ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
   毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう
 

鼻血


通 販 カタログ 病名(症状)





鼻血
鼻血=衂血
  • 多くの場合、
  • 軟骨性鼻中膈の前端の血管(キーゼルバッハ部位)が破れて起こる。

(原因)
  1. 動脈硬化症
  2. 心臓疾患
  3. 貧血症
  4. 白血病
  5. オスラー病
    • 遺伝性出血性末梢血管拡張症
    • 血管の形成に異常が起こる病気。
    • 40歳以上の患者の9割が、鼻血を繰り返す。
  6. 血友病
  7. 紫斑病
  8. 壊血病
  9. びらん
  10. 出血性鼻茸
  11. 尿毒症発作の前駆症状として
  12. 月経障害の代償性衂血

鼻血・・・高血圧との関係少なく
  • 主婦のEさん(52)は、ある日鼻血が出て救急病院に駆け込んだ。到着したときには鼻血は止まっていたが、血圧を測った医師はEさんが高血圧であると告げて、血圧を下げる薬を渡した。
    友人から、鼻の血管が切れるようでは脳の血管が切れるのも時間の問題と脅されたEさんは、すがる思いで薬を飲んでいた。ところが、立ち上がるとフラフラするので再び病院に行った。今度の医師は血圧を測って、あなたは低血圧だと言い、薬を止めて様子を見るよう指示した。
    子供の頃によく鼻血を出した経験があると思う。
    大人になると鼻血は減ってくるが、中年になると鼻炎などのせいだろうかまた鼻血を出す人が増える。ちょうどこの頃に血圧も上がってくる人も多いので、血圧で鼻の血管が裂けたと勘違いをする人も少なくない。しかし、高血圧で鼻の血管が裂けることはない。
    血を見ると緊張して血圧が上がるので、高血圧症と間違われて血圧の薬が処方されることがある。
  • 大量に出血したように見えても鼻血だけで命を落とすことはない。
  • 血が止まるのを抑えるような薬(バイアスピリン・ワーファリン・・)を飲んでいたり、病気で血が止まりにくい人は主治医から鼻血の対策法を聞いておく必要があるが、それ以外の場合はまず心配いらない。


鼻血の対処


寝かせる
  • 鼻の奥から出血した場合、水平状態でねていると、その血がノドに行って、気管に入ると危ない。そのために、クビを少し持ち上げる状態でねかせておく。

脱脂綿をつめる

鼻の付け根(眉間)を氷水で冷やす。

④小鼻を軽くつまみ、10分ぐらい安静にする。

クビの後ろを叩く・・・
  • 鼻の奥の傷口を刺激してよくない。


鼻血の針灸ツボ
  • (衂血)・・・「風府」「上星」「大椎」







鼻出血の漢方薬
黄連解毒湯


帰脾湯
  1. しばしば衂血を繰り返し、甚だしく貧血をきたし、顔面、亢進まで蒼白となり、食欲不振、栄養不足となった者。白血病、悪性貧血などに起こる衂血に本方がよい(漢方診療医典)





荊芥連翹湯


桂枝茯苓丸料
  1. 月経障害による代償性衂血に最もしばしば本方が用いられる。実証でが多く、症状が激しく便秘しているものには桃核承気湯がよい(漢方診療医典)


三黄瀉心湯
  1. 衂血:時無きを治す。《普済本事方》
  2. 実熱衂血:「」《仁斎直指方》
  3. 諸薬無効の者:「荊芥」奇効あり。「側柏散」と虚実の別あり。《先哲医話》
  4. 10年ほど前、私はひどい衂血に悩んだことがある。診察中であったが、ぽたりと何か鼻から落ちた。血である。しかし大したこともないので、気に留めないでいたところ、だんだんひどく、ダラダラと流れるほどである。脱脂綿でタンポンしてみたが、のどへ流れてくる。そこで瀉心湯を作って呑んだところ、呑むや否や、どっと堰を切ったように、血が吹き出てきた。物を言うことも出来ないのである。血は鼻から口から噴水のように流れるのである。妻はこの様子を見て、ビックリ仰天して、近くの内科の先生と耳鼻科の先生を呼んだ。そのうちに出血はやや下火になった。内科の先生はカチーフの注射をしてくれた。そして耳鼻科の先生は、タンポンをしてくれた。それで翌日から診察が出来るようになったことがある。
    後で考えたことであるが、この時、瀉心湯を呑んで、一時ひどい出血を起こしたのは、瞑眩であっただろうと。そころが、その後、肺結核で喀血している患者に瀉心湯を呑ませたところこの時も呑むや否やひどい喀血が始まった。そこでまた考えた。これは煎じたてのひどく熱いやつを呑んだ為ではあるまいか?と、自分が呑んだ時も、熱いやつがのどを通ると、どっと血が出たことを思い出した。
    三黄瀉心湯は、頓服で用いるときは沸騰している湯で、振り出しにして呑ますことになっている。煎じて呑ますのではない。しかしやや冷めて呑みやすくなってから呑ますべきで、慌てて煎じたての熱いやつを呑むのはよくないに違いない。そう考えた私は、それからは、熱いやつを呑まさないことにしているが、そのようにしてみると、呑むや否やどっと出血がひどくなることなくなった”《大塚敬節》


三黄知母湯
  1. 三黄瀉心湯を用いる場合で、病状が一層激しいものに本方を用いる。すなわち、三黄瀉心湯知母3.0g、石膏10.0g甘草1.5g(漢方診療医典)


梔子柏皮湯
  1. 小児の衂血を治す《証治準縄》


小建中湯
  1. 体質の虚弱なもので、貧血して疲れやすく、動悸を覚え、脈腹ともに虚している者によい。壊血病、紫斑病などの衂血に本方の症が多い。(漢方診療医典)
  2. 虚弱児童で常習性に衂血を出す者《大塚敬節》
  3. 紫斑病の少年の衂血に用いて効を得た《大塚敬節》


麻黄湯



 
オゾン





2006から続くnaoru.com/ブログ(draun)ブログ(google)通販カタログ副作用 |
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved