ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/




ゴーヤ
(ニガウリ)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)











ゴーヤ
  1. 別名:[苦瓜][ニガウリ][ツルレイシ]





共役リノール酸
  • =「CLA」
    分子を構成する炭素数(18個)はリノール酸と同じだが、「二重結合」という分子構造の位置が異なり、リノール酸とは作用や機能に大きな違いがある。
  • CLAは自然界では牛乳や牛肉に少量含まれる。
  • 牛肉を焼くと複数の発ガン物質が生成するが、このなかで、逆に発ガンを抑制する作用をもつ物質としてCLAが見つかった。

  • ラットの実験ではエサに0.1%のCLAを加えただけで乳ガン発生の抑制作用がみられ、1%のCLAを加えるとかなり大きな効果があった。

  • ノルウエーの臨床試験で肥満の男女が、毎日3.4gのCLAを12週間摂取したところ、体脂肪の重量が平均1.5kg減少した。が、体重そのもには変化はなかった。








運動なしで脂肪を燃やす
  • 脂肪分解に欠かせない酵素「リパーゼ」・・・
    脂肪は、燃えるために「遊離脂肪酸」というものに変化します。そしてその時に大切な働きをしているのが、脂肪分解に欠かせない酵素、リパーゼです。リパーゼが働いていれば、余分な脂肪をどんどん分解することができるのです。
    茨城キリスト教大学生活科学部教授 板倉弘重医学博士
    「太り気味の人・太っている人はリパーゼの働きが悪いか、あるいは少ない」
    そう、太った人のリパーゼはやる気不足…。そのおかげで脂肪はなかなか分解されません。こんな時、リパーゼを刺激して働かせるには、運動をするのが効果的…というのが常識でした。
    「なに、運動!?やっぱり運動しなきゃダメなのかい!」

  • ・・・共役リノール酸・・・
    いいえ、ご安心を。
  • なんとか運動しないで、このリパーゼを働かせたいと思いますよね?そんな時に頼りになるのが「共役リノール酸」。
  • 共役リノール酸は、リパーゼのやる気を回復して、脂肪分解を促進してくれます。
    共役リノール酸のおかげでリパーゼは活発に働き出します。余分な脂肪をバンバン遊離脂肪酸に分解し始めました!もちろん、普段から真面目に働いているリパーゼも、共役リノール酸がいればより一層活発になります。
    さらに、この共役リノール酸はこんな働きまでしてくれるのです。頑張って分解した遊離脂肪酸。しかし、血液で運ばれる間に時間が経つと…なんとまた元の脂肪に戻っちゃうんです!そこで再び活躍するのが共役リノール酸!
    実践女子大学教授 田島眞農学博士

  • 「共役リノール酸は、遊離脂肪酸が脂肪に再合成されるのを阻害する働きがあります」
    ・・・これが新常識その2!・・・
    嬉しいことに、共役リノール酸は、遊離脂肪酸が脂肪に戻っちゃうのを防いでくれるんです。つまり、共役リノール酸が体の中にたくさんあれば、特別な運動なんかしなくても余分な体脂肪をどんどん燃やす事ができるというわけ。共役リノール酸を食べて、運動ナシで脂肪を燃やす。これが新常識その2!
    熊本県立大学学長 菅野道廣農学博士
    「共役リノール酸が入っているもので、一番よく知られているのは『にがうりの種』です」


ゴーヤと薬の併用で問題
  • [クロルプロパミド]・・・血糖降下作用が増強される











解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査