脈注射すれば、1型はほぼ完治する。難点は一生必要なうえ、薬代が極めて高いこと。
  • 日本では96年秋に認可され、約40人がこの治療を受けているが、体重10kgの子供で年間2000万円の治療費がかかっている

  • ゴーシェ病の治療薬
    • (ゴーシェ病T型の治療薬)
      イミグルセラーゼ(セレザイム)













解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査