ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


鼻水(鼻汁)












漢方薬
①温経湯

②黄蓍建中湯

カッコウショウキサンン

葛根湯
  1. 実証
  2. 自然発汗がない
  3. 頭痛、発熱、悪寒、肩こり
  4. 28歳女性。
    数年前から、朝起きると、続けざまに、しばらく、クシャミが出続ける。この状態は夏は軽く、秋から冬はひどくなる。医者はアレルギー性鼻炎と診断して、薬をくれるが、いつまでも治らないという。
    患者は色白の肉づきの良い長身の婦人である。脈はやや浮であるが、速くはない。腹証上では臍より少し上の部分に、圧に過敏な部位がある。私はこれに葛根湯を与えたが、7日間の服用では何の変化もなく、2週間の服用で軽快し、4週間の服用で全治して、再び、クシャミが頻発することはないと言う。
    《大塚敬節》
  5. 医学博士T氏は、多年アレルギー性鼻炎に悩み、毎夜、鼻がつまって眠れないという。私はこれに葛根湯を与えたところ、その夜から、鼻が気持ちよく通るようになって、安眠が出来るようになったと、大変喜ばれた。《大塚敬節》

カカコントウカシンイセンキュウ
  1. 実証
  2. 鼻づまり、鼻汁、
  3. 鼻汁がノドに回る(後鼻漏)
  4. 肩こり、頭痛、頭重


⑥桂枝加朮附湯

⑦桂枝茯苓丸

⑧香蘇散

⑨柴胡桂枝乾姜湯

⑩四逆散

⑪小柴胡湯

⑫小青竜湯
  1. 虚実中間証
  2. 水っぽいタンや鼻汁、せき
  3. 呼吸困難、尿量減少、むくみ、胃内停水

⑬辛夷清肺湯
  1. 虚実中間証
  2. 鼻閉、鼻汁、後鼻漏
  3. 鼻の中が乾燥・熱感


⑭当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  1. 冷え症で風邪をひきやすく、凍瘡などのできやすい人で、アレルギー性鼻炎といわれているものには他の処方よりも本方で体質が改善され、クシャミ頻発が治ることがある(漢方診療医典)

⑮当帰芍薬散

⑯桃核承気湯

⑰人参湯

⑱排膿散料

⑲排膿散及湯

⑳麦門冬湯
  1. 29歳女性。
    妊娠3ヶ月。しきりにクシャミが出る。ことに早朝がひどくて、そのために腹の中の胎児にまで悪い影響がありはしないかと心配であると云う。
    私はこれに葛根湯を与えたが、全然効果が見られない。そこで、よくよくクシャミの状況を診ていると、下の方から何か上がってくるような、クシャミである。そこで、“大逆上気、咽喉不利”に用いる麦門冬湯を用いてみた。鼻を咽喉に置き換えたのである。すると、2、3日でクシャミが軽快し、2週間ですっかり良くなった。
    《大塚敬節》

㉑半夏瀉心湯

㉒麻黄附子細辛湯
  1. 虚証
  2. 微熱、寒け。頭痛、めまい、手足の冷え、全身倦怠感
  3. せき、たん
  4. 鼻アレルギーに対する麻黄附子細辛湯の最終全般改善度は
    • ・著効18.9%、
    • ・有効35.8%、
    • ・やや有効34.0%、
    • ・無効9.4%で、
    • ・有効以上の率は54.7%
    であった。《EBM》

㉓麻黄湯


㉔苓桂朮甘湯



温かいをうどんを食べると鼻水が出る理由
  • 空気中のホコリなどを粘膜から分泌される粘液で吸着して浄化するのが鼻で、気管支や肺に冷たい空気が入らないように加温・加湿をしている。
    そのため、肺の中はいつでも最適な温度と湿度が保たれている。
    1. 温かいうどんや、ラーメンなどを食べると、湯気(ゆげ)の水蒸気が鼻から入り、冷やされて水になる。
    2. 熱い湯気や口からはいる熱が刺激となり、鼻の血管が広がって血行が良くなることで粘液が過剰に分泌される
    上記のメカニズムで、熱いものを食べると、鼻水が出るのです。



アレルギー性鼻炎の症状
  1. くしゃみ
  2. 鼻水(水様鼻漏) ・・・鼻漏
  3. 軟口蓋
  4. 咽頭の掻痒感
  5. 眼粘膜の充血・流涙
  6. セキ・呼吸困難から喘息に移行することあり






アレルギー性鼻炎の検査
  1. 好酸球増加症
  2. 鼻汁中に好酸球増加
    • 鼻づまりは好酸球という白血球の一種が鼻の粘膜に進入して、炎症を起こすことでも発生する
  3. 血中IgE抗体上昇
  4. 花粉・塵埃による鼻粘膜の刺激試験


アレルギー性鼻炎の生活
  • Ⅰ型アレルギーなので、アレルゲンを除く。
  • 掃除をしっかり行い、ダニやネコの皮屑を取り除く
  • 寝具を日光干しし、掃除機をかける
  • カーペットはしない。
  • 外出時にはマスク・眼鏡。
  • 帰宅時は洗顔・うがい








アレルギー性鼻炎に用いる西洋薬
経口薬
 
[アイピーディ]
 [アレギサール]
 [アレグラ]
 [ジルテック]


点鼻薬
 
[アルデシン]
 [ザジテン]
 [フルナーゼ]
 [リザベン]
 [リノコート]


コントロール不良の時・・
  • (抗ヒスタミン薬を頓服)

 
[タベジール]
 [ポララミン]






血管運動性鼻炎
寒暖差による鼻炎


1日の温度差が7℃以上で起きるとされる

朝がたにクシャミ・鼻水が出るが血中IgE抗体が少ない場合は、[血管運動性鼻炎]であって、アレルギー性鼻炎でないことがある.


アレルギーではない鼻炎だが、アレルギー性鼻炎の薬が有効。






ヒスタミン中毒
ヒスタミンによる食中毒は化学物質による食中毒に分類される


その症状から、アレルギー様中毒ともいわれる。



ヒスタミンによる食中毒は魚介類がほとんど。

ヒスタミン
  • 毛細血管を拡張させ、皮膚の発赤やかゆみの原因となる
    • 血圧を下げる
      気管支をケイレンさせ、呼吸困難の原因になる
  • ヒスチジンからヒスタミン が出来る
  • 赤身の魚のアミノ酸にはヒスチジンが多く含まれている








関連情報
アレルギ
 
喘息
 
好酸球増加
  
ヒスタミン










なおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬