ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/





ハンゲ
(半夏)







ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








ハンゲ(半夏)PINELLIAE TUBER


[法夏][法半夏][姜夏][姜半夏][製半夏][清半夏][蘇夏]

「地文」「水玉」「守田」「示姑」「麻芋果」「三歩跳」「地鷓鴣」「地茨磨v「老黄嘴」「野芋頭」「地巴豆」「天落星」「麻芋子」「狗刀菜」「地雷公」

畑地などに自生する多年草、サトイモ科カラスビシャクの塊茎(外皮を除く)《陶弘景》

★一般に炮製する必要がある。生姜を加えて炮製した姜半夏を使用。
<1>「法夏」「姜夏」「製半夏」=姜半夏を使用。
<2>「清半夏」=明礬水に浸けてから水で十分に晒し、蒸して作る。
<3>明礬で(炙)すと、痰飲を除く。
<4>(麹)で(炙)すと、痰飲と食滞を除く。


★「凡そこれを用いるには、10回ばかり湯で洗って滑なものをことごとく無くする。そうせねば毒があって咽喉を刺激する」







味は辛、性は平、有毒。Q温補燥降散R

脾・胃経。

温化寒痰薬。


“半夏味辛咳嘔縄 健脾燥湿痰頭疼”《万病回春》




鎮嘔・去痰・平喘
 <1>傷寒による寒熱を治す。
 <2>心腹の痰熱
 <3>咳嗽による上気
 <4>開胃
 <5>脾を強くする。
 <6>嘔吐を止める。
 <7>胸膈の痰涎をなくす。

◎湿を乾かし痰を化し、逆を降ろし嘔吐を止める。
 <1>痰飲積聚
 <2>痰厥眩暈
 <3>嘔吐
 <4>腫痛(外用)

◎痰喘と心痛を治す。
  • 「半夏香油を炒って作末し、粥で梧子大の丸剤。姜湯で30〜50丸服用」

◎痰喘と心痛を治す。
  • 「半夏香油を炒って粉末にしたものを粥で梧子大の丸剤。姜湯で30〜50丸服用。」


◎頭痛・めまいを治す。「煎服。」

◎胸痞を消磨し、痰と心下の急痛と堅痞を治す。
  • 「半夏を作末し香油で炒熟し、姜浸蒸餅で丸め、姜湯で30〜50丸呑む。又、心痛喘息にも良い。」


◎眉の抜けるとき。
  • 「生姜片を3回摩擦し、半夏生を作末して麻油で調合して塗る。」


◎嘔と。に半夏を使うのは、水をなくすためで、半夏(製)1両、生姜2両を切って2貼に分けて水煎服用。」

◎痰嗽で上気し、顔が冷たく、肺を害して咳をする症を治す。

◎痰瘧を治す。
  • 「1両を煎じて姜汁に混ぜて食べる。」


◎扁桃炎・口唇の荒れ・のどの腫れに著効。
  • 「半夏末を飯粒で練って、土踏まずに貼る。」






◎生姜湯に泡し透し切片とし、再び姜汁を用いて浸し炒り用いる。《万病回春》

◎風痰を治するには:「牙皀・白礬・生姜」の煎湯を用いて泡し透し炒り乾かし用いる《万病回春》

◎水泡:水に浸すること5日、毎に水を換えて皮滑(ナメリ)を洗い去る。

◎唯tみ用う《重校薬徴》





<1>制吐作用:“胃寒による嘔吐には半夏が最適である”

<2>催吐作用
  イ)“生半夏は人をして吐せしむ”  
  ロ)生半夏末を高温処理すると催吐成分が消失し、制吐作用が残る。

<3>鎮静作用:
  • 煮沸濾過した水溶液は、呼吸を抑制(軽度)する。

<4>眼圧低下:
  • 煮沸濾過した水溶液は、内服で眼圧を下げる(軽度)。

<5>ム痰作用
<6>鎮咳作用
<7>利尿作用
<8>唾液分泌促進作用







半夏の薬能
《神農本草経》
  • 傷寒、寒熱、心下堅く、気下し、咽喉腫れ痛み、頭眩、胸脹、ゥ逆し、腸鳴し、汗止むを主る

《薬性提要》
  1. 小毒あり。湿痰の主薬とす
  2. 水飲を利し、逆気を下し、嘔吐を止む

《古方薬品考》
  • 喉を利し、ゥ逆、嘔を除く


《重校薬徴》
  1. 痰飲、嘔吐を主治す
  2. 兼ねて心痛、逆満、腹中雷鳴、咽痛、咳悸を治す
  3. 嘔する者は生姜之を主る。痰飲あって嘔吐する者は半夏之を主る
  4. 《本草綱目》の半夏の条に別録を引いて堕胎と曰う。劉元素は孕婦は半夏を忌むと曰う。思わざるの甚だしきなり。素問に婦人の身重は之を毒す。故あり殞なしと曰う。此の証にして此の薬を用うれば夫れ何んぞ忌む所之あらん。後の妊娠を療ずる者皆此の義を知らず、遂にその証ある者に其の薬用うるを得ざらしむ、悲しいかな。夫れ妊娠とは人為にして天賦なり。是を以て仲景氏胎を養うの方あることなし。免身の後亦然り、若し其の疾ありて薬を用うるには唯其の証に随うのみ、禁忌あることなし故に妊娠嘔吐止まざると曰う者は乾姜人参半夏丸を用う。余亦嘗て孕婦の留飲胸脇引痛する者を治するに十棗湯数剤を用う、期に及んで免じ、母子に害なし、所謂故あり殞なしとは確かに明徴あり、孕婦の半夏を忌むとは虚語に従うのみ

《古方薬議》
  • その効大要4あり。
    • 1、嘔吐、2、痰飲、3、腹脹逆満、4、咽喉腫痛
《中薬大辞典
  1. 湿を燥し、痰を化し、逆を降ろし、嘔を止め、痞を消し、結を散ず
  2. 湿痰、冷飲、嘔吐、反胃、咳喘、痰多く、胸膈脹満し、頭暈、不眠を治す
  3. その他に癰腫を消す





【薬対】 『半夏+おうごん
『半夏+黄連』
『半夏+夏枯草』
『半夏+かっこう
『半夏+括楼仁』
『半夏+乾姜』:
『半夏+桂枝+甘草』
『半夏+厚朴』
『半夏+生姜』
『半夏+石膏』
『半夏+沢瀉』
『半夏+陳皮』
『半夏+麦門冬』
『半夏+茯苓』
漢方薬  大半夏湯(半夏1升、人参3両、白蜜1升)








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬