ビスホスホネート系薬剤による顎骨壊死







歯が動く
階段を踏み外して転げ落ち、口から出血
  • 2時間前に階段を踏み外して転げ落ち、口から出血しているとのことで来院した。
  • 上顎右側の中切歯はほとんど抜け落ちそうにグラグラしており、反対側の左側中切歯はめり込んでしまい、歯の端が歯肉からわずかしか覗いておらず、かなり出血していた。
  • 両側の側切歯にも軽いグラグラが見られた。

  • レントゲン写真では歯根の破折(折れること)や歯槽骨の骨折は認められなかった。
  • 乳前歯の脱臼、埋入(めり込むこと)と診断し、両側の乳犬歯間をレジンで固定した。
  • 3週間後に固定をはずし、グラグラは落ち着いた。
    歯の破折、脱臼の原因は、足元のしっかりしていない幼児の場合、道路でつまづいたり、滑り台、階段などでの転倒が多い。大きい子では自転車、鉄棒、スポーツなどでの転倒や交通事故など様々である。
    乳歯の場合には破折よりは脱臼する場合が多く、永久歯では破折することが多いのが特徴である。

  • もし、完全に脱臼して抜けてしまった場合には、時間があまり経過していなければ、つながる可能性が高いので、乾燥させないように、手近にある牛乳に浸したり、水に浸した脱脂綿などにくるんで、出来るだけ早く歯科に行ってほしい。
    外傷を受けてからの時間が短ければ短いほど予後は良く、乳歯よりは、永久歯の方が予後は良い。顎の中にめり込んだ歯は、時間とともに出てくることが多い。しかし、外傷を受けた歯は、多くが歯髄(俗に言う神経)が壊死して歯髄処置を余儀なくされる。破折では歯根まで折れているときは、抜歯することが多いが、歯冠が折れた場合は折れた部位に応じて処置する




歯がグラグラの漢方薬
漢方薬あれこれ 八味地黄丸
六味丸



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬