ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ギュウニュウ(牛乳)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




広告



スキムミルク
必須脂肪酸欠乏症

授乳中に、
低リノール酸のスキムミルクを継続的に与えられた乳児に、
    • a 成長障害
      b 血小板減少症
      c 脱毛症
      d 魚鱗癬(ぎょりんせん)
などを引き起こすことがある。



牛乳の効能
@肺病:「常食する。」

A健康によく、肥らせる:「常飲する。」

B熱毒と胸中の煩熱を除去する

C反胃・噎膈を治す
  • 「韭汁2杯、牛乳1杯、竹瀝半杯、童便1杯、生姜半両の汁を皆混ぜて飲む。」

D消渇を治す




パスチャライズ牛乳
欧米諸国の大半は63℃で30分、又は72℃15秒加熱の「パスチャライズ牛乳」であるのに対し、日本の牛乳の90%以上は130℃2秒の高温殺菌。
  • パス牛乳は乳酸菌などの善玉菌を活かし、
  • 牛乳本来のすっきりした味を保つ。
しかし、日本では原料乳の品質改善に取り組まず不必要なまでの高温殺菌に頼りすぎたため、世界でも類を見ない牛乳になってしまった。
(平沢正夫著「日本の牛乳はなぜまずいのか」草思社)


低温殺菌牛乳は
昔ながらの方法で、62℃〜65℃で30分間殺菌する。病原菌などは全滅するが「乳酸菌など有益な菌は生き残る」




マサイ族
高血圧患者が1人もいなかった
  • 1986年〜87年にかけてアフリカのマサイ族を訪れた。マサイ族は主にキリマンジャロ山麓に住む種族で、普通はサバンナで遊牧しながら生活している。彼らを検査してみて驚いたのは、高血圧患者が1人もいなかったことだ。
  • 調べた50代のほとんどが正常血圧で、日本から持ってきた血圧計が壊れているのかと思ったほどだ
    20世紀初頭、欧州の学者はアフリカを「高血圧のない大陸」と称した。ところが我々が訪問した1980年代後半になると、都会では50代前半の人々の約半数が高血圧だった。ただ、この地のマサイ族だけは例外で、アフリカの良さを保持し続けていた。


当時、マサイ族は調理に塩を一切使っていなかった。
  • ナトリウム不足を心配されるかもしれないが、ちゃんと秘密がある。老若男女を問わず、1日平均すると2〜3gもの発酵乳を飲んでいる。原料の牛乳は良質のタンパク質。他の食事から塩を全く摂らなくても、これだけの量を飲めば、食塩に換算して約2.5gのナトリウムが摂取できていることになる。
  • さらに、食べ物に塩を加えなくても普通は1日に3gの塩分がとれる。これで十分。もちろん高血圧になるはずがない。
    牛乳にはカリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル分も豊富だ。
  • ただ、いくつかの栄養素が不足するのを、一体どうして補っているのだろうか?
    たとえば、食物繊維を補うため、トウモロコシの粉を混ぜて飲む『マズイワ』と呼ぶが、オートミールによく似ていて口にすると結構いけた。

  • ウシの首を矢で一刺しし、その血を発酵乳に混ぜて飲む風習もあった
  • (家森幸男・武庫川女子大国際ヶ公開発研究所長)2006.5/14《日経》



成分 人間の乳 ホルスタイン
牛乳
ジャージー
牛乳
ヒツジ
の乳
山羊
の乳
タンパク質 1.76 3.32 3.92 3.83 5.53
脂質 4.03 3.40 5.37 3.98 6.31
乳糖 6.25 487 4.93 4.40 4.58
灰分 0.25 0.68 0.71 0.83 0.91





メラトニン 夜間搾乳したほうが昼間搾乳した生乳よりメラトニンの含有量が多い
皮膚の傷
を治す成分
「オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)の研究グループは皮膚の損傷の治癒を早める牛乳成分を見いだした。動物実験で効果を確認、臨床実験の準備に入った。包帯に混ぜて傷を早く治したり、化粧品に応用してシワを減らすの役立てたいとしている。この成分はチーズを作る際に残留する液体に含まれる。抽出して粉末化する製法の特許も取得
虫歯予防
タンパク質
「オーストラリアのメルボルン大学の研究グループは、牛乳から虫歯の進行を食い止める効果があるタンパク質を抽出した。虫歯は虫歯菌が砂糖を食べたときに出す酸によって歯のリン酸カルシウムが溶けることで生じる。此のタンパク質はリン酸カルシウムが溶け出すのを防いで、虫歯の進行を抑制する効果があるという。
エネルギー 廃棄牛乳からエネルギー
明治乳業は工場の廃棄牛乳をメタン発酵で高速処理し、発生するメタンガスをエネルギーに利用する仕組みを開発する。

メタン発酵は、メタンを生成する嫌気性の菌で有機物を分解させる処理方法。
焼却に比べて二酸化炭素(CO2)排出量を軽減できる



牛にハーブを食べさせると牛乳はどうなるか
牛乳を一口飲んだ瞬間。
ミントの香りが広がる。
清涼な風味が、普段は口の中に残る独特の臭みを消す。さわやかな後味から、牛乳が苦手な人にも好評だ。香料を加えていないにもかかわらず、牛が食べたミント成分が牛乳に入っている。
淡路島で年間、生産される牛乳は、約7万トン。県全体の約4割にあたる。県立淡路農業技術センターで(三原町)で、乳牛を研究する高田修・畜産部主任研究員は6年前、農林水産省から示されたある研究に心を引かれた。
「牛にハーブを食べさせると牛乳はどうなるか」
ハーブは薬草や香草の総称。香りがもたらす“いやし効果”が人気を集める。「よし、やろう」。1998年、計画がスタート、ハーブ20種類を選んで栽培。エサに混ぜて日に2回、食べさせた。
実験の結果、
ペパーミントを食べた牛の牛乳は、乳の臭みが消えていた。
アニスを与えると、濃厚で甘く、
バジルはあっさり、と風味がかわり、化学分析で、ハーブの成分が牛乳に入っていることも確認できた。乳牛の血液が「乳腺細胞」でこされて牛乳は出来る。牛が食べたハーブの成分は、胃腸で吸収されたあと血液に入り、乳腺細胞を通過する。
もし、エサになる植物に有害物質が付着していれば?



牛乳の風味を香料で再現
コクも再現

2014年、長谷川香料は牛乳の風味などを再現できる香料を開発した。牛乳の味や香りを植物性油脂と混ぜることで、コクも再現。缶コーヒーなどどに使えば、原料の牛乳使用量を3割減らすことができる。
  • 開発した香料は「ミルクコロイド」
  • スポーツドリンク向け香料などで培ってきた「エマルジョン」(乳濁液)と呼ばれる技術を活用した。


エマルジョンとは、
水と油のようにお互いに混ざらない2種類の液体が、片方が細かな粒となって他方の液体に分散している状態を指します。
  • マヨネーズもエマルジョンの1種。





ホエイタンパク質
牛乳に含まれるタンパク質の約20%を占める。
  • 筋肉つくりとしてプロテインなどに使われている。
  • ホエイタンパク質を酵素で加水分解したものはホエイペプチドという。
  • ヨーグルトの上澄み液などにも含まれている。








→「CSPI


ブルセラ





焼却場近くの牧場牛乳にダイオキシン

「ごみ焼却場に近い牧場の乳牛から搾った牛乳には、遠くのものよりも高いダイオキシンが含まれることが、帯広畜産大学の中野益男教授(環境生化学)の調査で分かった。中野教授は「牛乳に欧州並みのダイオキシン濃度規制をかけるべきだ」と警告している。
調査は昨年4月と12月に実施。焼却場から5km以内で
牛乳・・・・・・・0.2ピコc/1g
乳脂肪・・・・・4.6ピコc/1g
(ドイツでは5ピコc/1g以上検出された乳脂肪は牛乳とともに取引禁止が勧告される)




人が感染しやすい26種類の悪玉細菌を無害化して、牛に注射して作られたもの。

自然の牛乳と同じではありません。
→「ウシ」「牛肉






成長ホルモンを乳牛に
2008年、米モンサントは乳牛向けの成長ホルモン事業を米医薬品大手イーライ・リリーに売却した。
アメリカでは近年、食品の安全性意識の高まりで、成長ホルモンを使っていない牛乳の売り上げが増加している。搾乳量が増えるとして米国で広く使われてきた成長ホルモンに逆風が吹いている。
売却したのは[rBST](商品名:ポシラック)と呼ばれる乳牛向けの成長ホルモン。

ポシラックは1994年にFDAに認可を受け販売開始。遺伝子組み換えバクテリアが生成する成長ホルモンで、乳牛に一定期間おきに注射することで、搾乳量が10%増えるという。

2007年の米農務省の調査ではアメリカの乳牛の約17%がこのホルモンを使用しているという



粉ミルクからメラミン
「2008年、中国甘粛省の軍病院が、同じ粉ミルクを飲んだ乳児14人が腎臓結石に罹ったと公表。河北省の製造元「三鹿集団」が混入したと発表した。「内蒙古伊利実業集団」など乳製品メーカー計22社の粉ミルク製品からメラミンが検出され、

死者は5人、患者は6200人以上に達した。

伊利集団など3社の牛乳からもメラミンが検出。

メラミンは主に尿素とアンモニアから作られる有機化合物。
ホルムアルデヒドとともに、メラミン樹脂の主原料とされる。
メラミンの大量摂取で腎臓結石などを引き起こすとされる。



粉ミルクからセシウム
2011年、明治は粉ミルクの一部の製品から最大1`cあたり30.8ベクレル(Bq)の放射性セシウムが検出されたと発表。

原料の脱脂粉乳はすべて東日本大震災より前に加工されたもので、一部は北海道産だが、大半は米国やオセアニア地域からの輸入。

同社は「加熱した大量の空気で乾燥させる製造過程で、福島原発事故による放出された放射性セシウムが混ざった」としている。



ミルク-アルカリ症候群
Mik-Alkali syndrome
⇒ミ
ルクとアルカリの長期摂取によって起こる。
◎高カルシウム血症によって起きる症候群といえる。

◎症状:
  1. 中程度のアルカローシス
  2. 重症腎不全
  
◎以下の薬物と大量の牛乳の併用で起きる。
  • 「塩化カルシウム」
    「塩化マグネシウム」
    「キャベジンU」
    「コランチル」
    「炭酸カルシウム」
    「炭酸水素ナトリウム」
    「ナシット」
    「トビサネート」
    「ファイナリンG」
    「マーロックス」
    「マリジンM」
    「レーマグ」






ミルクアレルギー
新生児ミルクアレルギー

2011年、BMLは新生児・乳児の母乳や牛乳に対するアレルギーの有無を血液から簡単に検査できる技術を開発。


ミルクアレルギーは牛乳や母乳に含まれるタンパク質に免疫細胞のリンパ球が反応して起きる。


症状は
  • 下利
  • 嘔吐
  • 血便
などが主なもの。



牛乳アレルギー
経口免疫療法の治験で障害

2017年、神奈川県こども医療センターが報告。
食物アレルギーを治療する臨床研究に参加していた子供が、一時的に心肺停止状態になった。
臨床研究は、経口免疫療法と呼ばれる治療法。
医師の指示のもとでアレルギーのある食物を少量から食べさせて耐性をつけることを目指すもので、200人の患者が参加した。
入院して治療し、退院後も外来を受診しながら、一定量を食べ続けていた。
今回、問題が起きた子どもは、退院から3ヶ月後、牛乳を飲み一時心肺停止になった。救急搬送されたが、脳に障害が残った


牛乳アレルギーに使用不可の薬
[エマベリンL]

[タンニン酸アルブミン]・・・ショックの事例あり。




相互作用
○皮膜が溶解する・・・
  • [腸溶性製剤]
  • (牛乳と併用すると腸溶性皮膜が溶解するので、腸溶性顆粒をほ乳びん中の牛乳に混ぜて服用させてはいけない)


○吸収率が低下する・・・
  • [鉄剤](牛乳中のリン酸塩・りん蛋白へ鉄剤が結合し吸収率が落ちる)
    [クラブラン酸カリウム]
    [セファレキシン(ケフレックス顆粒)]
    [テトラサイクリン](吸収率が著しく抑制される(約65%))


○吸収が増加する・・・
  • [エトレチナート](水に比べて約260%増加)
    [エリスロマイシンエストレート]
    [グリセオフルビン]


○吸収率が影響されない・・・
  • [アンピシリン]
    [エチルコハク酸エリスロマイシン]
    [セファレキシン(L-ケフレックス)]






関連情報 乳糖不耐症
狂牛病
牛肉
チーズ
ウシ












TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬