情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/




GOT値が高い






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)














GOT値が高い
  • GOT(AST)GPTはあらゆる組織に存在し、その濃度は血清中より細胞内の方が高い。 
  • そのため細胞が障害されて、酵素が血液中に逸脱すると、血液中の酵素活性が上昇します。









臨床意義
  • AST(GOT)は主として肝細胞内、筋細胞内、赤血球内に存在する酵素。
  • 肝細胞・筋細胞・赤血球の壊死、破壊によって血中に逸脱する。
  • ASTは一部がミトコンドリアにも存在し、ミトコンドリア膜障害をきたす重篤な肝障害で血中に逸脱する
  • GOTやGPTは、細胞がブドウ糖を燃やしてエネルギーを取り出す化学反応をうまく進めるために必要な酵素の略称。

  • トランスアミナーゼはアミノ酸とα-ケト酸との間でアミノ基転移を行う酵素。
    このうち臨床的に重要なのがGOTとGPT


L-グルタミン酸

ピルビン酸
GPT ケトグルタル酸

L-アラニン

L-グルタミン酸

オキザロ酢酸
GOT ケトグルタル酸

アスパラギン酸




検査目的
  • 肝細胞・筋肉・赤血球から逸脱した酵素なので、これらの障害による疾患の検出・程度・経過把握の重要な指標。





2種類のGOT
  • GOTには
    1. ミトコンドリア由来の『GOTm』と、
    2. 細胞の上清分画由来のアイソザイム『GOTs』
    の2種類のアイソザイムがある




基準値
GOT:11〜33IU/37℃
  • 1000IU/L以上
    • 「ウイルス性急性肝炎の極期・急性増悪」
    500〜1000IU/L
    • 「ウイルス性急性肝炎の極期・急性増悪」
    100〜500IU/L
    • 「ウイルス性慢性肝炎」
    〜100IU/L
    • 「ウイルス性慢性肝炎」「肝硬変」「脂肪肝」

  1. >500KU
  2. 200〜500KU
    • [慢性活動性肝炎]
      [アルコール肝炎]
      [ハローセン肝炎]
      [サイトロメガロウイルス感染症]
      [閉塞性黄疸]
      [心筋梗塞]
      [筋ジストロフィー]
      [多発性筋炎]
      [皮膚筋炎]
      [ミオグロビン尿症]
  3. <200KU
    • [肝硬変]
      [慢性非活動性肝炎]
      [慢性持続性肝炎]
      [アルコール性肝障害]
      [過栄養性脂肪肝]
      [肝細胞ガン]
      [胆汁性肝硬変]
      [腺機能低下症]
      [進行性全身性皮膚硬化症]
      [多発性動脈周囲炎]
      [サルコイドーシス]
      [ホジキン病]
      [細網肉腫]
      [晩発性皮膚ポリフィリア]
      [急性膵炎]
      [放射線照射後]
  4. 低値
    • [透析患者]
      [尿毒症]
      [脚気]
      [妊娠]
      [ビタミンB6欠乏症]
      • ・イソニアジドなどの長期投与などでビタミンB6が欠乏する。






GOT値が高い時は
以下の疾患を考える
  1. 急性肝炎・・・
    • 500KU以上のときは急性の可能性。
  2. 慢性肝炎・・・(GPTGOT)
  3. 肝硬変・・・・・(GPTGOT)
  4. 脂肪肝
  5. アルコール性肝炎
  6. 肝腫瘍
  7. 胆汁うっ滞
  8. 心筋梗塞
  9. 筋疾患
  10. 溶血性疾患
  11. 悪性腫瘍








GOT/GPT比で分かる病態
GPTGOTがともに正常値の5倍以上でGOT/GPT比が→5倍以上
  • (<1)の場合
    1. 急性ウイルス肝炎・・初期には(>1)
    2. 薬剤性肝炎
    3. 慢性活動性肝炎
  • (>1)の場合
    1. 激症肝炎
    2. アルコール性肝炎
    3. 心筋梗塞の重症
    4. ショック
  • (≦1)の場合:
    1. ルポイド肝炎




GPT
GOTがともに正常値の5倍以下でGOT/GPT比が→5倍以下
  • (<1)の場合
    1. 慢性非活動性肝炎
    2. 胆汁欝滞
    3. 脂肪肝(過栄養性)
  • (>1)の場合
    1. 肝硬変
    2. 原発性胆汁性肝硬変
    3. うっ血性心不全
    4. 心筋梗塞の軽症
    5. 脂肪肝(アルコール)
    6. 溶血
  • (>2)の場合
    1. 肝ガン
    2. 筋ジストロフィー





血清酵素 診断目標臓器
ALP(アルカリホスファターゼ) [肝]
[胆道]
[悪性腫瘍]
ALT(=GPT) [肝]
AST(=GOT) [肝]
[心臓]
[骨格筋]
[肺]
ChE(コリンエラスターゼ) [肝]
[消耗性疾患]
[栄養]
CK
(クレアチンキナーゼ)
[心臓]
[骨格筋]
[脳神経系]
LAP
(ロイシンアミノペプチダーゼ)
[肝]
[胆道]
LDH(乳酸脱水素酵素) [心臓]
[肝]
[悪性腫瘍]
[骨格筋]
γ-GTP [胆道系]
[膵]





GOT値を下げる薬物



関連情報 アルコール性肝障害
薬剤性肝障害
肝硬変
肝ガン
激症肝炎
脂肪肝
肝膿疱
亜急性肝萎縮
肝機能障害
慢性肝炎
健康診断
GPT
γ-GTP
うなぎのキモ







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬