情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





手太陰肺経
(LU)





針灸のツボ/ すべてのツボ/

ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)












<1>Lung Meridian(肺)(11穴)

(経脈流注)
  • 肺経は、上腹部の中焦すなわち任脈のCV-12)の処より起こり、下って水分(CV-9)の処にて大腸を絡い、上行して胃口(噴門部)を循り、横隔膜を貫き上って肺に属する。
  • さらに、肺より肺系(喉頭及び気管)を循り、前胸部の外側の中府(LU-1 )に至り、脾経と交会し、雲門(LU-2)を経て、腋下に出で、上膊内側(臑内)の天府、侠白を過ぎ、肘窩に出で、尺沢をめぐり橈骨内側を下行して孔最・列缺を過ぎ、橈骨動脈に添って経渠・太淵を経て胸部に至り、それより拇指球の基部なる魚際を経て拇指爪甲内側の少商に至って終わる。
  • その枝別は、列缺より別れて次指の尖端の商陽にゆき、手の陽明大腸経に交る。

手の太陰肺経
  • 肺。手の太陰の脈は中焦()に起り、下って大腸を絡い、還って胃口を循り、膈に上って肺に属す。
    肺系より横に腋下(中府・雲門)に出で、下って臑内(天府・侠白)を循り、少陰(心経)心主(心包経)の前を行き、肘中(尺沢)に下り、臂内(孔最)を循り、骨の下廉(列欠)に上って、寸口(経渠・太淵)に入り、魚(母指球)に上りて魚際を循り、大指の端(少商)に出ず。
    その支なる者は腕後(列欠)より直ちに次指の内廉に出で、その端に出ず。《霊枢経脈篇》

    @手の太陰肺経は上腹部の中焦(任脈の)より起こり、下って臍上1寸の「水分」の処で大腸を絡い、還って任脈の外を上行しての処で胃口(噴門部)を循り、横隔膜を貫き上って肺に属する。更に肺より肺系(喉頭および気管)を循り横行して前胸部の「中府」において足の太陰脾経と交会し、「雲門」えお経て腋下に出で、下って上腕内側(臑内)の「天府」「侠白」を過ぎ、肘窩に出で「尺沢」をめぐって、橈骨の内側を下行し「孔最」「列欠」を過ぎ、橈骨動脈に沿って手根部に至る。この間に寸口の部の「経渠」「太淵」を経る。それより拇指球の基部なる「魚際」を経て拇指の爪甲内側の「少商」に終わるのである
    A以上が本経であって、その枝別は「列欠」より別れて次指の内側に出てその端にゆき、手の陽明大腸経に交る。
    B肺経の起始なる中焦()は、肝経の支別の終わるところであって、経脉篇の「肝。足の厥陰の脈」の頭に「その支なる者は復た肝より別れて膈を貫き、上って肺に注ぐ」とある。
    (代田文誌著「針灸治療基礎学」より)





経穴名 適応する症状・病名



LU-1
(チュウフ)
喘息、気管支カタル、肺結核、哮喘、
喉頭カタル、
マラリア、脳膜炎、
神経性心悸亢進症、
顔面・四肢の浮腫。

粛降肺気・和胃利水の作用。
主にや気滞の急性段階で用いる。
肺から熱や痰熱を追い出す。
肺気を強壮にする。
上焦を冷やし、開く。

「中府」+「尺沢LU-5」=肺熱と痰熱を追い出す。
「中府」+「尺沢LU-5」+「CV-17」=うつ病
肺疾患の常用穴
気胸の誤刺に注意

「府」・・・何かが集まる所を「庫」or「府」という。
手太陰肺経は中焦より始まる。
中焦の気が最初に集まるところが[中府]
肺経の募穴「募は経気の聚る所」
(取穴)
雲門の下1寸、乳上3肋の間。動脉手に応ずる陥中にあり(発揮)。
正中線から6寸、鎖骨下1寸、烏口突起下縁よりわずかに内側、第1肋間腔と同じ高さ。

斜刺0.5〜0.8寸
外側方向へ斜刺0.3〜0.5寸



LU-2
(ウンモン)
咳嗽、哮喘、
胸部の煩悶感
胸痛、肩背痛
粛降肺気の作用
「雲」は・・・雲や霧で、モヤモヤと湯気が立ち上ったさま。気の本来の意味は雲である。肺が気を主り、その気はここより出て始まる。
「門」は・・・出入り口のこと
中焦より立ち上った気が天気と交わり手太陰肺経の脈気として、ここから滋養を含んだ霧状の気が十二経脈を巡り全身に栄養を与えることから名づけられた。
気胸の誤刺に注意

(取穴)
巨骨の下、気戸の傍を挟むこと2寸、陥中にあり。
動脉手に応ず。ヒジ(臂)を挙げて之を取る。
斜刺0.5〜0.8寸



LU-3
(テンプ)
哮喘、衂血、
上臂内側痛。
通宣肺気・清熱涼血の作用
止血作用

「天」は・・・身体の上部のこと。臓腑で一番高い所にある肺も意味する。
「府」は・・・全身の気が集まる肺の意味。
(取穴)
腋下3寸、臑内廉、動脉の中にあり。
目の前にまっすぐに伸ばした患者の腕を、高く持ち上げ、鼻先と上腕がくっつく所を経穴とした。
直刺0.5〜1寸



LU-4
(キョウハク)
咳嗽、胸痛、
上臂内側痛
宣散廃棄・理気寛胸の作用
「侠」は・・・夾(そば)と同じ
「白」は・・・白色
白の肺を挟んで両脇に位置するので侠白と名づけられた
(取穴)
天府の下、ヒジ(肘)を去ること5寸、動脉の中にあり。
“乳頭に墨で印をつけておき、乳を挟むように、上腕を胸の前で交差させ乳頭に押しつける、墨がついた所が経穴である”《寿世保元》
直刺0.5〜1寸



LU-5
(シャクタク)
肺・気管支・咽喉のカタル症状による咳嗽、扁桃炎に効あり。
肩・上肢の神経痛・麻痺。小児ケイレン。
テニス肘(上腕骨上顆炎)。
肘の内側の痛みと腫れ。
遺尿症、
憂鬱性神経症。
四肢浮腫。

粛降肺気・滋陰潤肺の作用
の症状に用いる。
上焦の熱を冷ます。
肺熱を冷ます。
肺気をととのえ、その下降を促す。
腱をゆるめる。

「尺沢」+照海Kl-6」=肺の陰虚に。
「尺沢」+「豊隆ST-40」=痰が多いとき。

刺絡療法で、心胸疾患に用いる
「尺」は・・・ひじのこと。
「沢」は・・水が集まる所
手太陰の脈気があふれる水のようにこの経穴に入るところから名づけられた
肺経の合穴(合穴は水に属す)

(取穴)
肘中約文の上、動脉の中にあり。
肘窩央紋上にあり、上腕二頭筋腱の橈側(親指側)。

直刺0.5〜1寸



LU-6
(コウサイ)
痔核、痔出血、痔痛、
肺尖カタル、喀血、
激しい喘嗽、声がれ、
扁桃腺肥大(慢性)。
頸部リンパ腺腫脹、書痙。
「肺経の穴としてツベルクリン反応陽転期や血沈反応強盛時に著効あり。」
宣通肺気・涼血・止血の作用
解熱発汗作用

「孔」=穴、隙間の意。
「最」=集まる、第1の意味。
通竅の極みの意味で名づけられた
肺経の
は急性病の頓挫に用う」
直刺0.5〜1寸



LU-7
(レッケツ)「列欠」
頸項強痛、咳嗽、哮喘、気管支喘息
顔面神経麻痺、鼻づまり。
手の関節炎
偏頭痛・頭重感・目眩・顔面のチック。
宣疏肺熱・利胸廓の作用
肺気の宣発と下降を促す。
発汗をうながし、鼻を通し、大陵に連絡する。
肺虚に起因するうつ病。
頭項部疾患に

「列」=分裂、分かれる意。「缺」=容器の裂け目、割れ目
手の橈骨茎状突起の割れ目の所に位置するのでこの名がついた。

肺経の絡穴・・・ここから別走する。
任脈の八脈交会穴の1つ。
四総穴の1つ。

(取穴)
前腕橈側、橈骨茎状突起近位のV字形陥凹部、手関節掌側横紋から1.5寸。
斜刺0.5〜0.8寸
(針入法)橈骨茎状突起の皮膚をつまんで、近位方向へ斜刺。



LU-8
(ケイキョ)
咳嗽、哮喘、胸痛、咽喉痛、手腕痛。
肺の経脈の経気が流注する重要な経路(渠道)からこの名が付いた
「経」=動いて留まらずの意。
「渠」=運河、用水路の意。
肺経経穴・・・“行く所を経となす”の言葉通り、肺経の経気が休まず流れて留まらない状態を指す。
直刺0.2〜0.3寸



LU-9
(タイエン)
風邪による頭痛、めまい。
咳嗽、喘息、発熱、無汗、咽喉炎、胸背痛、手掌熱、腕関節障害、無脈症
末梢動脈閉塞性疾患、レイノー病。
順気平喘・化痰止咳の作用がある。
肺気と肺虚を補う。
肺気の循環を促し、整える。
肺と肝の熱を冷ます。

「太淵」+「肺兪BL-13」+「足三里ST-36」=慢性的な肺気虚。
「太淵」+「気海CV-6」=慢性疲労、全身性の気虚。

「太」=大きいの意。
「淵」=深いの意。経気が深く集まる所を「淵」といっている。
手関節前面の橈骨動脈拍動部にあり、経脈の気血が深いことを明快に示す。
肺経の原穴。
八脈交会穴の1つ。
(取穴)
手関節前面横紋の橈側端の陥凹部で、橈骨動脈拍動部にとる。
直刺0.2〜0.3寸



LU-10
(ギョサイ)
拇指の屈伸不能を治す。
流行性感冒・肺炎の解熱。
出血性胃カタル
咳嗽、喀血、失音、喉痺、咽乾、乳癰、

刺絡療法で解熱鎮静に用いる

「際」=辺縁を指す。
肺形の榮穴
(取穴)
母指中手骨の中央で、手掌と手背皮膚の境にとる。
直刺0.5〜0.8寸




LU-11
ショウショウ
急性扁桃炎、咽喉カタル、咽喉の炎症性疾患。
不眠症、盗汗、夜盲症、
小児夜驚症。
泄熱開竅・回陽救逆・利咽鎮痙の作用
肺熱を冷ます。
感覚を開放する。失神から覚ます。

救急穴

「少」は・・・小さい、幼い。
「商」は・・・肺を示す音(五行から)
  • カキクケコ (牙音) 五音
    タチツテト
    ナニヌネノ
    ラリルレロ
    (舌音)
    アイウエオ
    ヤイユエヨ
    ワイウエヲ
    (喉音)
    サシスセソ (歯音)
    ハヒフヘホ
    マミムメモ
    (唇音)

肺経井穴・・・出づる所を井。
(取穴)
・母指橈側爪甲根部その角を去ること1分にとる。
・母指爪甲根部の橈側(中国)
・母指爪甲根部の尺側。

(支脉)手の太陰肺経の支なるものは、腕の後ろより、次指の端に出て、手の陽明大腸経に交わる
直刺0.1〜0.2寸。必要な出血させてよい。



針灸のツボ脊椎と器官」「足の関節」「五行色体表」「乳糜」「六十四卦」「伏羲先天図 文王後天図」「河図と洛書







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査