肺気腫の漢方薬
  黄蓍建中湯

■五虎湯

■柴胡桂枝乾姜湯

■柴胡桂枝湯

■柴朴湯

■滋陰至宝湯

■小建中湯

■小柴胡湯

■小青竜湯

■神秘湯

■清肺湯

■大柴胡湯

■竹葉石膏湯

■人参湯
  1. (脾虚)


■人参養栄湯
  1. (脾虚)


■麦門冬湯

■麦味地黄丸
  1. (腎虚)


■八味地黄丸
  1. (腎虚)


■半夏厚朴湯

■半夏瀉心湯

■補中益気湯
  1. (脾虚)
  2. 78歳の男性。身長168cm、体重45kg。昔肺結核で胸郭形成術の手術をしました。10年ほど前から坂道を上ると動悸・息切れがします。1年中マスクをしないと、すぐに風邪をひきます。気管支炎をよく起こし入院すると酸素吸入が必要になります。肺気腫との診断をうけています。
    質問者は息苦しい感じを
    “空気が肺に入っていかない感じ”
    “食事をするだけで息苦しくなり、頭から汗がたらたらと流れ落ちる”と述べている。また、
    “食べ過ぎると、お腹が太鼓のようにガスが張って苦しくなり、横にならなければいられない”“夕方になるといつも37℃台の微熱が出る”などつらい状態を書いている。体重減少が目立っており、消化器の機能も落ちている。
    このような状態に最も良く使われる漢方薬は消化器・呼吸器を中心に全身の活力を補う 補中益気湯である。薬用人参・黄蓍などで全身の活力をつけ、呼吸機能を賦活する。もし咳が多ければこれに五味子や麦門冬などを加える。肺気腫による日常生活の制限を緩和するのに有効な漢方薬の種類は少ない。もし胃腸が丈夫な方は八味地黄丸を、胃腸が弱い場合には真武湯などを併用するとさらに良い


■麻杏甘石湯


■六君子湯
  1. (脾虚)


■苓甘姜味辛湯

■苓甘姜味辛夏仁湯
  1. 肺気腫にして、その初期、軽証の者《奥田謙蔵》


■六味丸




肺脹症
咳して上気し、煩躁して喘じ、脈浮なる者。=肺気腫。
咳をしながら上気し、煩躁し肺脹になった症は発汗するとすぐ治る。





肺気腫の色彩療法
  • <1>レモン色
    <2>オレンジ色
    <3>黄色




肺気腫pulmonary emphysemaとは?
emphysema=破壊、空気で一杯にした。

肺胞の進行性の破壊と呼吸細気管支の虚脱を起こす疾患

肺胞隔壁の破壊により特徴づけられる疾患で、呼息の際に空気で満たされ、異常に大きな含気領域をつくりだす

ガス交換のための表面領域がより少なくなり、呼吸膜を横切るO2の拡散が減少する。

患者は中程度の運動で呼吸困難を訴えるようになる。

肺の弾力性がなくなり、吸気はできるが、呼気が十分に出来ないため、肺の中に空気が残り、肺が持続的に膨らんでいる状態。“樽状肺”になる。

肺胞の有効面積が減るので肺全体の換気能力が低下し、弾力性も無くって来る。呼気で肺が縮む特に空気が外へうまく出にくくなる。吸い込まれた空気がうまくはき出せないと肺内にたまった空気によって胸郭が押し広げられて樽状にふくらみ、横隔膜まで下がって息がしにくくなる。

40才以上の男子で、慢性の呼吸器感染・気管支喘息・長い喫煙歴をもつ者に多発。

楽器吹奏など肺に荷重を与えることも誘引になる。


肺気腫の病態
  • ガス交換の場所である呼吸細気管支や肺胞などの肺実質と呼ばれる組織に異常が状態が肺気腫。
  • 男性に多く(男女比は10:1)、障害が起きた肺実質は元に戻らない






肺気腫の症状
せき・喀痰から、喘鳴・呼吸困難へとすすむ。


タン・・・特徴的でない。


呼吸困難・・・・呼気性


自覚症状が無いことも多い
  • 坂道を歩くと息が切れる
  • 急ぐと咳き込むようになった
  • 長い階段を上るときには一休みしないと苦しい
  • 汚いタンが増えた

などの症状が出るのは肺気腫の疑いがある。


肺は肺胞と呼ぶ小さな空気の入った袋がブドウの房のようになっている。そこで、酸素と二酸化炭素を交換する。その肺胞がつぶれて風船が伸びきったような状態になり呼吸が出来なくなるのが肺気腫。

「息切れ」
「せき」
「タン」
「痩せる」
「ビール樽のような胸」
の症状が現れたら症状が進行している証拠。


喫煙が原因
  1. 原因は長年の喫煙や大気汚染・寒冷な環境・高湿度の環境などの外的要因と体質や年齢が関係している。
  2. 最大の原因は喫煙で受動喫煙も危険だ。それ以外では「体質」「大気汚染」「チリ」「ホコリ」「化学物質」などが関係する肺の生活習慣病です
  3. →「慢性閉塞性肺疾患(COPD)




肺気腫の診断基準
(1962年、肺気腫研究会)

「A」びまん性肺気腫
  「T」慢性肺気腫
    <1>病歴・
    <2>自他覚症  
    <3>理学的検査 
  「U」慢性肺気腫+肺線維症
      別項の肺線維症の定義に該当し、
      且つ、上記の肺気腫所見のあるもの。
  「V」合併症としての肺気腫(合併肺気腫):
  • 結核・じん肺・その他に合併するもの

「B」局所性肺気腫:
    肺嚢胞
    嚢胞性肺気腫




慢性肺気腫の症状
  1. 口すぼめ呼吸
    • 肺気腫になると、息を吐くため肺が縮んだとき、変形しやすくなった気管支が周囲の肺胞に押しつぶされて、空気が出にくくなる。くちびるをすぼめて息を出すと、吐き出す息に抵抗ができて、内圧が高まり、空気を出しやすくなる。
  2. 気管短縮:
    • 輪状軟骨から胸骨柄上縁までの距離が2横指以下
  3. 性のHoover徴候:
    • 呼気時に両側季肋部が内方へ牽引
  4. 奇脈
  5. 胸鎖乳突筋の活動性亢進
  6. 肺胞呼吸音の減弱
  7. 呼気初期crackle


 汎小葉型肺気腫
  • タンパク分解酵素の働きを抑える「α1-アンチトリプシン」が生まれつき無いことで、呼吸細気管支や肺胞壁が破壊されるもの。




肺気腫の発症メカニズム
  • 2005年、大阪大学の谷口直之教授らのグループは、肺胞が破壊させて呼吸困難などを引き起こす「肺気腫」の発症メカニズムを、マウスの実験で解明した。
    肺胞の壁の形成や分解を調節するタンパク質に付着している糖の一種が無くなるためという。米科学アカデミー紀要に掲載。
    肺の中には肺胞と呼ばれる小部屋が多数あり、二酸化炭素と酸素を交換している。肺胞を構成するコラーゲンは、そのままでは体内の分解酵素によって分解されてしまうが、健康な人は分解酵素の働きを妨げる別の酵素があり、バランスが保たれている。
    このバランスを調整しているのが『TGF-8』というタンパク質で、受容体(タンパク質)に結合すると、分解酵素が増えすぎないように信号を送る。谷口教授らは受容体についている「コアフコース」という糖鎖を持たないマウスを作製し実験したところ、受容体がうまく結合出来なくなり、分解酵素が増えて肺胞が破壊されることを確認した。」
    糖鎖には様々なタイプがあり、人間の約10万種類以上あるとされるタンパク質の半数以上にくっついているとされている。また、いろいろな病気に関連しているとされているが、特定の糖鎖が病気の原因に直接関わっているのを明らかにしたのは世界で始めて



レチノイン酸に改善効果
  • 米国立心臓・肺・血液研究所(NHLBI)は、ビタミンAの誘導体である『レチノイン酸』に肺気腫の改善効果があることを動物実験で確認した。
    ラットに肺胞の組織を分解する酵素を与えて肺気腫を誘発させ、レチノイン酸を投与したところ、正常な状態に肺が回復した。肺胞や気管支の組織を再生する働きがあるとみている。米国では45才以上の長期喫煙者に相当する約200万人が肺気腫を患い、年間に約1万人の患者が死んでいる





βカロチンが必要
1日に少なくとも15mgのβカロチンが必要
  • 肺をタバコの煙や他の刺激物にさらしている人は、たとえ肺ガンにならなくても、肺気腫を起こします。刺激され、傷つけられた肺組織は、日光を長時間浴びすぎた時に見られるシワの寄った硬い皮膚のようになり、柔軟性を失い、空気から酸素を得る能力を失う。
     喫煙者の血液中には、一酸化炭素があります。一酸化炭素中の酸素原子は、空気中の酸素よりも反応性が高いため、赤血球のヘモグロビンと容易に結合してしまい、ヘモグロビンの放出を阻止して、正常な酸素の働きを妨げる。従って、体細胞に十分な酸素が行き渡らないことになる。
    又、呼吸によって生じる二酸化炭素の血液中レベルが2%以上になると、酸素を吸収する赤血球の能力は、著しく低下します。視力・反射機能・その他の生理学的測定値も酸素運搬能力に関連しています。
    1日1箱のタバコを吸うと血液中の二酸化炭素レベルは4%まで上がり、2箱吸えば、7%に上昇します。二酸化炭素からは、容易にフリーラジカルが出来てしまう。
     臨床栄養学会誌『J.Clin. Nutr.』で、フレッド・ゲイ、ジョージ・B・ブルバッファー、ハネス・B・スターリンの3博士は、“タバコを吸わない人でも、1日に少なくとも15mgのβカロチンが必要である”





慢性肺気腫の分類
(T-1)highly suspected
(基準T)
  • 「スパイログラムのみならず、望ましい検査として肺気量、肺内ガス分布、その他出来るだけ詳細な肺機能検査を行い、診断されたもの。」
(基準U)
  • 「スパイログラムのみによる基準を満足するもの」(1秒率55%以下)
    「MBC、MMF、気管支拡張剤による効果判定を参考にする。」


(T-2)
suspected
  • 上記の診断基準にはずれるもの。
  • たとえば、(1秒率55%〜70%)



(T-3)
nuclassified
  • 上記検査を施行しないか、あるいは出来なかったもので、肺気腫が臨床的に疑えるもの






慢性肺気腫の理学的検査
  1. 胸部X線写真上、
  2. 肺気腫に特徴ある異常を示すことを前提として、以下の如く分類する




嚢胞性線維症
・・・希少疾病

2012年、中外製薬は遺伝子組み換えヒトデオキシリボ核酸分解酵素製剤「プルモザイム」(一般名:ドルナーゼアルファ)の製造販売承認を取得した。


嚢胞性線維症は、遺伝性疾患で、外分泌腺が濃厚でネバネバした分泌液を排出することで導管という細い管を塞いでしまい、呼吸や消化などの機能に影響を与える。

プルモザイムは患者の粘液やタンの中にある好中球由来のDNAを分解し、タンとして排出しやすくすることで肺の機能を改善。

2012年6/8、プルモザイムを発売。患者の粘液などに大量に含まれる好中球由来のDNAを分解し、、タンとして排出しやすくする。



チェック
喫煙」「呼吸困難」「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」「びまん性間質性肺炎」「びまん性汎細気管支炎」「チアノーゼ









    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
     漢方薬の選び方      東洋医学の考え方 

 よく使う漢方薬  
 ブログdraun 漢方処方3000  ツムラ番号


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved