原田病
20〜30歳代に最初に罹ることが多く、男女差はあまりない

虹彩の炎症・眼底の網膜剥離・脈絡膜の炎症が見つかるので、原田病はブドウ膜炎の一種です

(虹彩と脈絡膜を合わせてブドウ膜といいます)


原田病の症状  
急激な
視力低下
水滴が溜まったように見える
ゆがんだように見える
色が変わって見えることもあります
症状は両目に出る場合がほとんどで
症状が出る
1週間ぐらい
前に
風邪のような症状で
頭痛・吐き気・耳鳴りに悩まされた

という人が非常に多いのが特徴



眼球各部とカメラ


(強膜)・・・・・カメラのボディに相当
(角膜)・・・・・カメラのレンズに相当
(毛様体)・・・カメラのピントに相当
(虹彩)・・・・・カメラの絞りに相当
(脈絡膜)・・・カメラの暗箱に相当
(網膜)・・・・・カメラのフィルムに相当
(水晶体)・・・カメラの可変焦点レンズに相当

目の画像


原田病の診断
@ 蛍光眼底撮影で、丸い網膜剥離があることを確かめます
A 脈絡膜の炎症で網膜の下に水が溜まり、其の部分だけが浮き上がっている状態です
B 聴力障害・髄膜炎を併発していることが多いので、聴力や髄膜の検査も実施します
C 原田病は自分の色素細胞を免疫系が攻撃する、自己免疫疾患と考えられています。
このため、ブドウ膜に限らず、色素細胞が多い耳石・髄膜・皮膚・毛髪も攻撃対象になります
D 皮膚に白斑が出来たり
E 白髪になったり脱毛 することもあります





原田病の治療
  • 副腎皮質ホルモンを、早期に大量に使うことに尽きる












    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved