病位
病質
熱証・寒証
実証・虚証
漢方書籍
臓腑の主治薬
臓腑の引経薬






(牛黄清心丸の応用)
  1. 意識不明
  2. 胃腸虚弱
  3. イライラ
  4. 過労
  5. 驚風(急・慢性)
  6. 言語障害
  7. 健忘
  8. 口渇
  9. 口眼斜
  10. 血圧
  11. 恍惚
  12. 項背強直
  13. 四肢無力
  14. 失神
  15. 情緒不安
  16. 自律神経失調
  17. 食欲不振
  18. 心悸亢進
  19. 神経衰弱
  20. 心臓性喘息
  21. 精神混迷
  22. 精神疲労
  23. 精神分裂症
  24. 卒中風
  25. 癩狂
  26. 動悸
  27. 動脈硬化症
  28. 肉体疲労
  29. 脳貧血
  30. 半身不随
  31. 煩悶(もだえ苦しむ)
  32. 不眠
  33. ほてり
  34. マヒ
  35. めまい



牛黄清心丸の目標
  1. 過労や極度の神経疲労などで気血両虚、
    1. 心気不足となり、
    2. 実熱によるほてり
    3. めまい
    4. 口渇
    5. 不眠
    6. 動悸
    7. イライラ
    8. 情緒不安
    などの精神機能障害を起こしている者に用いる
  2. 脳神経の異常興奮と自律神経系の過亢進症状が見られる者に用いる




解説
○古来より病状が複雑で正気が衰えている場合には、辛香開竅薬と益気清心作用のある人参を用いると、神明を回復させ、扶正去邪に著効があると言われている。
  • 牛黄・・・・・・・・・・・・・・・・清心開竅
    牛黄+羚羊角・・・・・・・・・清熱解毒・涼血開竅
    竜脳+麝香・・・・・・・・・・・芳香開竅
    当帰+川+芍薬・・・・・・補血
    芍薬+甘草・・・・・・・・・・・・緩急止痛
    防風+桂皮・・・・・・・・・・・・解表・止痛
    人参・・・・・・・・・・・・・・・・・益気養心・健脾・生津
    人参+牛黄+麝香・・・・・・・扶正去邪
    犀角・・・・・・・・・・・・・・・・・清心解毒
    雄黄・・・・・・・・・・・・・・・・去痰解毒
    金箔+朱砂・・・・・・・・・・・・鎮心安神
    柴胡+当帰+白芍;白朮・・・疏肝解鬱・治頭暈目眩
    山薬・阿膠・・・・・・・・・・・・滋養強壮
    防風・・・・・・・・・・・・・・・・・去風止痙
    川・・・・・・・・・・・・・・・・・去風止痛
    茯苓・・・・・・・・・・・・・・・・・寧心安神
    桂枝+乾姜・・・・・・・・・・・・温中
    杏仁+桔梗・・・・・・・・・・・・止咳去痰
    大豆黄巻・・・・・・・・・・・・・・発表利湿
    黄+白・・・・・・・・・・・・・清熱
    甘草・・・・・・・・・・・・・・・・・・諸薬調和




こんな時にゴオウ
  • ゴルフの疲れ
    • ハーフが終わって昼食前がベスト
  • 万が一の用心に・・・救急用<被災時の救急>に
  • 寝起きがスッキリしない
  • 疲れすぎて眠れない
  • 仕事・研究でどうしても、やらなきゃならない時
    • 講演の前に
    • 論文発表など





牛黄清心丸 (和剤局方)
山薬26.3 蒲黄9.4 大豆黄巻6.6
白芍5.6 当帰5.6 白朮5.6
杏仁4.7 牛黄4,5 竜脳3,8
乾姜2.8 甘草18.8 神麹9.4
官桂6.6 麦門冬5.6 防風5.6
柴胡4.7 白茯苓4.7 羚羊角3.8
雄黄3.0 金箔120片 人参9.4
犀角7.5 阿膠6.6 黄5.6
朱砂5.6 桔梗4.7 川4.7
麝香3.8 白2.8 大棗20個



牛黄清心丸(日水清心丸)
牛黄 当帰 川
甘草 芍薬 人参
桂皮 防風 羚羊角
阿膠 茯苓 山薬
竜脳 金箔



牛黄清心丸(太上安宮丸)
牛黄 羚羊角 人参
甘草 芍薬 桂皮
当帰 川 防風



牛黄清心丸(痘疹世医心法)
牛黄 黄連 山梔子
欝金 朱砂



牛黄清心丸(中薬臨床応用)
牛黄 黄連 黄
山梔子 欝金 朱砂



牛黄清心丸(万氏方)
牛黄 黄連 黄
生梔子 欝金 辰砂



チェック
」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬会員サービス