ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



肺腫瘍(はいしゅよう)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



肺腫瘍 肺結核
セキ 乾性のことが多い。
タンと平行しない。
セキとタンが平行する
タン 血痰。
腫瘍細胞の検出
膿性痰、ときに喀血
結核菌の検査が必要。
胸痛 頑固な胸の痛み。
持続性があることも
呼吸
困難
気管支閉塞・肺気腫で起こる 胸膜の広範囲の癒着で起きる



孤立性の腫瘤影。
八ッ頭状、
ガン放射、浸潤影のこともある。
胸部CT、気管支造影が有用
多様。
多くはS1.2、S6に見られる。
周囲に散布巣を伴うことが多い。


肺腫瘍が悪化する仕組み
  • 2014年、国立がんセンターの江成政人ユニット長らは、肺にできた良性腫瘍が悪性のガンに変わる仕組みの一端を解明した。
  • 「TSPAN2」(テトラスパニン2)という遺伝子の働きが高まって、ガンが転移しやすく変化していた。
  • 成果は米科学誌セル・リポーツに掲載
  • 肺がんでは「p53」という遺伝子が発がん物質などで傷ついて働きが悪くなると、良性の腫瘍がガンに変わる。
  • ガンに変わった細胞は回りの組織の隙間に入り込んだり、別の臓器に転移したりしやすくなる。
  • 江成ユニット長らは、正常な肺細胞の遺伝子を操作してp53の働きを悪くした。そのとき働きが高まる遺伝子を探し、TSPAN2を見つけた。
  • 肺がん患者の細胞を調べたデーターベースに照合したところ、TSPAN2の働きが活発な患者ほど転移したり再発したりしやすくなった。
  • また、ガン幹細胞と協調して働くことも分かった。
  • TSPAN2は細胞の表面にあるため、がん細胞だけを攻撃する分子標的薬が機能しやすい。



関連情報 肺ガン

肺結核






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査