ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



はしか



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)





はしかの漢方薬
  1. 黄蓍建中湯
  2. 黄連阿膠湯
  3. 葛根黄連黄U湯
  4. 葛根湯
  5. 銀翹散
  6. 桂枝加葛根湯 
  7. 桂枝加厚朴杏仁湯(初期)
  8. 桂枝加大黄湯
  9. 桂麻各半湯
  10. 犀角解毒湯《寿世保元》
  11. 柴苓湯《万病回春》
  12. 十仙湯《寿世保元》
  13. 小柴胡湯
  14. 消毒飲《寿世保元》
  15. 升麻葛根湯《万病回春》
  16. 四物湯《寿世保元》
  17. 四苓湯《万病回春》
  18. 清金降火湯《済世全書》
  19. 宣毒発表湯
  20. 走馬湯
  21. 蘇葛湯《済世全書》
  22. 大柴胡湯
  23. 大承気湯
  24. 大青竜湯
  25. 竹葉石膏湯
  26. 竹葉柳蒡湯
  27. 調胃承気湯
  28. 猪苓湯
  29. 導赤散《万病回春》
  30. 二仙湯《寿世保元》
  31. 麦滑散《陳氏》
  32. 白虎加人参湯
  33. 白虎解毒湯《寿世保元》
  34. 防風通聖散《万病回春》
  35. 麻黄湯
  36. 麻杏甘石湯
  37. 麻疹一方《寿世保元》







はしか
はしかとは?
  1. 麻疹
  2. 麻疹ウイルスによる代表的な小児急性伝染性疾患。
  3. 罹患すれば終生免疫となる。    
  4. ウイルスに罹患することによって、子供は衰弱し、細菌感染しやすくなります。こうした二次感染、とくに胸部と耳の感染に要注意です


血液検査ではしかの抗体があるという証明が必要
  • 大阪府医師会予防接種センター(大阪市天王寺区)に1月下旬、米国の高校に留学するという女子高校生が相談に来た。
    「はしかは子供の時にかかったのですが」という彼女に、担当医師はこう説明した。「米国では、かかったというだけでは信用してくれません」一般的には予防接種を受けているか、血液検査ではしかの抗体があるという証明が必要です」
      ◇日米で患者数に差
     同センターでは昨年1年間に139人に予防接種証明書を発行したが、うち約3/4が米国への留学生だった。
     予防接種制度に詳しい堺春美・東海大医学部助教授(小児科)によると、米国では学校予防接種法によって、就学時に破傷風、はしかなどの予防接種をした証明を求められる。留学生も同じ扱いだ。
      米国でははしかがほぼ根絶状態だ。米疾病管理センターの資料によると、患者数は1995年で301人にすぎない。
     一方、日本の患者数は約23000人(96年厚生省調べ)。予防接種法による接種は1歳〜7歳6ヶ月までの間に1回だが、2歳までに受けるのが標準的とされている。厚生省によると、接種率は、94年で74.5%。米国では3歳までに89%が接種を受けている。
     かっては、予防接種は1回でずっと効果が続くと見られていた。しかし、94年春、大阪府内の中学校ではしかの流行があった際、府内の小児科医、川上勝郎さんが調べたところ、31人の患者のうち22人が予防接種を受けていた。川上さんは「昔は患者が多かったのでウイルスをもらう機会が多く、そのたびに抗体が出来ていた。最近は患者が減ったため、予防接種で1度上がった抗体の効果が下がる子がいる」と語る。
       ◇変化したアミノ酸
    米国でも予防接種の効果低下が問題になった。80年代末に患者が増えたため就学前などに実施して小学生以上のはしかを抑えている

はしかの合併症
  1. 肺炎・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/1000人
  2. 亜急性硬化性全脳炎(SSPE)・・1/10万人






学生がはしかに集団感染
  • 2007年5月、上智大学は、学生がはしかに集団感染したとして、5/19まで大学の全学部と大学院の授業を休講にした。

米西海岸で流行
  • 2015年、麻疹患者が急増。
  • 世界中から集まるディズニーランドへの観光客が持ち込み、周囲に空気感染し、各地に持ち帰る。
  • 米国は2000年に制圧宣言をしていた。
  • 2014年末から、すでに感染者は100人を超えた。

2016年1月〜8月(日本)
  • 患者数:57人。
  • 昨年1年間の感染者数を上回る。
  • 関空従業員26人が感染していた。








はしかの芳香療法
  1. 精油バーナーを使って、以下の精油を、子供の部屋の中へ絶えず蒸散させる
    1. ユーカリ
    2. ティートリ
  2. 患者を薄布でとりまき、そこに繰り返しユーカリ油をスプレーする。
  3. 患者が4歳以上で、熱があれば以下の精油で体を数時間おきに拭ってやる。
    • [ベルガモット2滴・カミルレ2滴]を1パイント(約0.568リットル)のぬるま湯に入れる






はしかの民間療法
○イセエビ・ウサギ・ウマ・ギョリュウヤナギ・キンカン・ゴボウ・ナシ・ムラサキ





関連情報 麻疹

発疹

発熱







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用