情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





肺非定型抗酸菌症





非結核性抗酸菌症/

ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






肺炎

結核

せき





肺非定型抗酸菌症
肺非定型抗酸菌症とは?
  • 結核菌と癩菌以外の種々の抗酸菌の総称で、これらの菌の感染で発病する慢性の呼吸器疾患を『非定型抗酸菌症』と呼び、99%が肺感染症とされる。

  • ・結核菌も「抗酸菌」の1つ。
  • ・病原性の抗酸菌は数十種類ある。
  • ・人から人へ移る病気では無い(結核との違い)


(肺マック症)肺MAC症
  • =結核菌の仲間の細菌が引き起こす肺の病気。

  • 日本では、
    • 「マイコバクテリウム・アビウム」
    • 「マイコバクテリウム・イントラセルラーレ」
  • という菌による肺MAC症が肺非定型抗酸菌症の9割を占める。

(症状)
  • 初期・・・無症状が多い
    • 健康診断で受けた胸部レントゲン検査で肺に影がみつかり、精密検査を受けて気づくことがある。
  • 病気の進行
    • 通常は20年〜30年かけてゆっくりと悪化する。
    • まれに数年で急激に悪化する事例もある。

(検査)
  • CT検査
    • 肺に空洞が見つかる
    • 気管支拡張症の病変が見つかる
  • タンの検査・・・菌が見つかる








肺非定型抗酸菌症の診断基準

  • 1985年の国立療養所非定型抗酸菌共同研究班)
[T]X線像で新たに、空洞を含む病巣又は乾酪性病変と思われる病巣が出現した場合


  • <1>1ヶ月以内に、3日間の喀痰培養検査を行って、同一菌種の病原性抗酸菌を2回以上証明する。or

  • <2>毎月1回の培養検査で、3ヶ月以内に2回以上同一菌種の病原性抗酸菌を証明する
【診断】

  • 1.X線像での新しい病巣
    • (空洞or乾酪性病変と思われる病巣)
      の出現と
    2.上記の<1>or<2>の排菌が同時に観察出来た場合は感染症と考える。
    3.排菌量(分離培地上の集落数)は100集落以下でもよい。

[U]すでに硬化巣中空洞・硬化壁空洞、又は排菌源と考えられる気管支拡張症など既存病巣のある場合。

  • <1>6ヶ月以内に、月1回の月例喀痰培養検査で、3回以上、同一菌種の病原性抗酸菌を証明する。

  • <2>上記の3回以上の排菌の中で、少なくとも1回以上は100集落以上の排菌であることを示す必要がある。


  • <3>また、上記の排菌は、臨床症状の変化(X線像の変化・発熱・喀血・血痰・咳嗽・喀痰量の増加)と関連すること


病原性抗酸菌
  • (1) Mycobacterium kansasii
    (2) M.szulge
    (3) M.scrofulaceum
    (4) M.avium-intracellulare
    (5) M.foryuitum
    (6) M.chelonei
    (7)及び以下の抗酸菌
      1.M.xenopi
      2.M.simiac
      3.M.shimoidei
      4.M.nonchromogenicum


治療薬・・・ミコブティン
  • 抗酸菌症のカプセル剤(ファイザー)
    2008年7/17、承認を取得。
    多剤耐性結核・非結核性抗酸菌症の治療に使える。
    菌の細胞内でRNAの合成を抑えることで抗菌作用を示す。








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬